【イシス祭@福島】だいじょうぶだあ、まざっせ、わらじ祭りに!

08/20(木)16:00
img

●「あがっせ あがっせ だいじょうぶだあ」
お笑いの巨人で、先日亡くなられた志村けんさん。

 

彼のギャグで全国区になった「だいじょうぶだあ」は、福島訛りからつくられました。「あがっせ」といえば「召し上がれ」、「まざっせ」といえば「入りな」、「さすけね」といえば「大丈夫だあ」。小さなことを気にしない福島人らしい方言です。

 

その志村さんの最後の出演ドラマが、昭和の作曲家、福島市出身の古関裕而さんを描いた朝ドラ「エール」でした。

 

 

●「わらじ音頭」を作曲したのは…
和歌でも詠まれた都の人憧れの福島市の信夫山。この山の頂上の羽黒神社で行われる「信夫三山暁まいり」は、大わらじを奉納し、旅の安全と人びとの健脚を願う祭りが300年続いています。

 

この祭りを原型に、商工会が仕立てた「わらじ祭り」が昭和45年に産声をあげます。その祭りの「わらじ音頭」を作曲したのが、古関裕而さんでした。古関メロディで、景気よい掛け声で、わらじを担ぎ練り歩く、昭和から平成へ受け継がれてきました。

 

 

●「まざっせ」、「わらじ祭り」のモノガタリを
あれから50年、わらじ祭りは未来へ語り継ぐために生まれ変わろうとしています。

 

疫病退散の守り神にもなったわら人形。今回のエディットツアーでは、「わら」と「わらじ」の本来と、「まざっせ」で「やる」と「みる」の境をなくした祭りの本来を探ってみたいと思います。新しいわらじ祭りのモノガタリを編集してみませんか。

 

 

 

【イシス祭@福島】まざっせ、だいじょうぶだあ、わらじ祭りに!

8月23日(日)14:00-15:30 
 https://shop.eel.co.jp/products/detail/233

 


  • 鈴木康代

    編集的先達:網野善彦。マイクを両手でもってふくしま訛りで語るメッセージは編集の確信をとらえ、誰もの胸を打つ。二代目守学匠としていまやイシスの顔。野望は「続3.11を読む」の編集。