ホンキな会読 美味しい旬読【ツアー@軽井沢】

2021/03/05(金)08:00
img

 ブロッコリー、レタス、セリに葉わさび・・・春を彩る瑞々しい野菜たち。

 「旬の食材」は味わうごとに、春夏秋冬と季節の変化を体感できる醍醐味があります。

 

 では、本には「旬」があるのでしょうか。
 ベストセラーや文学賞を受賞した作品がいわゆる「旬な本」?いえいえ、古典も新書もノンフィクションもどんな本だって、読む人がその気になればいつだって旬になります!

 いつか読もうと手に取りながら、どんどん山積みになっていく本、部屋の隅に埋もれさせて、見て見ぬふりをしている本はありませんか?

 積読(つんどく)を解消するひとつに、日本には古くから伝わる「会読(かいどく)」という読み方があります。これは江戸時代後期に広まったと言われているもので、グループを組んで共読しながら意見を交わし合う、いわば「読書会」のことを指します。藩校や私塾で多く採用されてきた、歴史あるコミュニケーション型の読書スタイルです。

 

 

                               
      

              

 

          『蘭学事始』の翻訳をめぐって、燭台の下で討論する杉田玄白、前野良沢、中川淳庵

                             (千夜千冊1661夜『江戸の読書会』より)

 今回、軽井沢エディットツアーでは「旬な会読」をテーマにグループを組んで、共読に挑戦します。日本全国、約250藩のなかで、建設当時からの建造物や藩校敷地が唯一残っているのが長野県。日本で「会読」の面影を色濃く残した地域です。

 

                                       長野県長野市 松代文武学校

 


 ワークを担当するのは、【多読ジム】コースで軽やかに共読をいざなう、浅羽登志也冊師と中原洋子冊師。「会読」に縁が深い地域、軽井沢在住のふたりが、とびきり美味しく、フレッシュな読書法を伝授します。読む機会を逃していた本も、誰かと共に「会読」することで、新しい発見が生まれるかもしれません。
 

 当日は、お家で眠っている積読本を1冊連れてご参加ください。


 参考:千夜千冊1661夜『江戸の読書会』前田勉/平凡社

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イシスフェスタオンラインツアー@軽井沢 
「さよなら積読ほんとの旬読」

2021年4月3日(土) 15:00~16:30  
■会場:Zoomを利用します。
お申込みの方に参加用URL、パスワードをお送りします。
■定員:12人
■料金:1100円(税込)
■インターアクター:浅羽登志也(師範/ガイアラボ代表)、
中原洋子(師範代/ジャズシンガー)
■申し込みはこちらから
■未読の新書を1冊ご用意ください。新書がお手元にない場合は、目次のある本をご用意ください。


  • 増岡麻子

    編集的先達:野沢尚。リビングデザインセンターOZONEでは展示に、情報工場では書評に編集力を活かす。趣味はぬか漬け。野望は菊地成孔を本楼DJに呼ぶ。惚れっぽく意固地なサーチスト。

  • 独読から多読、継続はチカラなり【多読ジム×読衆インタビューVol.2】

    多読ジム、読衆インタビュー第二弾(第一弾はこちら)。season01からトレーニングに邁進中のゴールドメンバー。ジムの扉を開いたきっかけは、息子さんが通う学校だったという。    ―――――――――――――― […]

  • 知覚×全身、読書尽くしの3カ月【多読ジム×読衆インタビューVol.1】

    開講から2年目を迎える多読ジム。    「本を何となく読み進めてしまう」「文系(あるいは理系)の本が読めない」。  そんな読書癖の襟元を見直しながら、ジムに集う読衆たちは今日も本から本を伝い歩く。  多読ジム […]

  • 多読ほんほん2016 冊師◎増岡麻子

    2016年より遡ること、数十年前。  父の本棚は、子ども時代の私にとって未知の世界でした。メディアに関わる仕事をしていた父が、学生時代に読んでいた柴田翔や福永武彦、カミュといった小説家の作品やノンフィクションの新書のほ […]

  • 【20周年感門】冷めてもおいしい、イーてれ舞台裏へ飛んでQ(後編)

    表舞台の数だけ裏側に物語がある。先に行われた20周年感門之盟では本楼や近大、大分・耶馬渓など列島各地にステージが設えられ、綺羅星のごとく多くのスターが登壇した。これだけではない。感門之盟にはもう一つ、オンラインの舞台が […]

  • 入門と進破、そのきっかけは?

    きっかけはコロナだった。    外出自粛によって旅行にいけない、飲み会も参加できない。思わぬ時間がぽっかり空き、彼女は入門を決めた。    怒涛の如く降りてくるお題に怯み、焦り粛々と自宅学習する日々。リモート […]