【77感門】佐々木局長のヘンゲのチカラ

2021/09/04(土)18:24
img

「ダンゼンは取り逃がしやすい」

 

 第77回感門之盟は、イシス再生の女神・佐々木千佳局長のこの言葉で始まった。だからこそ、「ダンゼンを方法で束ねる」のだと。方法で束ねる――卒門者、突破者は、この言葉に大きく頷いたのではないだろうか。守破でやってきたことは、まさにこのことだったからだ。

 

 だが、頷いてわかった気になってはダンゼンには至らない。
 どうやってダンゼンを掴まえるのか。その方法を考えよ、というのが、局長のメッセージだった。イシスは冗談めかした言葉や、簡単な挨拶の中にも、「問い」が含まれる。向き合うと創(キズ)だらけになるから注意が必要だ。もちろん、創は多ければ多いほうがいい。

 

 さてダンゼンをどう掴まえるか。
「千夜DANZENクイズ問感応答ヘーン!」の司会として登場した佐々木局長は、答えをコッソリ用意していた。

 

 Q・ダンゼンをどう掴まえるか。

 

 答えは画面の中にあった。

 

 A・羽織、着物を替える。

 

 機にあわせて自分をカエル。用意を徹底する。

 オープニングは淡いみどりの着物に黒の羽織。場を巻き込むクイズになると、地紋をあしらった灰色の着物に華やかな羽織。これぞ変化(へんげ)である。局長は衣裳でダンゼンを掴まえにいったのだ。

 

 もちろん、ZOOM聴衆のココロも掴まえたに違いない。


  • 角山祥道(ジャイアン)

    編集的先達:黒岩涙香。「松岡正剛と同じ土俵に立つ」と宣言。花伝所では常に先頭を走り続け、感門では代表挨拶。師範代登板と同時にエディストで連載を始めた前代未聞のプロライター。ISISをさらに複雑系にする異端児。

  • イシス寄席・用法語り――48[守]伝習座

    11月27日、2年振りに本楼でリアル開催された48[守]伝習座。ここでは師範が講師となって、師範代たちにさまざまなモノを手渡していく。用法4の「用法語り」を担当した師範の角山が、そこでつたえたかったこととは何か。  え […]

  • Mから飛び出せ――48[守]伝習座ルポ

    「文楽を見なさい」  48[守]第2回伝習座で、突然、ひとりの師範代に対して、松岡校長から言葉が投げかけられた。森村泰昌が今、人形浄瑠璃の人形を擬こうとしている、というエピソードの紹介の流れだった。  名指しされたのは、 […]

  • 早く深く広い世界へ――48[守]速修コース、〆切り迫る

    「私ほど疑似恋愛が得意な人間はいません!」と佐藤裕子が声を張り上げれば、西村慧は宇宙飛行士グッズを掲げながら「宇宙飛行士になりたかったんや!」と負けじと返す。石黒好美は「教室に必要なのはボケとツッコミです」と謎の言葉を残 […]

  • マクラを投げろ、トミーと叫べ――声の48[守]

    48[守]は、トミーの声で幕を開けた。    定常コース16教室、計117名の学衆とともに、10月18日に開講した48[守]だが、師範代は何日も前から開講準備に勤しんでいた。アイコンを作り、ウェルカムメッセー […]

  • 「いきなり有事だわ~」――48[守]師範代、疾走開始

    「いきなり有事だわ~」    10月18日に開講を控えた48[守]のバックヤードでは、事件が発生していた。コトアゲの主は、吉村林頭から「速修スリーレディース」と名付けられた、平時有事教室の石黒好美師範代だ。45 […]