ダンゼンを逃がすな【77感門スタート】

2021/09/04(土)14:12
img

豪徳寺の雨は、師範代の涙である。

 

9月4日(土)13時、東京パラリンピックの閉幕を目前に、第77回感門之盟がスタートした。2日間に渡るプログラムは、青空にブルーインパルスがISISと描く清々しい映像から始まった。

「菅政権が終わっても、コロナが終わらなくても、私たちはダンゼンな方法で束になりたい」

佐々木千佳(局長)は、井寸房で語りかける。

 

オープニング映像では、豪徳寺駅からISIS館までの徒歩10分程度の道のりがプレイバックされた。パン屋や和菓子屋を冷やかしながら歩行者視点でゆらめく映像で、自宅にいる学衆や師範代も、注意のカーソルは本楼に集まった。「来ている”つもり”が、”ほんと”になって」と佐々木は重ねる。

 

「ダンゼンとは、いままで見たものがないもの。だからあっという間に取り逃してしまう。この感門は、そんなダンゼンを取り逃がさないようにするものに」とDAN ZEN ISISな2日間への願いを込めた。

 

▲佐々木千佳(局長)が、母の帯を締めて井寸房ではんなりお出迎え。にじり口をくぐって本棚劇場に招いたのは、司会の2人。

 

 

▲司会は嶋本昌子・川野貴志(左から)。校長のおヒゲファンであり、「泣き虫師範代」の異名をとる嶋本は、はやくもオープニング映像で涙腺が緩む。「イシスの師範舐めんなよ」なる名言を放った至宝たる川野が、座を引き締める。

 

 

▲「あと何回、感門之盟に立ち会えるか」 酸素吸入器を仕事場にも置きながら、肺がん手術あけの身体をおして参加する感門は「格別」と切り出した。

松岡は、障害に応じて細かくルールを決めるパラリンピックを引きながら、「我々はもともと断点をたくさん持っている。しかしわざわざその断点を潰して、一律なものにしてしまった。ダンゼンイシスというのは、その断点を掘り返して、つなげ直していくこと」とダンゼンへのダントツなダンドリを提示した。

 

 

▲セイゴオダルマが全国を見守る。校長も絶賛するデザイナー穂積晴明による仕事。穂積は医師の指導により、最近は蕎麦食のみ。

 

▲豪徳寺は今日も雨

 

写真:上杉公志、梅澤奈央


  • 梅澤奈央

    編集的先達:平松洋子。ライティングよし、コミュニケーションよし、そして勇み足気味の突破力よし。イシスでも一二を争う負けん気の強さとしつこさで、講座のプロセスをメディア化するという開校以来20年手つかずだった難行を果たす。校長松岡正剛に「イシス初のジャーナリスト」と評された。

  • 【近大文楽】吉田玉男一門、図書館ロケの段

    初代吉田玉男師匠に導かれていたのかもしれない。2022年春、近畿大学図書館アカデミックシアターのために生み出されたひとつの文楽。太夫三味線の収録は、初代玉男師匠の菩提寺で行われた。別日、その音声をもとに人形を遣ったのは、 […]

  • 【近大文楽】三味線・鶴澤清志郎インタビューの段

    近畿大学ビブリオシアターのプロモーション映像のために、ひとつの曲が書き下ろされた。手掛けたのは、鶴澤清志郎。人間国宝・鶴澤清治の弟子であり、文楽座命名150年の記念すべき令和4年4月公演においては、第一部「義経千本桜」の […]

  • 【近大文楽】義太夫三味線レコーディングの段

    とざいとーざい。このところ近大文楽プロモーション撮影、義太夫三味線レコーディングの段。あいつとめまするマネージャー・編集工学研究所橋本英人、プロデューサー吉村堅樹、ディレクター小森康仁。とざいとーざい。   古 […]

  • 24時間学習OK!修了率80%超!【1:1:10の法則】がもたらす革新的な学習スタイルとは

    一年前を振り返ってみてほしい。何度目かの緊急事態宣言下、東京オリンピックの開催に揺れたあのときから、ひさしぶりに晴ればれとしたゴールデンウイークを終えたこの日まで、あなたはどんな変化を遂げただろうか。答えに窮したあなたに […]

  • 若者よ、ふざけなさい。近大生24名がイシスに挑む【49[守]開講】

    廊下は走るな、教室で騒ぐな、寄り道はダメ、いい子でいなさい――。学校には禁止事項が多い。しかしこの学校は真逆だった。教員川野貴志は言った。「みなさんには、ふざけてもらいたい」イシス編集学校49[守]開講日の晩である。 & […]