「月」をおともに エディット・ツアー

2020/03/23(月)12:18
img

 その日、若き音楽家はtoy pianoを携えてかけつけた。

 エディットツアーのテーマタイトルは<月から発見☆編集の世界>、「月光に肖ったワークを」と天の啓示があったとか、なかったとか。

 

 「月にあやかって、これから2時間、既知と未知を行き来してみよう」。春光が差し込む春分の日の本楼で、上杉公志師範代の32の鍵盤による「月光ソナタ」がたちまち別時間へと誘い出す。

 

 

 参加者は、自らを楽器に見立てて、「打てば響きたい琴」「あたかもなりひびいているようなエアギター」「ジャズグルーブっぽい鍵盤」「不協和音ギリギリのピアノ」などと、声を弾ませる。音楽家は自分の曲作りのプロセスにのせて、みずみずしく編集術を、イシスを語り始めた。

 


 そして、「月」である。
「ここでは深く触れないですけど」と何度も前置きしながら、音楽家は音階から音調の「らしさ」までを示すように東西のルナティックスを差し出していく。黄色、丸い、満ち欠け、満ち引き、雨、うさぎ、蛙、アポロ…知らせるもの、思い出させるもの、語りかけてくるもの…参加者は月のイメージを動かしながらサークルを広げ、「月はわれわれの未知の記憶を照らしている」というフレーズをたよりに、2万冊が並ぶ本棚の光景を楽しみながら、月から連想した一冊を選びとった。

 

 「既知の情報を未知の情報へと変える月」が潜むという本のページをめくり、合い向き合って見つけた月を交わし合い、その調べを繋いでみる。アイダに置くのはtoy piano。音楽家が “ 未知を受け入れる型 ”を示せば、全員が連想エンジン全開で語り始める。何かに憑かれでもしたようにインとアウトを総動員させることが、この日の月狙いだ。

 


 

 最後に音楽家が用意したのは、千夜千冊625夜『内なるミューズ』。「デノミネーターの消息を一緒に探しに行きませんか」と、一人ずつにイシスへの切符を手渡した。

 

 

**BGMはToy Pianoが引き出す内なる調べ
uesugi_toypiano

 

 

◆次回のエディット・ツアーは4月4日 PM2時スタート、乞うご期待!

 


  • 田中晶子

    徹夜明けのスタッフに味噌汁を、停滞した会議に和菓子を。そこにはいつも微笑むイシス一やさしい花伝所長の姿があった。太極拳に義太夫と編集道と稽古道の精進に余念がない。

  • 「秘密のISIS式花園」探訪ツアー【フェスタオンラインツアー@花v2】

    編集工学をライブ体験するなら師範代や師範の<指南>を受けるのが一番。さらにその奥、7週間で師範代の技術を身につけるISIS花伝所の育成プログラムは編集学校の秘伝中の秘伝です。プログラムの名は「花伝式目」。実践演習で修得す […]

  • 軽井沢でツンドク三冊屋@ONLINE

    「わたしは◎◎氏のツンドク本です。主人の学生時代の友人から、主人のもとへ送られてきました。わたしは、なんと5年も眠っていたのですが、たった今、主人に叩き起こされました」。  軽井沢オンラインツアーに集まった12名は、早々 […]

  • 海街エディット【ツアー@横浜・鎌倉】

    「ここはかつて海でした」。   第二次世界大戦後の復興期に、鎌倉文化人たちが、鎌倉光明寺で始めた鎌倉アカデミア。その終焉の地、横浜市栄区に誕生した「さかえdeつながるアート」は、鎌倉アカデミアにちなみ、新しい時 […]

  • 花伝の師範続々、花道で会いましょう!【ツアー@花】

    ISIS花伝所は過去450名余の突破者が通過した師範代の花道。この花ロードを巡ったのちの師範代ロールが“ イイことづくし” であることは、伝習座や汁講、感門之盟のモニタ画面にうつる姿を見れば一目瞭然、まずはジャイアンの「 […]

  • アツいのはロウソクだけじゃない

    「コメントが、とにかくアツかった」。  『科学道100冊』の仕掛人、理化学研究所(理研)・広報の望月達矢さんと編工研・チーフディレクター仁禮洋子は、プロジェクトの概要を一通り説明したあと、口を揃えて切り出した。11月12 […]