「教室モデル」で社会編集を 鈴木康代[守]学匠メッセージ【79感門】

2022/09/11(日)18:10
img

2022年9月11日、第79回感門之盟2日目。その最初のプログラムである卒門式に、鈴木康代[守]学匠は鮮やかな赤紫色の衣装で登場した。コンサバティブとは対照的な、ビビットなマゼンタカラーだ。第79回感門之盟のテーマ「題バシティ」を鈴木学匠も装いで楽しんだ。

 

鈴木学匠は、「49守は、それぞれの教室名に向かおうとする意気込みが強く見られた期でした」と振り返る。松岡校長から師範代へ直々に送られる「教室名」はどれひとつとして同じものはなく、実に多種多様でふんだんに未知を含んでいる。例えば「切実ゲノム教室」や「脱皮ザリガニ教室」、「忖度しないわ教室」などである。このようなドギマギするようなネーミングは、いわば教室全体へと出された一つのお題である。

 

各師範代はこうしたお題に対して、独自のフライヤーを作ったり、教室の設えを教室名にあやかったりすることで、さまざまな回答をする。このように教室の趣向や意匠の編集を重ねていくうちに、師範代が教室や学衆に寄せる想いも強くなっていく。鈴木学匠は、このような様子を、「教室自体が大好きなのにうまく説明がつかないものなのである」と語った。

 

以前の伝習座で、松岡校長は世界モデルが摩耗していることへの懸念を吐露していた。社会で使われているルール(制度)、ロール(役割)、ツール(道具)のルル三条が、画一的なものばかりでつまらないものになっているというのだ。加えて、わかりやすいこと一辺倒になっていて、簡単に答えが出ない状況へと向かっていくことができない。

 

こうした摩耗した社会に対して、鈴木学匠は「多様で説明のつかないことがたっぷりで、お題に富んだイシス編集学校こそが、世界観の劣化しつつある社会に対抗できるのだ」と強く語った。イシスでの編集稽古をつうじて培われた「うまく説明がつかないほど大好きなもの・こと」こそ、社会を再編集するなによりのエンジンなのである。

 

感門之盟を経て、学衆や師範代がどのようにそれぞれの教室モデルを擬いて、社会や世界観の再編集へと向かうのか。康代学匠は「今日の感門之盟でも、これまでの編集稽古でうまれた、恋焦がれる『恋闕(れんけつ)』のような思いを言葉にあらわしていってほしい」と結んだ。

(テキスト:山内貴暉 写真:上杉公志)


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「職人肌のレモンガール」梅澤奈央、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部七人組の顔ぶれ。