コップも学衆も可能性は無限大ー50[守]

2022/10/24(月)23:13
img

 10月24日の正午きっかり、イシス編集学校校長、松岡正剛からのメッセージ「いざ、いまこそのインタースコアを!」が教室に届いた。同時に20人の師範代が、まだまだ緊張が解けない手で最初のお題【001番:コップは何に使える?】を届けた。そこには、まるで自身の緊張をほぐすかのような言葉が添えられていた。

 

 「まずはぐるりと肩を回して~
  それからフーッと息を吐いて~」
 (柑橘カイヨワ教室・得原藍師範代)

 

 「深呼吸をして、リラックスモードで取り組んでみてください。」
 (50gエンシオス教室・田中志歩範代)

 

 師範代の柔らかい言葉に呼応して、1時間も経つと「さっそくですが、編集稽古001番の回答をお送りいたします」「初回答します。よろしくお頼み申し上げます」と回答が届き始める。

 

 指南の先陣をきったのは、柑橘カイヨワ教室の師範代、得原藍だ。回答が届いてから、わずか73分後には指南を届けた。材質を様々に変えてコップの使い道を取り出した学衆Tの回答に、指南する得原の言葉も、終始弾みっぱなしだ。

 

 「材質についてたっぷり遊んでいただきました☆」

 

 「スタートは目の前にあった紙コップ。
  目に入るものから材質を変化させていった先に、
  さまざまな機能や用途が浮かび上がってきたのですね。」

 

 「最初の勇気ある一番星回答、ありがとうございました☆」

 

 指南はここで終わらない。得原は、指南の一番最後に置くシグにそっとメッセージを忍ばせた。「材質以外で遊ぶとしたら・・・? 」。お題001番の醍醐味は、いつものコップの見方から離れ、ひとつの情報として見ることで、たくさんの使い道を見つけられること。得原は、材質から離れれば、更に多くの使い道が見つかる可能性を示唆したのだ。どんな情報にも、たくさんの見方の可能性が潜んでいる。多様な見方を自在に引き出すことができれば、編集の可能性が格段に増す。

 

 始まったばかりの50[守]。師範代は、どんな瞬間にも方法の可能性を伝えることを惜しまない。次は、どんなコップが届き、どんな指南が届けられるのか。師範代と学衆の編集稽古の旅路が始まった。

 


  • 阿曽祐子

    編集的先達:小熊英二。ふわふわと漂うようなつかみどころのなさと骨太の行動力と冒険心。相矛盾する異星人ぽさは5つの小中に通った少女時代に培われた。今も比叡山と空を眺めながら街を歩き回っているらしい。

  • 一山越えて、次の頂へ【50[守]空文字アワー】

    ある簡単な文に一か所「空白(  )」が用意されている。ここに自由に「言葉」を入れ、新しい空白(   )を一つ加える。次の人も同じことを繰り返す。徐々に文章が長くなり、物語となっていく。守稽古の用法1が終わりにさしかかる […]

  • 教室という世界編集の「途上」【50守伝習座・フライヤー発表】

    「ずいぶん頑張ったけど、もっと高く飛べるはず」 「みなさんの奥にある切実があらわれていない」 「届ける相手のことを考えた?」    10月1日(土)、50[守]の開講に向けた伝習座のフライヤー発表コーナーでのこ […]

  • 組織のカゼに新風を! 新しいアイディアを見つける編集ツアー報告

    「私の所属する組織はカゼ引きです。  みなさんの組織はいかがですか?」  イシス編集学校の50期[守]師範の阿部幸織が画面の向こうの参加者に問いかけると、参加者のアタマが縦に大きく揺れた。10月7日(金)に行なわれたエデ […]

  • 月傘は面影を回すー49[守]【79感門】

    一枚の巻物が解き開かれたその時、感門之盟会場の本楼がどよめいた。「イシスにあったらいいルル三条コーナー」でのことだ。その巻物におさめられていたのは、編集稽古の4か月間を詠んだ50のカルタの読み札である。A4用紙10枚を […]

  • ニューお題、留まることなくNEXT STAGEへ【79感門】

    第79回感門之盟の直前、学林局からのお題がイシス中に放たれた。 守の編集稽古38番に加えたい「お題」を考えてみましょう。この先どんな未知へと向かいたいか?ぜひ「新お題」に想いを込めてください。  編集稽古を身体に通した […]