ウキウキしかない秋~15綴物語講座が待っている!

2022/08/01(月)14:07
img

昨季14綴で、開講以来初の大幅なお題改編(「異端で異質。物語講座 14綴から、新たな冒険がはじまる」)を経て、さらにウキウキの止まらない物語講座。
世界を切り拓くアウトロー・イシス編集学校において、さらなる横超・凌駕を画策する異端異質なこの講座。新カリキュラム2季目を迎えて、ますますの充実です。

物語講座には、アウトプットとして「書く」方法の充実は当然のこと、凝り固まった思考を掻き回すためのインプット、「書きたい」ではなく「書かされる」感覚を味わうためのセレンディピティを生む仕掛け・メソッドが詰まっています。

「窯変三譚」では、3週間で「落語」「ミステリ」「幼い心」の3つのジャンルをついつい書き上げてしまう、異次元のスピードに翻弄されるドキドキ。
「トリガー・ショット」から生まれ変わった「トリガー・クエスト」は、個々人に合わせた選択式のお題のはずが、「選択しないですべてに回答」する強者まで現れるという、期待以上のワクワク。
そこからつながる「編伝1910」では、これまでの綴には選ばれてこなかった、歴史に埋もれた偉人たちに次々とスポットライトが当たるというゾクゾク。
さらに、リアル稽古「蒐譚場」では、しっかり読み込んできた自分の文叢名(物語講座における教室名)を形成する物語から、イソイソと新たな物語をグループワークで創作してしまうソワソワ。

お題改編…ということは、もちろん再受講も大推奨(割引あります!)。

イシスでは、もうやることがない? …いやいや、物語講座がありますよ!
一緒にもっと浮き浮きしましょう!


Info
──────────────────────────────
[遊]技法研鑽コース 「物語講座」第15綴
https://es.isis.ne.jp/course/yu-narrative

■期間   :2022年10月10日(月)~2023年2月5日(日)
       ライブ稽古「蒐譚場」12月4日(日)

                 編集工学研究所(本楼)
■資格   :[破]応用コース修了者(突破)以上
■プログラム:窯変三譚/トリガー・クエスト/編伝1910
■お申込み :https://shop.eel.co.jp/products/detail/422
       ※再受講割引あり。
──────────────────────────────


  • 小濱有紀子

    編集的先達:倉橋由美子。古今東西の物語を読破し、数式にすることができる異才。国文学を専攻し、くずし字も読みこなす職能。自らドラムを打ち鳴らし、年間50本超のライブ追っかけを続ける情熱。多彩で独自の編集道を走る、物語講座・創師。

  • それはいつかの、あの物語【78感門】

    すでに「物語講座四冠受賞の男【78感門】」で授賞式の顛末ごとお伝えしたように、受賞者本人も驚く間もないくらい、鮮やかな4冠で幕を閉じた14綴・物語講座。   さて、物語講座アワードの名物といえば、各プログラムや […]

  • 【Playlist】ものがたりに虹をかける10選:小濱有紀子

    モノ語り、ヒト語り、コト語り。   自分の内側にある「語らずにはいられない」ことを、ひとりよがりにならず、いかに伝えるか。 内側ではなく外側にある「語らずにはいられない」ことを、どのようにして発見するか。 &n […]

  • 異端で異質。物語講座 14綴から、新たな冒険がはじまる

    舞台は【感門77】、井寸房の奥、落ちる砂時計。 物語巫女たる後田師範代が、物語の持つ方法的な世界に、静かに誘う。 --- 物語にははじまりがあり、終わりがある。感門之盟も、境を超えて閉じられる。振り返ったとき、思い出され […]

  • 物語は続くよ、どこまでも~賞選本は稽古とひとつなぎ【感門75】

    「綴じて、開く」  感門之盟から10日。2021年3月23日、赤羽綴師の言葉で、13綴物語講座は幕を閉じた。    イシス編集学校においては、本を媒介に人と人が繋がることは、極めて当たり前のことである。だが、こと「賞品」 […]

  • 【三冊筋プレス】探して求めて深まる謎、ウイルスも「鍵穴」(小濱有紀子)

    「探求型読書」は、新書に効果的な読書術だと思っている人は、騙されたと思って、ぜひ小説で試してみていただきたい。苦手なジャンルがある人、あまり好みじゃない作家がいる人はもちろん、むしろ本が大好きな人、読書に自信がある人 […]