タブロイド遊び(編集かあさん家)【77感門】

2021/09/04(土)19:46
img

 編集かあさん家は、感門之盟にいつもオンライン参加している。楽しみの一つがタブロイド版である。
 前の夜、開封すると子どもたちも寄ってきた。今回は“かあさん”が原稿を書いたコーナーもあると知っていて楽しみにしていた。
 一番最初に目がいったのは1面のセイゴオダルマ・ロケット。ついで、「なにこれ!」と声が上がったのが、広告欄の『進撃の巨人』風セイゴオである。

 

巨人セイゴオ(絵:堀江純一・マンガのスコア著者

 

「イーてれ!?」


 それから全体と目次などの細部をざっと見て、前と比べて新聞らしさが上がった気がすると長男(13)が言う。にこっとしている。
 裏面の番組表を見る。
 Eテレを毎日見ている長女(8)、 「イーてれって書いてある。ほんとに放送するの!?」
 自分たちで番組を作ってパソコンで配信するんだよと教える。
「あのイーてれと関係あるん?」とつっこまれる。
「そうそう、おかあさんが書いた記事は?」
 半月前に割り付け用紙を見ながら、記事を推敲していたのを覚えていてくれている。9面にある“子どもフィールドからの風”っていうコーナーだと言いながら広げる。
「けっこう大きいやん」と長男。数秒眺め、他のコーナーチェックへ。選挙擬きの「守」記事や、レース擬きの「破」記事のほうが触発するものがあったようで、読み解き始める。「この数字はなんだろう。発言数なんだ」「えっ、生まれが旧満州の人がいる」などあれこれの感想が飛び出す。

・・
 午後1時、いよいよ感門之盟が始まる。
 司会は川野さんだよと教える。 長男は小学校の時、「子ども編集学校実験株第一号」として川野貴志師範とラウンジでやりとりをしたことがある。それからも折に触れて「よみかき探偵」川野さんの活躍ぶりを伝えてきた。

 「新幹線に乗ったの、久しぶりなんだって」
 「そうなんだ」

 リビングの真ん中で感門之盟が進行していく。

「広告に出てたあの巨人がカラーになってる!」


 師範が感門する。師範代が涙する。校長が話す。先達文庫が授与される。

 「Hey! Say! JUMPなんだ」「イスラエル?」「螺旋だ」

ひっかかるワードが飛び出したら、立ち上がってPCのモニターを見に来る。 


 長女が、タブロイドをじっくり見て、この新聞って広告がぜんぶ記事に関係あることなんだね、いいねという。そういうところが長女のアンテナにひっかかるというのは意外だった。タブロイドを真似して 手書きの新聞をつくっていた。

 

タブロイドをもどいて「しんぶん」遊び。

好きなキャラクター、すみっコぐらしの世界観で

 

 


  • 松井 路代

    編集的先達:中島敦。2007年生の長男と独自のホームエデュケーション。オペラ好きの夫、小学生の娘と奈良在住の主婦。離では典離、物語講座では冠綴賞というイシスの二冠王。野望は子ども編集学校と小説家デビュー。

  • 編集かあさんvol.26 トマトの収穫

    「子どもにこそ編集を!」 イシス編集学校の宿願をともにする編集かあさん(たまにとうさん)たちが、 「編集×子ども」「編集×子育て」を我が子を間近にした視点から語る。 子ども編集ワークの蔵出しから、子育てお悩みQ&Aまで。 […]

  • 余白の感問応答返(編集かあさん家)【77感門】

    千夜千冊クイズには参った。  前の日に千夜千冊エディションを積み上げて、クイズ対策していたにもかわらず、予想以上のテンポと擬きっぷりにに緊張し、早々に脱落してしまった。  脱落した後もしつこく回答をする。「これは、脳と […]

  • 出世魚・ホンゴジラ・P1グランプリ(編集かあさん家)【77感門】

    感門之盟2日目は午前11時開始。“かあさん”は今日も感門之盟にオンライン参加。お昼ご飯もブレイクアウトタイムにあわせてである。  生シンセサイザーの出世魚教室命名コーナー、「これって何?」と長女(8)にずばり聞かれる。 […]

  • クロニクルに大興奮(編集かあさん家)【77感門】

    感門之盟1日目、編集かあさんは守師範代や千離衆の言葉に瞠目し、時には端然とし、ずっと動かされっぱなしだった。  子どもたちとの会話がもっとも盛り上がったのは夜のDANZENエディションショー2である。  PCモニターの […]

  • 編集かあさん家の千夜千冊『資本主義問題』

    編集かあさん家では、松岡正剛千夜千冊エディションの新刊を、大人と子どもで「読前」している。  蚊とコウモリ  長女(8)は蚊が大嫌いだ。「世の中から蚊がいなくなればいいのに。蚊なんて必要ない」と言いだした。長男(13) […]