松岡校長が学匠に託したいもの 47[守]46[破]伝習座 20shot

2021/03/30(火)23:12
img

▼同時進行する守破パラレルワールド

時同じくして開始した47[守]、46[破]伝習座。[守]が集う1階本楼では生まれたばかりの教室名とともに大海に漕ぎ出そうとする師範代に向けて「これでもか!」と指導陣が背中を押す。インプットは過剰すぎるくらいでちょうどいい。スクリーンに並んだ小窓に映る師範代たちは師範の言葉を一言一句聞き漏らすまいと真剣な表情でペンを走らせる。

2階学林堂で行われた[破]伝習座では、ISIS編集学校[破]CM(制作:林朝恵師範)がオープニングを飾り、松岡正剛校長の執筆姿が映し出されると一気に空気がピンと張る。オンラインで参加する10人の師範代を、10人の指導陣がカメラ越しに迎え、じっくりと共読を深めていった。

小気味よい進行の[守]フライヤー発表で口火を切る吉村堅樹林頭と若林牧子師範。お揃いのオレンジを纏って。

最新千夜フェチ三夜で用法1を高速講義する[守]新師範・梅澤光由。インテレクチュアル溢れる熱情的な語りで鮮烈の師範デビュー。

自ら手を挙げ数学と用法2を重ね、圏論を軸に講義に挑む中村麻人[守]師範。

恒例の[守]フライヤー発表は、お手前、芝居、ギター演奏etc.これまでになく多芸多彩。写真はフライヤーが好評だったジャイキリ魔球教室・柳瀬浩之師範代。

少し緊張の面持ちで並ぶ[破]新師範の天野陽子、新井陽大。先の感門之盟でも晴れ舞台に華を添え、今回大抜擢。

扇情的な[守]講義の対岸では野嶋真帆[破]番匠がジャコメッティの50グラムの勇気(500夜)を師範代と読む。

堂々たる語りでクロニクル編集術を解説する歌人・天野陽子[破]師範。

いよいよ『情報の歴史21』刊行![破]学衆は一冊お手元にご用意を。「例示は3つ」「定点観測の耳たぶ」編集し尽くされた超部分を堪能すべし。

▼技能炸裂・編集イケメン

画面という四角いフレームの前で持ち合わせた技能を発揮し"魅せた"男たちがいた。左から教室名をギターで奏でるカンテ・ホンド教室の西宮牧人[守]師範代。見る者皆が息を飲む刀の所作をもって編集工学する渡辺恒久[守]師範。一切無駄のない動きで時間を司るフロアDに着替えた中村まさとし[破]評匠。

▼支度天と知文本

実際の指南や運営に落とし込み、師範代の足元を照らす[守]指導陣。知文術の課題本をもって師範の読みを打ち出す[破]。用意なくして卒意なし。開講までに用意をし尽くせるよう師範たちがこれまでに"読んで"来たことをステップストーンとして置いていく。

上から[守]新師範の三國紹恵、齋藤幸三。対話式で交わし合う武田英裕師範、三津田恵子師範、井ノ上裕二師範。

上から[破]新師範 齋藤成憲、本の語り部といえばこの人 植田フサ子評匠、イシスきっての読書家 北原ひでお師範。

▼新たなロールモデル誕生

編集学校で起こっていることは世界のニュースに匹敵する。エディスト編集部ライターが講座のエディスト番記者として立つ。[守]には上杉公志、[破]には梅澤奈央が抜擢され4ヶ月をともに激走する。

▼学匠に託したいもの

松岡校長たっての希望で両学匠との鼎談で1日が締め括られる。二代目学匠を拝命した時の思い、先代学匠・冨澤陽一郎と木村久美子に校長が託してきたもの、先達文庫が選ばれるまでのプロセスなど、校長と学匠というロールだからこそ見える編集学校の来し方行く末を交わし合う。

「師範も師範代もみんなやりたがっていることが見えてきた」[守]学匠 鈴木康代

「校長が人を紹介するときの言葉の豊かさをまねびたい」[破]学匠 原田淳子

「あるところに差し掛かったときにその名前でしか呼べないものにしておく。そこに編集力を傾注してきた」これからは守や破で起きたことから生まれる新しい言葉や名前を学匠がつけていって欲しいと松岡校長は二人に望みを託す。拍手をもって伝習座が終演する中、目の前の師範・師範代たちの心にも静かに火が灯っていった。

 

◇◇◇

 

第157回伝習座

2021年3月27日(土)

●47[守]

学匠:鈴木康代

番匠:石井梨香、景山和浩

輪匠:大武美和子

師範:井ノ上裕二、梅澤光由、齋藤幸三、武田英裕、中村麻人、三國紹恵、三津田恵子、吉居奈々、若林牧子、渡辺恒久

番記者:上杉公志

 

●46[破]

学匠:原田淳子

番匠:野嶋真帆

評匠:植田フサ子、小路千広、中村まさとし

師範:天野陽子、新井陽大、北原ひでお、齋藤成憲、福田容子

番記者:梅澤奈央

 

校長:松岡正剛

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • 1000記事間近! 切り番ゲッターは誰だ?!

    あれから525日が経ちました。遊刊エディストがオープンしたのは2019年9月3日のこと。この1年5ヶ月、毎日記事を更新しています。公開記事も970を超えて、ついに1000間近となってきました。来るべき1000記事目はど […]

  • 『江戸問答』帯撮影の裏側 10shot

    『日本問答』から三年。松岡正剛校長と田中優子先生の『江戸問答』(岩波新書)がついに刊行された。本は31ページ増え、1ミリ厚くなった。帯は1.7センチ高くなり、帯文字は横書きから縦書きになった。松岡校長は腕組みの時に左腕 […]

  • 史上初 松岡火元校長オンライン講評会14[離] 10shot

    [離]史上初。第4週のあるお題に対して、松岡火元校長が離学衆一人一人にオンラインで直接講評するという。これは千離衆であれば「そんな贅沢なことを!」と指を咥えて羨ましがる大事件である。門外不出の[離]カリキュラムの一部の […]

  • 松岡正剛、初詣と3つのヒント 10shot

    2021年の10shotは初詣からはじめます。  「あけましておめでとうございます」1月5日 11:00AM 寒空の下、新年の挨拶を交わす。一行が向かうのは吉田松陰が眠る松陰神社。   豪徳寺から世田谷線に乗 […]

  • 三日間の物語 10shot Clip 13[物語]蒐譚場・45[破]46[守]伝習座

    物語というのは、ある生理的な人間の生き方、暮らし方の中でどうしても最低必要な函、パッケージ、フレームだろうと僕は確信しています。認知科学的にも、文化史的にも、様々な表象の歴史にとっても物語ほど重要なフレームはない。   […]