X’masエディットディナーショー初開催!オネスティ上杉が奏でる編集WS

2022/12/20(火)22:56
img
上杉公志

 Honesty is such a lonely word.
 Everyone is so untrue.

 オネスティ上杉のクリスマスエディットツアーがスケールアップして帰ってきた。過去2回クリスマス時期にエディットツアーを開催してきたクラシック作曲家で師範代の上杉公志。クリスマスシーズンは僕の出番と意気込んでいた上杉のツアーがコロナ禍で、実施見送りになってきた。今回、2019年以来3年ぶりのツアーになる。しかも、今回のオネスティー上杉はsuch a lonely manではない。心強い相棒であり、フードコーディネーターの番匠・若林牧子が自作のディナーを持ち込んで援軍として参加。初のクリスマスエディットツアー&ディナーショーになる。

 

 照明が落とされた本楼に参加者がつどい、「アヴェ・マリア」の演奏によりツアーはスタート。参加者をうっとりとさせたところで、音楽と編集を重ねるワークショップが始まった。重ねると言ったが、音楽も「編集」なのだというのが上杉が伝えたいことだ。

 


 最初のワークは自己紹介だが、スペシャルツアーでは、自己紹介もスペシャルになる。クリスマスで思い出される一曲を添えてくださいというお題が出された。それぞれが選んだ曲は、ハレルヤ、ユーミン、マライヤ・キャリー、ワム、あわてんぼうのサンタクロース、We wish your Merry X’mas、ケンタッキーのCMソングなど。上杉は即興で次々に紹介される曲を演奏する。この自己紹介、寄物陳思ならぬ寄曲陳思である。歌に乗せて語ることで、それぞれの時代や思い出が引き出された。

 

 編集のプロセス解説では、冒頭の「アヴェ・マリア」を一音という情報から組み合わせ、構造化、作曲という段階に分節化する。音をつなげながら仕上がるまでを表現することで、「編集」解説も違った顔を見せる。情報の「地」と「図」の説明も、音楽のバリエーション、変奏曲になる。モーツァルトの「きらきら星変奏曲」が、一つのモチーフをどのように「地」を動かしているのかを、上杉は熟練した手品師のような手つきで示して見せた。

 

 休憩時間はお待ちかね。若林による編集ディナーでのもてなしになる。こちらも編集思考素で意外な組み合わせが意識されている。あんぽ柿にクリームチーズとブラックペッパー、プルーンにベーコンと春巻きの皮包み、りんごとブルーチーズ、鴨とオレンジのバルサミコ仕立て、ドイツパンにキングサーモン、蓮根フライに明太子ポテトサラダ、砂肝コンフィにロマネスコの一種合成のオンパレードに、モッツァレラ・バジル・トマトの三位一体。盛りすぎる編集接待が若林の真骨頂である。

 

 

 ラストワークは、本楼ならではのブックワークプレゼント。それぞれが選んだ一冊をペアで持ち寄り、そこにオブジェがプラスワンされて、クリスマスプレゼントに仕立てる。鈴木大拙を5年後の私たちにという夫婦もいれば、焼物の写真集を日本を学びたい西洋人に、かわいい江戸絵画は歴史好きな高校生に贈られた。情報はいかようにもつなげることができるのが編集の妙味である。短時間のワークでも編集思考素を使えば、不思議な贈り物に変わる。

 

 

 オネスティ上杉のX’masエディットディナーショー、華麗に過剰に夢心地に大団円。次回の開催は来年のお楽しみである。


  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • 【オツ千SP.5】負い目、ワキの目、異界の目

    「おっかけ!千夜千冊ファンクラブ」、ちぢめて「オツ千」スペシャル第五弾は新企画。イシス編集学校の多読ジムのプログラムに合わせて、月1で特別おっかけしていきます。  多読ジムは「エディション読み」「ブッククエスト」「三冊 […]

  • 【オツ千vol.36】アレゴリーをハードコアに言祝ぐ

    「おっかけ!千夜千冊ファンクラブ」。ちぢめて「オツ千」。千夜坊主こと林頭の吉村堅樹と千冊小僧ことデザイナーの穂積晴明。「松岡正剛の千夜千冊」ファンを自認する二人が、千夜のおっかけよろしく脱線、雑談、混乱の伴走するショー […]

  • 【新春オツ千SP.4】橋本参丞と「2023年★正月から行く道」

    みなさま、新年あけましておめでとうございます!「おっかけ!千夜千冊ファンクラブ」、ちぢめて「オツ千」スペシャル第四弾は新年バージョンとして、編集工学研究所執行役員でイシス編集学校の参丞として、プロジェクトを牽引する若き […]

  • オツ千

    【オツ千vol.35】武器としての4つ目のA

    「おっかけ!千夜千冊ファンクラブ」。ちぢめて「オツ千」。千夜坊主こと林頭の吉村堅樹と千冊小僧ことデザイナーの穂積晴明。「松岡正剛の千夜千冊」ファンを自認する二人が、千夜のおっかけよろしく脱線、雑談、混乱の伴走するショー […]

  • 【オツ千vol.34】手前の「別」太郎を用意する

    「おっかけ!千夜千冊ファンクラブ」。ちぢめて「オツ千」。千夜坊主こと林頭の吉村堅樹と千冊小僧ことデザイナーの穂積晴明。「松岡正剛の千夜千冊」ファンを自認する二人が、千夜のおっかけよろしく脱線、雑談、混乱の伴走するショー […]