涙雨はさらに増すか、八田の口紅は赤くなるか【75感門 開幕】

2021/03/13(土)13:35
img

やはり今年も雨だった。卒門、突破、績了、放伝をむかえ、あまたの門のむこうで咲き誇る花々には、したたる水滴が輝きを添える。

 

オンラインの参加者を出迎えたのは、水玉の帯をまとった律師・八田英子。やや緊張の面持ちで、うやうやしく開幕を告げる。

東京・豪徳寺のISIS館の玄関口 井寸房ですらり背筋を伸ばすその姿は、茶室に生けられた瑞々しい百合のようだった。

 

王羲之の「卒意の書」のエピソードを引きながら、オンラインであろうとも一度きりのこの感門をリアルタイムで寿ごうと呼びかける。その口元は、松岡正剛校長が「もっといけ」と背中を押した気合の紅で彩られている。

 

2021年3月13日、第75回感門之盟「Inform共読区」開幕。

2日にわたり、本楼劇場から大阪へ九州へ、ウラジオストクへ、ハワイへ送られるのは、即時編集されゆく共読区のいまだ。その一部始終を、この遊刊エディストで目撃せよ。

 

 


  • 梅澤奈央

    編集的先達:平松洋子。ライティングよし、コミュニケーションよし、そして勇み足気味の突破力よし。イシスでも一二を争う負けん気の強さとしつこさで絶賛編集力向上中。今、最も旬なエディスト「うめこ」のこれからの活躍に刮目されたし。47[破]番記者、36[花]錬成師範。