【このエディションフェアがすごい!02】ジュンク堂書店福岡店

2021/06/03(木)11:00
img

 2021年5月31日(月)より、ジュンク堂書店福岡店で「千夜千冊エディション20 冊突破記念フェア」が開催中です。期間は6月30日(水)までの1カ月。エディションシリーズのほか、著書や千夜関連本が並びます。

フェアではこの時しか買えない「20冊突破記念冊子」を限定販売。また7月31日までに「千夜千冊エディション」を購入されたお客様には、2020年に丸善創業150周年記念イベントとして開催されたセイゴオの特別講演「千夜千冊の秘密」の動画を視聴できるサービス特典もあります。

 

※フェアの実施期間や内容については開催店舗ごとに異なります。詳細は各店にてご確認ください。全国の開催店舗はセイゴオちゃんねるにてお知らせしています。

 

西通りにあるジュンク堂書店福岡店

 

 ジュンク堂書店福岡店は天神地区のなかでもトレンドを発信しつづけている、西通りにあります。アップルやファッションブランドの路面店がたち並ぶなかでもひときわ目立つ、ガラス張りのビル「スクエア」の1~3階がジュンク堂書店福岡店です。H&Mの赤いネオンサインが目印です。

 

入り口から店内へ

 

 白を基調とした店内は明るくてとてもオシャレ。天井のシャンデリアの輝きが眩ゆい! 書籍のほか、センスの良い雑貨やステーショナリーも充実しています。お客様は土地柄を反映して、若い方の割合が高めだとか。

 

レジの近くにあるフェアの棚

 

フェアの場所は通りに面した入り口から、そのまま真っ直ぐに奥へ進んだところ。文芸コーナーの手前、レジの隣りにあります。レジを待つあいだも、思わず見入ってしまそうです。

 

フェアの棚の正面

 

 棚には各千夜千冊エディションごとのキーブックや関連本が並んでいます。取り寄せに時間のかかる本もあり、期間中も書棚の表情は変化していく予定です。セイゴオが見得を切る特製POPが目をひきますね。

 

準備をする中野組長と九天組員

 

 フェアの棚は、開幕前日に九天玄氣組組長の中野由紀昌さんと組員の皆さんが準備しました。フェア担当の書店員、松岡(!)千恵さんとともに組み上げていきます。しだいに立体化する千夜千冊の世界。松岡さんからは「松丸本舗の面影を感じますね」との感想も。棚を作っている間にも、本が売れてゆきます。なかには「雑誌『遊』の頃からの正剛ファンです」と声をかけてくださるお客様も! こういった交流がリアル書店ならではの醍醐味ですね。

 

校長の似顔絵を描く組員

 

 「このスペース、ちょっと淋しいな。似顔絵描いてもらえます?」の組長のひと声に、その場で筆を走らせる組員の新部健太郎さん。仕上げに組長が色塗りして、あっというまに合作の似顔絵POPが完成です。

 

フェアの棚の背面

 

 こちらは入り口からは背面に当たる側の棚のようす。九州のフェアだけに、平台に並ぶのは『大アジア』のエディションと関連本。『大アジア』には宮崎滔天はじめ九州出身の人物が多く取り上げられているのです。

 

ジュンク堂福岡店の福田雄克店長

 

 店長の福田雄克さんにお薦めのエディションを教えていただきました。


 私のお薦めエディションは『宇宙と素粒子』です。もとは理工系の本を担当をしており、そのときは工作舎の本も多く取り扱っていました。


 

フェア担当の松岡千恵さん

 

 また、今回のフェアを担当してくださった松岡千恵さんにもお話を伺いました。


 もともと小村雪岱や泉鏡花が好きで、その2人について書かれた千夜千冊(#1097星川清司『小村雪岱』、#917泉鏡花『日本橋』)に感銘を受けました。エディションのお薦めは『少年の憂鬱』です。今回のフェアは著作だけでなく、関連本も一緒に置いているのが珍しいと思います。あわせて手に取ることのできる、良い機会ではないでしょうか。どうぞ、お楽しみください。


 

 西通りから「本」の世界を発信するジュンク堂書店福岡店さん。

6月中に訪れることがあればぜひフェアに立ち寄り、好きな服を選ぶようにお気に入りのエディションを見つけてみてくださいね。

 

 

こちらもあわせて読みたい

【千夜千冊エディションフェア特集③】九州でも”知祭り”開幕!

 

Back Number

【このエディションフェアがすごい!02】ジュンク堂書店福岡店

【このエディションフェアがすごい! 01】ブックファースト新宿店


  • みとま麻里

    編集的先達:藤原定家
    めんたいエディトン、中洲マリリン。二つの福岡ゆかりの教室名。イシスの九州支所・九天玄氣組の突撃女隊長。その陽気さの裏には知と方法と九州への飽くなき探究心をもつ。着付師をしていたという経歴の持ち主。

  • お湯呑み一杯の編集【ツアーレポ@九州】

    イシス編集学校には秘伝のお茶がある。その名も「七茶の法則」。『知の編集術』にも『知の編集工学』にも載っておらず、通常は入門者だけが味わえる特製編集茶だ。 「一杯のお茶から九州を読み解く方法」と題した九州エディットツアーで […]