12[綴]蒐譚場 物語をめぐる10ページ

2019/11/26(火)12:49
img

 蒐譚場と書いてシュータンバと読む。[破]の先にある講座ではリアル稽古を行うのがお決まりだ。[花]では入伝式、[離]では表沙汰、[風韻]は仄明書屋、そして[物語]講座は蒐譚場。

 

 2019年11月16日(土)、叢衆、師範代、師範が本楼に集い、9時間半に渡って、物語を読み、物語を語り、物語を編んだ。蒐譚場から10シーンをお届けする。

 

 

「12綴、一回りして元に戻ってきました」

今期からお題の順番が物語講座創成期と同じになった。

明治学院大学でも非常勤講師として教鞭を執る赤羽卓美綴師から挨拶。

 

師範たちから自己紹介と共にメッセージが贈られる。

(左から)

10綴で叢衆だった森井一徳は、今期初の文叢師範として稽古を見守る。

「編伝1910」のリアル稽古を担当した大ベテラン 小濱有紀子師範。

最近、自身の稽古としてピアノを再び弾き始めたと明かしたのは福澤美穂子師範。

10月から大連に赴任している前原章秀師範は今日のために帰日。

 

師範代のナビによる叢衆たちの紹介。

北海道在住の岩野範昭師範代。北の国を思わせる物語を書いた叢衆に共感を覚える。

 

奈良在住で遊刊エディストでも活躍中の松井路代師範代。

 

43[破]師範代から続けて物語講座の初師範代を務める猿子修司師範代。

 

本茶会のために設えられた茶室「半想庵」に並べられた1910年関連の本たち。

 

師範・師範代のナビのもとグループワークを行う。

文叢を超えて入り混じり「編伝1910」のリアル稽古を行う。人と交わし合うことは、エディティング・モデルの交換である。

 

蒐譚場のワークショップでは同じ文叢の仲間と文叢名に肖った物語をつくる。

グループワークで出来上がった作品を発表する叢衆。

 

リアル稽古を終えたあと、ブビンガ上にディナーの品々が並べられた。

今日のメニューはキッシュ、ハーブチキン、海老とブロッコリーのサラダ、フレッシュ野菜のマリネ、そしてバケットと紅茶。

 

プログラムの最後は校長校話。

「編伝1910」の手がかりにしてほしいと1709夜『パンとペン』と794夜『ナンシー・キュナード』をあわせ読み。

 

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • 1000記事間近! 切り番ゲッターは誰だ?!

    あれから525日が経ちました。遊刊エディストがオープンしたのは2019年9月3日のこと。この1年5ヶ月、毎日記事を更新しています。公開記事も970を超えて、ついに1000間近となってきました。来るべき1000記事目はど […]

  • 『江戸問答』帯撮影の裏側 10shot

    『日本問答』から三年。松岡正剛校長と田中優子先生の『江戸問答』(岩波新書)がついに刊行された。本は31ページ増え、1ミリ厚くなった。帯は1.7センチ高くなり、帯文字は横書きから縦書きになった。松岡校長は腕組みの時に左腕 […]

  • 史上初 松岡火元校長オンライン講評会14[離] 10shot

    [離]史上初。第4週のあるお題に対して、松岡火元校長が離学衆一人一人にオンラインで直接講評するという。これは千離衆であれば「そんな贅沢なことを!」と指を咥えて羨ましがる大事件である。門外不出の[離]カリキュラムの一部の […]

  • 松岡正剛、初詣と3つのヒント 10shot

    2021年の10shotは初詣からはじめます。  「あけましておめでとうございます」1月5日 11:00AM 寒空の下、新年の挨拶を交わす。一行が向かうのは吉田松陰が眠る松陰神社。   豪徳寺から世田谷線に乗 […]

  • 三日間の物語 10shot Clip 13[物語]蒐譚場・45[破]46[守]伝習座

    物語というのは、ある生理的な人間の生き方、暮らし方の中でどうしても最低必要な函、パッケージ、フレームだろうと僕は確信しています。認知科学的にも、文化史的にも、様々な表象の歴史にとっても物語ほど重要なフレームはない。   […]