十一綴冠綴賞は阪本裕一 おもかげ二万里文叢

2019/08/06(火)21:47 img
img

 [遊]物語講座十一綴の冠綴賞は、おもかげ二万里文叢の阪本裕一さんが受賞した。2月23日に開催された感話集では、松岡正剛校長が『記憶よ、語れ――自伝再訪』(ウラジーミル・ナボコフ)を贈呈した。

 

 窯変落語賞、窯変幼なごころ賞のトリプル受賞だ。スピーチでは「落語は自分としてしっかりやりたくて、50作読んで研究しました。妻に目を通してもらった時にはおもしろくないと言われることもありましたが……」と語り、会場を沸かせた。

 

 その他の賞は以下の通り。

 

 ◇窯変ミステリー賞 火の鳥シンデレラ文叢・石丸栄一さん ◇トリガー賞 蹴りたい火花文叢・浦澤美穂さん ◇編伝賞 火の鳥シンデレラ文叢・山田小萩さん


  • 松井 路代

    編集的先達:中島敦。2007年生の長男と独自のホームエデュケーション。オペラ好きの夫、小学生の娘と奈良在住の主婦。離では典離、物語講座では冠綴賞というイシスの二冠王。野望は子ども編集学校と小説家デビュー。

  • 新企画【冊師が聞く01】妻と娘と仕事と読書(松井路代)

    多読ジムの名物冊師が”気になる読衆”にずばりインタビューする新企画「冊師が聞く」。 第一回のインタビュアーは「編集かあさん」でもおなじみの”まつみち”こと松井路代冊師(スタ […]

  • 編集かあさん家の『情報の歴史21』

    「子どもにこそ編集を!」 イシス編集学校の宿願をともにする編集かあさん(たまにとうさん)たちが、 「編集×子ども」「編集×子育て」を我が子を間近にした視点から語る。 子ども編集ワークの蔵出しから、子育てお悩みQ&Aまで。 […]

  • 【三冊筋プレス】文明を超える方法としての非人情(松井路代)

    向こう三軒両隣  「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい」。  漱石の『草枕』の、有名すぎる冒頭だ。しかし私がもっと頷いたのはその続きである。 「人の世を作ったものは神 […]

  • 編集かあさん トマトの種まき

    「子どもにこそ編集を!」 イシス編集学校の宿願をともにする編集かあさん(たまにとうさん)たちが、 「編集×子ども」「編集×子育て」を我が子を間近にした視点から語る。 子ども編集ワークの蔵出しから、子育てお悩みQ&Aまで。 […]

  • 編集はとまらない。「エディットツアー@おやこ」のその後

    あきらくん、けいすけくん、まみちゃん、ごうくん、ももこちゃん、しおりちゃん、わこちゃん、たまきちゃん、いとかちゃん、みちちゃん。  4月3日のエディットツアー@おやこに参加した子ども達は、赤ちゃんから小学4年生まで10 […]