六十四編集技法 【01収集(collect)】皿の上に集められたもの

01/01(水)18:52
img

 

 イシス編集学校には「六十四編集技法」という一覧がある。ここには認識や思考、記憶や表現のしかたなど、私たちが毎日アタマの中で行っている編集方法が網羅されている。それを一つずつ取り上げて、日々の暮らしに落とし込んで紹介したい。

 

 

 「8月の始めに売り切れやって。間に合わんかった」。報告する知人は口惜しそうだ。夏の盛りに売り切れたのはチケットではない。氷菓や気の早い秋の味覚でもない。高知のお正月の定番「皿鉢料理」である。

 

 五穀豊穣に感謝する神事から生まれた同様の盛り鉢料理は、明治中期までは全国各地に見られた。多くの地域で自然消滅したが、高知には残り、冠婚葬祭に欠かせない存在である。一昔前は家庭や集落のおかみさん達が手作りしていたが、今は仕出し屋が運んでくる。生活スタイルの変化とともに作り手はかわっても、地元の人は親しみを込めて「さわち」と呼ぶ。

 

 海の幸、山の幸、川の幸など故郷の自然が恵んでくれる全てが盛られた皿鉢料理は、64技法の【01収集(collect):種類を限定して広く集める】の極みである。

 

 盛り込みと呼ばれる最もポピュラーなものは、酢の物や巻きずし、からあげ、てんぷらに魚の煮つけ等々に羊羹までが直径30〜50cmほどの大皿にのっている。フルコースなら前菜からデザートまでが一つところに豪快に詰め込まれている。

 

 収集されているのは食材や料理だけではない。

 

 懐石やコース料理とは異なり、皿鉢料理は一度作って宴卓に置けば給仕の必要がない。多少の人数の変動にも柔軟に対応でき、一皿で軽く4〜5人の胃袋を満たすことができる。難しい約束事もない。年寄りから子どもまで、各自で席を確保し、好きなものを各々勝手に取り分ける。これで、忙しい女性たちも共に宴席につくことができる。土地の人の知恵と工夫が皿の上に収集されているのだ。

 

 人生の節目節目に座に連なったもの同士、よく食べ、よく飲み、よく語る。悲しみも喜びも共に一つの皿を分け合っていただく。さわちには土佐の編集が今日も脈うち、変化を続けている。

 

(design 穂積晴明)

 


  • しみずみなこ

    編集的先達:宮尾登美子。さわやかな土佐っぽ、男前なロマンチストの花伝師範。ピラティスでインナーマッスルを鍛えたり、一昼夜歩き続ける大会で40キロを踏破したりする身体派でもある。感門司会もつとめた。

  • 六十四編集技法【30相似(similarity)】決め技は“守り”です

    イシス編集学校には「六十四編集技法」という一覧がある。ここには認識や思考、記憶や表現のしかたなど、私たちが毎日アタマの中で行っている編集方法が網羅されている。それを一つずつ取り上げて、日々の暮らしに落とし込ん で紹介し […]

  • 六十四編集技法 【46測度(metric)】数字は全てを語れない

    イシス編集学校には「六十四編集技法」という一覧がある。ここには認識や思考、記憶や表現のしかたなど、私たちが毎日アタマの中で行っている編集方法が網羅されている。それを一つずつ取り上げて、日々の暮らしに落とし込んで紹介した […]

  • 六十四編集技法【08凝縮】線路の先の余白

    「六十四編集技法」という方法一覧がイシス編集学校にある。そこには認識 や思考から記憶や表現のしかたまで、私たちが日夜アタマの中で繰り返し使っ ている技法が並んでいる。それらを一つずつ取り上げて、日々の暮らしがいか に […]

  • 六十四編集技法【02選択】みんな違っているワケ

    「六十四編集技法」という方法一覧がイシス編集学校にある。そこには認識や思考から記憶や表現のしかたまで、私たちが日夜アタマの中で繰り返し使っている技法が並んでいる。それらを一つずつ取り上げて、日々の暮らしがいかに編集に彩 […]

  • 大感門の大仕事 イシスのミノリ(第29回感門之盟)

    胸元の稲穂が揺れていた。2011年9月3日、第29回感門之盟のテーマは、再生と豊穣へのイノリを込めた「イシスのミノリ」。ZEST恵比寿の舞台からエジプト神話の女神イシスが卒門、突破、放伝、韻去、退院を迎える参加者を見守 […]