書籍を通じて「今」を考えるイベント「科学道100冊 2020-今知りたい、ウイルスと免疫の話」

2020/12/12(土)14:00
img

「一体情報とはなにか。地球上の生命系の一角を占めている私たちが、この難しい問題を考えるには生命の起源に戻らなければならない。」

ツッカム正剛0034夜で松岡正剛校長が語った言葉だ。

 

COVID-19で多くの変化があった今年、松岡校長はあらゆる場面でウイルスと情報を語っている。

1737夜『ウイルス・プラネット』1738夜『流感世界』1741夜『免疫ネットワークの時代』の千夜千冊のあとは、4本仕立ての「ツッカム正剛ーやや特別編」へと今この時を編集し続けた。

松岡校長は、COVID-19を引き取りながら世界を読むための「見方」の一つ、サイエンスを展開していたのだ。

 

そのような今、編集的で、子供から大人までワクワクするサイエンスの取り組みを紹介する。

 

書籍を通じて「今」も考えることができる「オンライン・トークイベント」が、イシス編集学校の本拠地、ブックサロン本楼から配信される。

テーマはズバリ「今知りたい!ウイルスと免疫の話」。

 

このイベントは、「科学道100冊」で企画された。

「科学道100冊」は、イシス編集学校を運営する編集工学研究所が2017年から理化学研究所と行っているプロジェクトで、書籍を通じて科学者の生き方・考え方、科学のおもしろさ・素晴らしさを届けている。

 

科学は古代より、自然社会や世界を解明しようと思考し計測し観察し実験し、世界を切り開いてきた。
科学者の思考モデルを大事にしてきた「科学道100冊」は、こんな今だからこそと、このオンライン・トークイベントを企画したのだ。

 

イベントに登壇するのは『生物はウィルスが進化させた』(講談社ブルーバックス)の著者であり、ウイルス学者の武村政春博士と、免疫学者の小安重夫博士(理化学研究所理事)だ。

ウイルス学者と免疫学者による、COVID-19の最新研究から、科学道ならではの「本」の話題まで幅広く語っていただく。

イベントの対象は中学生以上。大人だけでなく、学生にも楽しんでいただける内容だ。


楽しいのはもちろん、見方のサイエンスにもぜひ触れていただきたい。


==================================

「科学道100冊 2020-今知りたい、ウイルスと免疫の話」

【日時】  2020年12月18日(金)18:00~19:30
【登壇者】 武村政春氏(東京理科大学教授/ウイルス学者)
      小安重夫氏(理化学研究所理事/免疫学者)
【主催】  科学道100冊委員会(理化学研究所・編集工学研究所)
【対象】  中学生以上
【参加費】 無料
【視聴方法】事前申し込み制(先着450名)

★イベント詳細とお申込み:科学道100冊特設サイト イベントページ

★イベントチラシ:科学道100冊特設サイト イベントチラシ
 
==================================


  • 衣笠純子

    編集的先達:モーリス・ラヴェル。劇団四季元団員で何を歌ってもミュージカルになる特技の持ち主。折れない編集メンタルと無尽蔵の編集体力、編集工学への使命感の三位一体を備える。オリエンタルな魅力で、なぜかイタリア人に愛される、らしい。

  • 勇者求ム! 物語講座14綴、間もなく開講

    講座が冒険になった。   イシス編集学校の物語講座で開講以来はじめてのお題改編が行われ、お題の一つ「トリガー・ショット」が「トリガークエスト」に大きく変わる。 クエストとは、探索や冒険の旅といった意味を持つが、 […]

  • 「おしゃべり病理医のMEdit Lab」YouTubeにも進出!

    おしゃべり病理医が、とうとう世界に飛び出した!   遊刊エディストの愛読者なら「おしゃべり病理医」といえば誰を指しているかが、ピンときているだろう。遊刊エディストでは「をぐら離」で、そしてイシス編集学校では[離 […]

  • 感門之盟を支えるピカイチ集団「感門団」【感門75】

    感門之盟での心づくしの「もてなし・しつらい・ふるまい」を支えているのが、編集学校の有志による「イシス感門団」だ。 (『インタースコア』253ページ)   「感門団」をご存知だろうか。   2012年に […]

  • 体感せよ!NPO編集のひみつ【ツアー@NPO】

    NPOは地域や社会をデザインする存在である。 そのデザインのためには「編集」という方法が必要である。   一見、NPOにとっての「編集」といえば会報誌やSNSなどでの情報発信のためのものと思いがちです。でも、N […]

  • 漢字から日本のおおもとを探る!輪読座「白川静を読む」間もなく開講

    イシス編集学校20周年記念輪読座は第1弾「世阿弥を読む」に続き、第2弾となる輪読座「白川静を読む」が10月25日(日)に開講する。「古」そのものに学ぶという、現代につながる世阿弥の稽古哲学の後は、漢字をたどって日本の起源 […]