つげ義春 マンガのカンヌで特別栄誉賞

02/11(火)17:20 img
img

 漫画家・つげ義春が第47回アングレーム国際漫画祭で特別栄誉賞を受賞した。おん年82歳だ。アングレームといえば、マンガのカンヌと言われており、谷口ジロー、辰巳ヨシヒロを筆頭に鳥山明、大友克洋、つげ義春の師匠である水木しげるも『のんのんばあとオレ』で最優秀作品賞(2007年)、『総員玉砕せよ!』で遺産賞(2009年)を受賞している。

 

 

 水木しげるはつげ義春のことをこう評した。「つげさんはスケベで怠け者でしたね。でも品物はいいんです」。このことは千夜千冊0921夜『ねじ式・紅い花』でも取り上げられているので、ぜひあらためて読み直してほしい。水木しげるは「李さん一家」をとくに評価しているようだ。在日朝鮮人一家をめぐる物語である。

 

 

 捨てたはずのわたしが、今夜わたしをたずねてくるのです。これは石井輝男監督の映画『ゲンセンカン主人』の宣伝コピー。佐野史郎主演で、『李さん一家』『ゲンセンカン主人』『紅い花』『池袋百点会』からなるオムニバスムービーである。

 

 

 つげ義春は千夜千冊で取り上げられているだけでなく、イシスの面々が選書した近大アカデミックシアター2Fのマンガと新書と文庫だけの図書空間DONDEN(どんでん)のキーマンになっている。DONDENが”読断と編見”で選りすぐった漫画家50人、「LEGEND50」には手塚治虫や赤塚不二夫らとともに、つげ義春の名が連なっている。

 

 

 

 いちファンとしては、今回のアングレーム受賞を機に、つげマンガがもっともっと日本で読まれることを期待したい。イシスには堀江純一がいる。堀江は、マンガのスコアをテーマにした記事の準備を”ダンドリ・ダントツ”で進めている。そのうちふいに、堀江純一=つげ義春がエディストの片隅でひょっこりはんすることだろう。

 

 


  • QUIM JONG DAE

    編集的先達:サン=テグジュペリ。最年少典離以来、幻のNARASIA3、近大DONDEN、多読ジム立ち上げ、2020オープンのエディットタウンと数々のプロジェクトを牽引。先鋭的な編集センスをもつエディスト副編集長。