編集ビタミンが利くぜ!寺田充宏のエディット檸檬ツアー

03/10(火)21:30
img
 レモンではなくて檸檬。米津玄師ではなくて梶井基次郎。
 
 雨降りしきる火曜日夜のエディットツアー。編集レクチャーをすれば、イシスでも三本の指に入る名手・寺田充宏師範の登場である。
その寺田が用意したのが『檸檬』梶井基次郎のテキスト。本屋に檸檬を爆弾として仕掛けたというメタファーに肖って過激な、思い切った編集をしてほしいという寺田の願いが込められている。そしてもう一つ、世間が騒がしい中、檸檬でビタミンをという寺田の茶目っ気もある。
 
 雨、新型肺炎といった悪条件にも関わらず、寺田の編集講義の噂を知ってか知らずか欠席者もなく7名全てが揃った。
この参加者たちは幸運だ。もちろん寺田のエディットツアーが体験できたということもあるが、さらに編集術と読書術を重ねての編集ワークショップで一粒で二度美味しい。名付けて「見方を変える編集読書術」。
 
 「結晶化読書」ワークショップでは、短編小説『檸檬』を読んで、3つの文章を分節化して抽出。そして『檸檬』全体を何かに見立ててみてもらう。「檸檬は夜の街の色鮮やかな錯覚である」「檸檬は幻想に耽るためのスイッチである」。いかがだろうか。つづく「かりもの協奏」ワークショップでは、『檸檬』で選んだキーワードをフィルターにして、持参したお気に入りの本をざっと読み直し、新たな「読み」を三位一体で構成した。
 
 これだけで、エディットツアーを体験したくなった人も多いだろう。毎回、新たな編集ワークショップをつくりだし、チャレンジを続ける寺田。
次の野望はイシス編集学校の中に新たなリアルコーチを育成する講座の立ち上げを目論んでいる。イシス20周年を記念するプログラムにしたいと腕まくりしている。
 
 次回のエディットツアーは3月20日。ナビゲーターはクラシック音楽の作編曲家である上杉公志師範代が登壇する。音楽と編集工学がどう重なるのか、意外な組み合わせに注目されたい。

  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。