できたてホヤホヤ『情報の歴史21』が校長の手に!

2021/04/03(土)00:00
img
  1.  ほんとにできるの? いつになったらできるの? 年末って言ってなかったっけ? できないんじゃないの? たくさんの叱咤激励の声に支えられながら、『情報の歴史21』が完成、いやとうとう刷り上がった。

     編集長の吉村、制作の田川、デザイナーの穂積は届いたばかりの60冊の『情報の歴史21』を開封し、その色のりや紙の質感、断裁のずれなどがないかをチェック。まずは大きな瑕疵がないことに胸をなでおろした。
  2.  

  3.  そうなると、次は校長への献上という儀式?である。3人揃って恭しく、校長の部屋にうかがい、直接手渡すと「おおーついに」と一声。サングラスの下で校長の目も細くなったはずである。しかし、手放しで褒めないのが校長なのである。ちょっとキュッキュッとページをめくると音が鳴るなあ、カバーが滑るか、赤の見出しが多すぎない、前の時と見出しの黄色の色がちょっと違わないか、と矢継ぎ早に校長からは指摘がくる。あの、校長もうこれは刷り直しは。あ、そうか、はいはい、ご苦労様。ということで無事、『情報の歴史21』は納品された。
  4.  

  5.  先行予約者には4月7日から順次配送される。来週末には『情報の歴史21』がそれぞれの家庭、職場に届くことになる。

 

『情報の歴史21』予約はこちらから!

 


  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • フランシス・ベイコン

    【オツ千vol.6】肖りベイコンで、イシスゲイしちゃお

    「おっかけ!千夜千冊ファンクラブ」。ちぢめて「オツ千」。千夜坊主こと林頭の吉村と千冊小僧ことデザイナーの穂積。「松岡正剛の千夜千冊」ファンを自認する二人が、千夜のおっかけよろしく脱線、雑談、混乱の伴走するショート・ラジ […]

  • イシス初!著者と共読&「読み」を深堀り ─多読SPコース受付開始

    読みを深める方法はあるのか?もちろん、ある。   どこでその方法を学べるのか。それが10/24から始まる[多読ジム] SPコース「大澤真幸を読む」である。 松岡正剛校長の盟友であり社会学者である大澤真幸。その日 […]

  • エゾテリスム思想

    【オツ千vol.5】非合理ゆえに信じたいっす

    「おっかけ!千夜千冊ファンクラブ」。ちぢめて「オツ千」。千夜坊主こと林頭の吉村と千冊小僧ことデザイナーの穂積。「松岡正剛の千夜千冊」ファンを自認する二人が、千夜のおっかけよろしく脱線、雑談、混乱の伴走するショート・ラジ […]

  • 【オツ千vol.4】小僧のグノーシス活用法

    「おっかけ!千夜千冊ファンクラブ」。ちぢめて「オツ千」。千夜坊主こと林頭の吉村と千冊小僧ことデザイナーの穂積。「松岡正剛の千夜千冊」ファンを自認する二人が、千夜のおっかけよろしく脱線、雑談、混乱の伴走するショート・ラジオ […]

  • ISIS 20周年師範代リレー[第26期 川野貴志 至宝が照らすイシスの10年]

    2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。 ◇◇◇ 「イシスの至宝」。川野のことをそう […]