12[綴]蒐譚場 物語をめぐる10ページ

2019/11/26(火)12:49
img

 蒐譚場と書いてシュータンバと読む。[破]の先にある講座ではリアル稽古を行うのがお決まりだ。[花]では入伝式、[離]では表沙汰、[風韻]は仄明書屋、そして[物語]講座は蒐譚場。

 

 2019年11月16日(土)、叢衆、師範代、師範が本楼に集い、9時間半に渡って、物語を読み、物語を語り、物語を編んだ。蒐譚場から10シーンをお届けする。

 

 

「12綴、一回りして元に戻ってきました」

今期からお題の順番が物語講座創成期と同じになった。

明治学院大学でも非常勤講師として教鞭を執る赤羽卓美綴師から挨拶。

 

師範たちから自己紹介と共にメッセージが贈られる。

(左から)

10綴で叢衆だった森井一徳は、今期初の文叢師範として稽古を見守る。

「編伝1910」のリアル稽古を担当した大ベテラン 小濱有紀子師範。

最近、自身の稽古としてピアノを再び弾き始めたと明かしたのは福澤美穂子師範。

10月から大連に赴任している前原章秀師範は今日のために帰日。

 

師範代のナビによる叢衆たちの紹介。

北海道在住の岩野範昭師範代。北の国を思わせる物語を書いた叢衆に共感を覚える。

 

奈良在住で遊刊エディストでも活躍中の松井路代師範代。

 

43[破]師範代から続けて物語講座の初師範代を務める猿子修司師範代。

 

本茶会のために設えられた茶室「半想庵」に並べられた1910年関連の本たち。

 

師範・師範代のナビのもとグループワークを行う。

文叢を超えて入り混じり「編伝1910」のリアル稽古を行う。人と交わし合うことは、エディティング・モデルの交換である。

 

蒐譚場のワークショップでは同じ文叢の仲間と文叢名に肖った物語をつくる。

グループワークで出来上がった作品を発表する叢衆。

 

リアル稽古を終えたあと、ブビンガ上にディナーの品々が並べられた。

今日のメニューはキッシュ、ハーブチキン、海老とブロッコリーのサラダ、フレッシュ野菜のマリネ、そしてバケットと紅茶。

 

プログラムの最後は校長校話。

「編伝1910」の手がかりにしてほしいと1709夜『パンとペン』と794夜『ナンシー・キュナード』をあわせ読み。

 

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • 初雪のゴートクジ 2022年初詣 10shot

    初雪にして都心では積雪10cmを超えた2022年1月6日。都内での降雪は2年ぶりだという。ゴートクジISIS館の年始会は「天から送られた手紙」とともにはじまった。  カメラを抱えながら伴走した年始会。2022年の10s […]

  • エディスト・クロニクル2021 #03 ウチとソトを飛び越えて

    緊急事態宣言が全国的に解除され、師範代が1年半ぶりに本楼伝習座に帰ってきた。師範からの叱咤激励も、同期同士との励まし合いも、リアルで味わうのが初めての師範代にとってはリアル伝習座は大事件となった。  師範代がホームに戻 […]

  • 書くとは全部を出す覚悟 多読SP「大澤真幸を読む」読了式 10shot

    申込開始後、即満席となった多読ジムスペシャルコース「大澤真幸を読む」。『〈世界史〉の哲学』(講談社)を通して”大澤真幸”と交際し、稽古をやり遂げた読衆たちが本楼に集い、12月19日読了式が開催さ […]

  • エディスト・クロニクル2021 #02 真夏の知祭り

    「千夜千冊エディション20冊突破記念フェア」がはじまった。全国津々浦々、編集学校の有志が奔走し本の祭典を繰り広げる。有志たちは店舗でのフェア実施のみならず自ら記者ともなり、フォトレポート執筆までを担う。遊刊エディスト誌 […]

  • エディスト・クロニクル2021 #01 ジョーレキ誕生!

    本日より2021年のエディスト・クロニクルを3回にわけて公開します。前半は「エディスト・クロニクル」、後半は「エディストたちに聞く2021ハイライト」です。ゆく年くる年を思いながらどうか良いお年をお迎えください。 &n […]