もう1冊の「紫の火花」【75感門 京都】

2021/03/14(日)21:26
img

 笑顔の三谷は一瞬驚いた顔をし、同様に驚いた顔をしている46[守]番匠の景山和浩と目を合わせた。スクリーンビューでは 46[守]の先達文庫が発表されている。かりぐらジョジョ教室師範代の三谷和弘が受け取った本は岡潔『紫の火花』だった。

 

 なぜ2人は驚いたのか。京都会場のテーブルにはもう1冊『紫の火花』が置かれていたのだ。

 

 「Inform 共読区」のテーマに合わせた会場のディスプレイとして、三谷が自ら持ち込んだ3冊のうちの1冊だ。

 

 先達文庫を予見していたかのような三谷。「なぜ、この本を持ってきたの?」。景山の問いに、「岡潔が好きで、京都っぽいので」と答えた。決して情報が漏洩していたわけではない。京都から連想を広げた三谷が選んだ1冊が岡潔なのだ。偶然では片づけられない一致は、三谷への何よりのエールとなった。

 

 最高の思い出ができた三谷だが、気にしていた言葉がひとつあった。感門表授与スピーチに松岡校長からの入ったツッコミだ。「カルシウムが足りてないんじゃないの」。

三谷師範代が持つ2冊の『紫の火花』


  • 景山和浩

    編集的先達:井上ひさし。日刊スポーツ記者。用意と卒意、機をみた絶妙の助言、安定した活動は師範の師範として手本になっている。その柔和な性格から決して怒らない師範とも言われる。

  • もしも師範が野球チームをつくったら

    お題は突然降ってくる。「景山番匠、スポーツ新聞なんだから考えてくださいよ」。[守]学匠の鈴木康代がZoomの画面越しに迫る。日刊スポーツに務める[守]番匠の景山和浩が答える。「4番はやはりシーザーですかね」「まあねぇ。 […]

  • 「無鄰菴」よりオープニング架空中継【75感門 京都】

    はい、こちらは46[守]卒門式の京都会場。京都市にある「南禅寺無鄰菴(むりんあん)」です。狭い玄関を入ると、あけ放たれた部屋越しに広い庭園が広がっています。明治の政治家、山縣有朋の別荘として建てられたもので、日露開戦前 […]

  • 八雲立つ 出雲は歌う 春の夜に【ツアー@島根】

    「日本で47番目に有名な県」。   島根県HP「しまねのネタ集」にはこう書かれている。マイナーであることを県も公認しているのだ。たしかに人もお店も少ない島根である。昨年9月2日のエディットツアーでも、何もないを […]

  • 愛の逆ミメロギア 学衆の恩返し

    「門下生」という言葉に、師範の井ノ上シーザーが「てへへ」と答えた。    46[守]いいちこ水滸伝教室は、3カ月の速修コースだ。師範代の松永真由美だけでなく、井ノ上も指南を担当している。濃密で高速な稽古をとも […]

  • 代打井ノ上シーザー 指南の先に見ているものは

    頼まれれば二つ返事で引き受ける。[守]の師範・番匠を歴任したことからもそのことは分かる。遊刊エディストのスターDust記者である井ノ上シーザーは実は侠の男なのである。    45[守]の師範代が体調を崩ししば […]