【参丞EEL便】AIDAシーズン3、始動へ!

2022/05/18(水)09:04
img

「社会の本質に切り込むゲスト講義に日常感覚をゆさぶられ、ボードメンバーの鋭い問いに、自分の在り様を振り返る。正直、所在を見失い、苦しい時もある。・・・AIDAの重層的な思索の場は他にはない格別なものだ。」


イシス師範であり、リクルートワークス研究所所長であり、AIDA座衆かつ「間匠」(AIDAの幹事ロール)でもある奥本師範の、Hyper-Editing Platform[AIDA]に肉薄したコメントである。EELで今年立ち上げたAIDA公式サイトで紹介した。

 

AIDAシーズン3が、10月にはじまる。EELでは、企画会議がスタートした。AIDAディレクターの吉村林頭からは「もっと破格の、知のコロシアムを目指す。」という指針が出た。

 

エディスト読者のみなさんにはすでに、米川師範、金代将、梅澤師範、加藤師範のAIDAエディターズと後藤師範のAIDAカメラによる<速報記事>と<ボードメンバー・ゲストインタビュー記事>によって、AIDAという事件!!の内も側も、つまびらかになっているが、シーズン3のAIDAは、ずっと多層になることを期待されたい。
黒膜衆(撮影配信チーム)から、AIDA師範代やメディアチームまで、すでに相互重層の編集が劇的におこっているが、舞台演出も、当日チャットも、公式サイト情報も、かわる。より多軸になる。

先週末の37[花]入伝式は、乱世を編集した世阿弥を旗手に方法日本の扇が掲げられた。AIDAもつづき、テーマを「日本」に、新たな場づくりに向かう予定である。複式夢幻な知のコロシアムを期待されたい。

 

 

[編工研界隈の動向を届ける橋本参丞のEEL便]

//つづく//


  • 橋本英人

    函館の漁師の子どもとは思えない甘いマスクの持ち主。師範代時代の教室名「天然ドリーム」は橋本のタフな天然さとチャーミングな鈍感力を象徴している。編集工学研究所主任研究員。イシス編集学校参丞。