イシス、ハタチ。

06/01(月)22:27
img

本日、イシス編集学校が20歳になりました。

編集稽古に答えた人、指南した人、
全員のおかげ以外のなにものでもありません。

なぜといえば、この学校が伝えてきたのは、こうして交わされなければ影も形もなくなってしまうものだからです。

 

この「面影バトン」を繋いだ各期代表45人の師範代の言葉をもとに開校からの20年が一連の姿になりました。

各期に配された数字ロゴのとおり、危うさも絶好調も、滋味も切実も、温度も律動も、当時の世情以上にいろいろです。

つまりは「生きた学校」の証となっております。

 

「◉同時代千夜千冊」をみると、イシス黎明期にすでに1000夜。

“世界一速い校長”松岡正剛は、この学校の生みの親ながらうしろから見守る存在ではないようです。

「本や学校をこんな格好にした人はいない」。期を超えて師範代達がそんなおどろきを交わし合っているようでもあります。

 

ぜひごらんいただき、

次のバトンを、その手に。

 

● イシス編集学校20周年企画 Webページ

 

 

 ー・ー・ー・ー・ー

  20周年企画 進行中 

 ー・ー・ー・ー・ー

 

オンライン・ツアー、6月は毎週開催!

 

家族割、秋期も実施します

 

 


  • 佐々木千佳

    編集的先達:岡倉天心。「24時間働けますけどなにか?」。無敵の笑顔の秘密は未だ明かされない学林局局長。NEXT ISISでも先頭を日夜走り続けている。子ども編集学校開校は積年の願い。

  • 34花「お楽しみはここから」ガイダンス

    お楽しみはこれからだ。   サイレント映画がトーキーになった1927年、スクリーンに映しだされた俳優が初めて発したセリフ「You ain’t heard nothin’ yet」には、こ […]

  • 【イシス祭@札幌】北の国から、はっちゃきこくツアー

    札幌は、編集力を磨くのにうってつけだ。 まず、碁盤の目のように整った道路が「分けたい、繋げたい、見立てたい」という編集心をそそる。 一歩足を踏み入れると、当たり前と思っていたものの見方や物差しが揺さぶられる。 「インター […]

  • 【イシス祭@子ども】想像力にマスクしないで。

    ● 読書感想文を、のびのび書こう 感染防止と両立させたい大切なものは、経済ばかりではありません。 本を読んでふくらんだ想像力をいきいきとことばにする『読書感想文の編集術』は子ども編集学校の人気プログラム。 大切な子どもの […]

  • 【イシス祭@新潟】どこにいったがー、まつりの心?

    松岡正剛が、新潟・弥彦村で出会ったのは、子どもたちだった。 そして、村長と交わす壇上で語った。 「この土地には、私たちがいまもつべき物語がある」   今回のツアーで取り上げる新潟・村上大祭の主役も、子どもたちで […]

  • 秘密の稽古

       編集学校に学ぶ人々の中に、身体派は意外に多い。    ベルギーのダンスカンパニーで踊っていたり、チェンマイでコンテンポラリーダンスを公演したり、甲子園優勝校の監督を経て大学でスポーツ組織論を教え […]