イーてれのE【77感門】

2021/09/02(木)08:38
img

朝刊の番組欄を開くと、左端にNHK。その横に寄り添うように並んでいるEテレは、NHKの別院にも、離れのようにも見える。

 

9月4日と5日の両日に開催される第77回感門之盟で、イシス放送局に寄り添うのがイーてれだ。本楼とオンラインで進行する次第に合わせ、EditCafeからリアルタイムで情報を配信する。当日、本丸イシス放送局のチャットでは、Zoom参加者がリアルと交差し、遊刊エディストでは、ライターが現場の熱気を乗せて速報を仕上げていく。この二つのメディアとともにリテラルなロールを担うイーてれでは、実況中継や出演者の紹介のほか、校長から師範代に贈られる先達文庫のリストや、産声をあげた教室名、師範に贈られる校長直筆の色紙のズームアップ映像など、アーカイブ機能で存分に味わうことができる。

 

イーてれのイーはEditCafeのE。

だがじっと目を凝らすと折り畳まれていたさまざまな別様のEが綻んでくる。エンターテイメント(もてなし)、エモーション、エンパシー、エボリューション、エピファニー・・・。

感門之盟で巧まずして湧き起こるこうした多様なEの香りのエッセンスを、イーてれは届ける。


  • 丸洋子

    編集的先達:ゲオルク・ジンメル。鳥たちの水浴びの音で目覚める。午後にはお庭で英国紅茶と手焼きのクッキー。その品の良さから、誰もが丸さんの子どもになりたいという憧れの存在。主婦のかたわら、翻訳も手がける。

  • 【速報!校長メッセージ】私たちは骰子を振るたびに新しい世界に出合える【78感門】

    さまざまな柄がリミックスされたストールが、背広の襟から見え隠れしている。2018年以来、松岡正剛校長が千夜千冊をリミックスして生まれてきた千夜千冊エディションをリ・リミックスしたLPを背景に、校長のオープニングメッセージ […]

  • 編集用語辞典 05 [別院]

    黒板に、細く曲線を引いた美しい文字。やがて、窓越しに月明かりを映すセピア色の本の頁が浮かび上がり、どこか懐かしい、松岡校長の声を孕んだかのような語りが胸の奥へと響いてくる。『フラジャイル』に続く、校長の本の宇宙=ビブリオ […]

  • 【Playlist】ダークサイド・オブ・ザ・ムーン5選

    【Playlist】ダーク・オブ・ザ・ムーン5選 丸洋子 1.【AIDA】KW File.06「半信半疑」 加藤めぐみ 2.「わたしの歴史」に事件が起きる⁈ クロニクル編集術の意外な効用とは【47[破】クロニクル】 梅澤 […]

  • 知祭りと華氏451度の炎と熾火【77感門】

    太田香保総匠ほど黒の似合う人はいない。 感門之盟の初日、井寸房に飾られた千夜千冊エディションの字紋を背景に、太田総匠は、全国で展開中のエディション20冊突破記念フェアの真意を静かに語り始める。そもそもこのブックフェアは、 […]

  • イーてれの影武者【77感門】

    リアルとオンラインのハイブリッドな感門之盟で、EditCafeから絶え間なく配信されていたイーてれ。「師範代の新たな面を知ることができた」「ゼッタイ見逃したくないプログラムの始まるタイミングが分かって嬉しい」「見逃したシ […]