仲間と一緒に組み立てる編集稽古―49[守]

2022/05/24(火)05:42
img

 「ラベルの付け方を再考してみました」「師範代に再チャレンジしても良いとのお言葉をいただきましたので」と007番で初の再回答が八段プラモデル教室に届いた。守稽古の007番は「ラベリング・トラベリング」。40種類の食材に自由な分類軸を立て「2つ」と「3つ」に分類してみる稽古だ。学衆たちは四苦八苦して分類軸を見つけて回答するが、あれでよかったのだろうかと後ろ髪を引かれるお題である。
 遠慮がちな再回答に、八段プラモデル教室師範代の小松原一樹は、歓喜と共に早速再指南を届けた。と同時に、学衆の一人から「こういうふうに考え直すといいんだあと学びました。すごいです。ありがとうございました。」と喝采があがった。

 

 教室という場で起きるあらゆることが、集った面々の体験となる。師範代が一人の学衆に放つ指南は、教室の全員への指南であり、一人の学衆によって放たれたどんな言葉も、教室全員の学びとなっていく。

「Hさんのお稽古がすばらしいです!わーこんなにいろいろ!と、

 驚きでした。」

 

「前回のお題はとても勉強になりました。わからないこと、とか、

 これから考えてみたいこととか、そういうものとの出会いは

 いいですね。」

 

「他の方の回答を拝見して、私の頭の中にはない分類軸だったので

 人が出るなあと改めて思いました。」

 回答と共に感想の交わし合いと再チャレンジが止まらない。異なるバックグラウンド背負って、教室に集った学衆たちの境目がなくなり、新しい輪が出来上がる様は、まるで夏祭りの盆踊りのようだ。

 

 奇しくも49[守]は、講座全体で盛り上がるお祭り、番ボーに差しかかっている。小松原師範代の「祭りだ!祭りだぁ!」の声に焚きつけられて、学衆たちは喜び勇んで彩回答へと向かっていく。


  • 阿曽祐子

    編集的先達:小熊英二。ふわふわと漂うようなつかみどころのなさと骨太の行動力と冒険心。相矛盾する異星人ぽさは5つの小中に通った少女時代に培われた。今も比叡山と空を眺めながら街を歩き回っているらしい。

  • 一山越えて、次の頂へ【50[守]空文字アワー】

    ある簡単な文に一か所「空白(  )」が用意されている。ここに自由に「言葉」を入れ、新しい空白(   )を一つ加える。次の人も同じことを繰り返す。徐々に文章が長くなり、物語となっていく。守稽古の用法1が終わりにさしかかる […]

  • コップも学衆も可能性は無限大ー50[守]

    10月24日の正午きっかり、イシス編集学校校長、松岡正剛からのメッセージ「いざ、いまこそのインタースコアを!」が教室に届いた。同時に20人の師範代が、まだまだ緊張が解けない手で最初のお題【001番:コップは何に使える? […]

  • 教室という世界編集の「途上」【50守伝習座・フライヤー発表】

    「ずいぶん頑張ったけど、もっと高く飛べるはず」 「みなさんの奥にある切実があらわれていない」 「届ける相手のことを考えた?」    10月1日(土)、50[守]の開講に向けた伝習座のフライヤー発表コーナーでのこ […]

  • 組織のカゼに新風を! 新しいアイディアを見つける編集ツアー報告

    「私の所属する組織はカゼ引きです。  みなさんの組織はいかがですか?」  イシス編集学校の50期[守]師範の阿部幸織が画面の向こうの参加者に問いかけると、参加者のアタマが縦に大きく揺れた。10月7日(金)に行なわれたエデ […]

  • 月傘は面影を回すー49[守]【79感門】

    一枚の巻物が解き開かれたその時、感門之盟会場の本楼がどよめいた。「イシスにあったらいいルル三条コーナー」でのことだ。その巻物におさめられていたのは、編集稽古の4か月間を詠んだ50のカルタの読み札である。A4用紙10枚を […]