できたてホヤホヤ『情報の歴史21』が校長の手に!

2021/04/03(土)00:00
img
  1.  ほんとにできるの? いつになったらできるの? 年末って言ってなかったっけ? できないんじゃないの? たくさんの叱咤激励の声に支えられながら、『情報の歴史21』が完成、いやとうとう刷り上がった。

     編集長の吉村、制作の田川、デザイナーの穂積は届いたばかりの60冊の『情報の歴史21』を開封し、その色のりや紙の質感、断裁のずれなどがないかをチェック。まずは大きな瑕疵がないことに胸をなでおろした。
  2.  

  3.  そうなると、次は校長への献上という儀式?である。3人揃って恭しく、校長の部屋にうかがい、直接手渡すと「おおーついに」と一声。サングラスの下で校長の目も細くなったはずである。しかし、手放しで褒めないのが校長なのである。ちょっとキュッキュッとページをめくると音が鳴るなあ、カバーが滑るか、赤の見出しが多すぎない、前の時と見出しの黄色の色がちょっと違わないか、と矢継ぎ早に校長からは指摘がくる。あの、校長もうこれは刷り直しは。あ、そうか、はいはい、ご苦労様。ということで無事、『情報の歴史21』は納品された。
  4.  

  5.  先行予約者には4月7日から順次配送される。来週末には『情報の歴史21』がそれぞれの家庭、職場に届くことになる。

 

『情報の歴史21』予約はこちらから!

 


  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • ゴジラVSホンヤ2 新宿3連発はホンキやでぇ

    池袋に続いて新宿も。ホンゴジラが副都心から攻めている。ホンゴジラこと冊匠・大音美弥子。書店への10年越しの凱旋第二弾ワークショップは、同じ書店での三連打になる。その書店とは、ブックフェアの第一弾であり、最大規模のブック […]

  • ゴジラVSホンヤ この夏、本は地球を救う

    ホンヤにホンゴジラ来襲! 伝説の書店・松丸本舗の閉店から10年。眠れるゴジラが目を覚ました。ホンゴジラとはもちろん、イシス編集学校師範の多読モンスター・大音美弥子である。客単価No.1のブックショップエディター、多読ジ […]

  • 【多読ジム】GWはセールだよ!千夜リレー伴読★1770夜『小枝とフォーマット』

    セイゴオ・マーキング動画に古今東西アトラス絵巻三連発。待ちに待ったミシェル・セール、そして図像も大盤振舞いとGWにふさわしい一夜がアップされました。9つにナンバリングされた松岡正剛のセール読みはぜひ当夜でご堪能ください […]

  • 遂に20冊!エディション『仏教の源流』発刊

    仏像の横に『仏教の源流』。地中から湧いて出た地湧の菩薩さながらに、「空」の字紋のエディションと仏像写真を並べてみた。『本から本へ』『デザイン知』で口火を切った千夜千冊エディションも、『仏教の源流』でとうとう20冊目とな […]

  • 守破に新ロール誕生! 奴らがSCOOPを狙っている!

    ベールがまた一枚剥がされる。2015年『インタースコア』発刊、守破離のプログラムの一部が明るみに。2019年「遊刊エディスト」開始、イシスの日常がニュースになった。そして2021年、[守][破]に「番記者」が誕生する。 […]