この冬、編集の聖火ランナーが全国20カ所を駆け抜ける。2/22〜ETS開催!

01/21(火)11:00
img

 イシス編集学校が私の街にやってくる。

 

 2019年夏、全国同時多発で打ちあがった編集の祭典「ISISフェスタエディットツアースペシャル(ETS)』が、2020冬、さらに各地を巻き込んで第二弾として開催されます。北は北海道から南は沖縄まで、そして今回は軽井沢、富山、山形、熊本、甲府、小田原、石垣島が新しく加わり全国20か所で編集花火が上がります。聖火ランナーよりはやくイシスのインターアクターが各地を駆け巡ります。

 

 松岡正剛は、『日本流』で日本文化に通底しているもの、失われつつあるものを掬い上げて一途で多様な日本の姿をあらわしました。この編集アプローチは、実は、編集稽古のベースになっています。

 

『日本流』松岡正剛 筑摩書房

 

 今回のエディットツアーは、かつての城下町や宿場町、商人や武士の文化が息づく町もあれば、観光地として注目される町もあります。それぞれの土地のクロニクルは異なりますが、失われつつあるものや数値化されることでこぼれおちるものにスポットをあてると、その地がもつ新たな価値に気づくはずです。そこから一途で多様な日本が立ち上がってくるでしょう。

 

 このエディットツアーでは、編集の型で発想力と表現力が変わることを実感できます。未知のままではもったいない、あなたの好奇心にさらなる翼をつけていきましょう。

 

 各地の詳細は1月22日から順次公開していきます。お楽しみに!


  • 鈴木康代

    編集的先達:網野善彦。マイクを両手でもってふくしま訛りで語るメッセージは編集の確信をとらえ、誰もの胸を打つ。二代目守学匠としていまやイシスの顔。野望は「続3.11を読む」の編集。