【77感門】初司会の嶋本昌子は、踊る・抱く・惚れる

2021/09/04(土)16:14
img

 43[破]の合同汁講の時の話である。まだ本楼で汁講が出来ていた頃の話だ。
 なぜかその場に、まったく関係のない師範代が来ていた。学衆からすると「あなた、誰?」という話である。聞くと、前日、自分たちの汁講があったという。
「みなさんの汁講に興味があったので、つい」
 そんな理由だけで、普通、他の教室の汁講に足を運ばない。

 自分の「数奇」に正直で、少しでも興味があれば未知に踏み出すことを微塵も恐れない。労も苦にしない。誰に何と思われようが構わない。まず体を動かしてみる。フラメンコだって踊ってしまう。 14季[離]を退院した直後に、師範代や錬成師範の経験者ながら、今期、47[守]を再受講して卒門。こんなことを平然とやってのけるのも納得だ。
 誰であろう、本日の司会者、嶋本昌子さんその人である。

 

 実はジャイアンは、33花伝所で錬成師範としてお世話になっている。愛情たっぷりの指導に、何度泣いたことか。嶋本錬成師範の指導は、喩えるなら「ハグ」だ。ギュッと抱きつかれるので、その幸福感に油断すると窒息するのだが……。
 ジャイアンが嶋本錬成師範から学んだことは、その回答を好きになること、学衆を愛することだった。

 今の時代、他者を愛することはムズカシイ。ところが嶋本さんは平然とそれをやってのける。なぜできるのか。ずっと疑問だったのだが、今日の司会ぶりでようやく得心した。

 

「すっかりファンになってしまいました」

 

 この言葉が何度飛び出したことか。隣にいる司会者(至宝)から、「またファンになってしまったんですね」と皮肉を言われても動じない。なぜなら惚れることこそ、嶋本さんのダンゼンだからだ。嶋本さんはその人の「ダンゼン」を瞬時に見つけて、すぐに好きになる。心底、惚れる。きっとこのあと、誰かのために涙するのだろう。
 ああ、「全部」を愛する必要はなかったんだ。「部分」を抱きしめればいいんだ。

 

 指南とはこういうことなのか。
 嶋本昌子さんの司会から、あらためて指南の基礎を教わった。

 

 ……ところで嶋本さん、またハグしてもらえませんか?


  • 角山祥道(ジャイアン)

    編集的先達:黒岩涙香。「松岡正剛と同じ土俵に立つ」と宣言。花伝所では常に先頭を走り続け、感門では代表挨拶。師範代登板と同時にエディストで連載を始めた前代未聞のプロライター。ISISをさらに複雑系にする異端児。

  • イシス寄席・用法語り――48[守]伝習座

    11月27日、2年振りに本楼でリアル開催された48[守]伝習座。ここでは師範が講師となって、師範代たちにさまざまなモノを手渡していく。用法4の「用法語り」を担当した師範の角山が、そこでつたえたかったこととは何か。  え […]

  • Mから飛び出せ――48[守]伝習座ルポ

    「文楽を見なさい」  48[守]第2回伝習座で、突然、ひとりの師範代に対して、松岡校長から言葉が投げかけられた。森村泰昌が今、人形浄瑠璃の人形を擬こうとしている、というエピソードの紹介の流れだった。  名指しされたのは、 […]

  • 早く深く広い世界へ――48[守]速修コース、〆切り迫る

    「私ほど疑似恋愛が得意な人間はいません!」と佐藤裕子が声を張り上げれば、西村慧は宇宙飛行士グッズを掲げながら「宇宙飛行士になりたかったんや!」と負けじと返す。石黒好美は「教室に必要なのはボケとツッコミです」と謎の言葉を残 […]

  • マクラを投げろ、トミーと叫べ――声の48[守]

    48[守]は、トミーの声で幕を開けた。    定常コース16教室、計117名の学衆とともに、10月18日に開講した48[守]だが、師範代は何日も前から開講準備に勤しんでいた。アイコンを作り、ウェルカムメッセー […]

  • 「いきなり有事だわ~」――48[守]師範代、疾走開始

    「いきなり有事だわ~」    10月18日に開講を控えた48[守]のバックヤードでは、事件が発生していた。コトアゲの主は、吉村林頭から「速修スリーレディース」と名付けられた、平時有事教室の石黒好美師範代だ。45 […]