イシスDO-SAY 2020年1月

01/18(土)09:22
img

イシス編集学校で予定されている活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。

 

 

【2020年1月】

 

2020年1月11日(土)ハイパー・コーポレート・ユニバーシティ
池袋ロサにて、ビリヤード大井直幸プロを招いての、第4講。今季のテーマは「稽古と本番のAIDA」。

 

2020年1月12日(日)EDITツアー(navigated by 若林牧子師範)
新年最初のエディットツアーは節目の女こと若林牧子師範。
▶関連記事「過剰なもてなしは真骨頂 若林牧子の新春Eツアー

 

2020年1月13日(月)多読ジム Season1 開始
イシス初のネットでの継続型講座、そして読書術講座がスタート!
▶関連記事 「9人の”冊師” 多読ジム第一回”工冊会”(申込〆切まであとわずか)

 

2020年1月15日(水)川崎寺子屋
毎週水曜日で継続中。子ども編集学校プレゼンツ。

▶関連記事 「魔法の粉は効くか? 小学校で編集ワーク

 

2020年1月18日(土)AT賞選評会議/川崎市親子イベント

 

2020年1月22日(水)川崎寺子屋

 

2020年1月25日(土)32花伝敢談儀
花伝所の最後を締めくくるリアル講座&面談。ゲストに加藤めぐみ師範代。

▶関連記事 「ひらりカレイド・スカート 花伝敢談儀

 

2020年1月25日(土)台東中央図書館(navigated by 鈴木花絵師範代)
ワークショップ四天王の一人、鈴木花絵師範代の登場。アイデアからパフォーマンスまでのバランスが抜群。

▶関連記事 「10/12開催 思い立ったらイマ!未来を創る編集ツアー

 

2020年1月26日(日)輪読座 第4回
“熊沢蕃山「三輪物語」を読む”の4回目。いよいよ蕃山の教育論に迫ります。
▶関連記事 「今こそ日本を考える!吠えるバジラの輪読座

 

2020年1月30日(木)エディスト編集部ミーティング with 松岡正剛校長
昨年一年とこれまでを総括し、校長よりエディストたちにディレクション。


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部六人組の顔ぶれ。

  • エディストショップ#1:64技法風呂敷【20周年感門之盟】

    ノートに鉛筆、龍角散にドライバー、年表に星座盤…。 どれも『雑品屋セイゴオ』(春秋社)で登場する、校長のフェチな品々だ。     知的フェチをくすぐる品々をお届けするエディットショップが遂にオープン! […]

  • 46[守]教室名発表 ~ドラム&ギターに言祝がれ~

    第74回感門之盟、2日目の中盤にさしかかるころ、第46期[守]の師範代と教室名が発表された。   本楼スタジオでは、美濃越香織 錬成師範、嶋本昌子 錬成師範が進行役をつとめた。おなじみ浅羽登志也 師範のドラム演 […]

  • 「ガンダム」に「おまかせ」!? 出世魚した45[破]の9教室

    ブリ、スズキ、ボラは、成長とともにその名前が変わる「出世魚」だ。江戸時代には、元服や出世の際に名前を変えたことに似ているため、縁起ものとして出世魚は喜ばれたようだ。   イシス編集学校の教室名も“出世魚する”。 […]

  • 44[破] 先達文庫 第74回感門之盟

    20周年記念「Edit Japan2020」第74回感門之盟、午後の部は、44[破]突破式からはじまった。原田淳子[破]学匠が、44[破]を振り返りながら、お祝いのメッセージを贈る。   「今期は、コロナウィル […]

  • 第18座 風韻講座 アワード3賞は誰の手に?!

    第74回感門之盟の2日目。午前の部では、風韻講座 第18座 夕星座の韻去式が行われた。   風韻講座とは、編集の型を使いながら、日本語の提携を学ぶ・遊ぶ講座である。申し込み開始から、ほぼ一晩、おそくても二晩で埋 […]