五反田コレクション第2弾 13[離]退院式

11/19(火)10:54
img

 2019年11月9日、DNP五反田ビルで開催された13[離]退院式。前回の感門之盟に引き続き、第二弾五反田コレクションをお届けします。

 

 BGMは、もちろんパティ・オースティンの「Kiss」。

 

 

史上初、特別賞二冠の山田細香さんは、松岡正剛校長がかつてファッションショーでモデルにもなった “Yohji Yamamoto”。

 

 ☞★千夜千冊 1719夜 アン・ホランダー 『性とスーツ』

 

 

退院を迎え晴れやかな藤田小百合さんがまとうのは情熱の赤!

絃燈院メンバーズ。津村直さん・穂積晴明さんはダークでシックに。中央・福田容子別番は、これぞ絃燈院の火元組、「燈火」がコンセプト。

田母神方師賞受賞の穂積晴明さんのテーマは「自戒」?! やり残した気持ちを次につなげようと、デザイナーである父から譲り受けたパンクアーティスト”ジェイミー・リード”のデザイン・ジャケットとともに。

火元組・山田小萩 半東は、「帯」をアクセントに。絃燈院の「燈」から「麦」を、逍応院の「逍応」から「葉」を連想。実り豊かな退院式になりますように!

典離受賞の逍応院 加藤めぐみさん。イシスといえば月の女神、大きな「月」のピアスで遊び心を演出。

 

 ☞★千夜千冊 1081夜 山下主一郎 『イメージ連想の文化誌』

 

 

絃燈院 遠藤政城さんは、恋愛をテーマに展開するブランド “nisai” で。固定されない人間関係のように変化していく服にインタースコアを感じ、この日にチョイス。

千離衆・桂大介師範(写真右)。松岡正剛校長が舞台に登場する直前、セレモニー最後の文巻朗読を担当、グレーでシックに、ロングスカート?! で登壇。

人形師、着物デザイン、アートディレクターと多元的な姿をみせるジュサブローの着物で魅せる逍応院 秋山珠里さん。

 

 ☞★千夜千冊 1310夜 佐々木幹郎/写真・大西成明 『人形記 日本人の遠い夢』

 

 

 

司会の大役をつとめた絃燈院 寺田充宏 右筆。炎のチーフに、ト音記号のカフスは絃燈院のシソーラス。連想から広がるオシャレ・アイテムたち。

 

 


  • 上杉公志

    編集的先達:パウル・ヒンデミット。前衛音楽の作編曲家で、感門のBGMも手がける。誠実が服をきたような人柄でMr.Honestyと呼ばれる。イシスを代表する細マッチョでトライアスロン出場を目指す。