夕星輝く仄明書屋 風韻講座10shot

07/09(木)12:42
img

 温泉と呼ばれる唯一の講座 風韻講座。しかし、稽古は決して楽ではない。見立ての由来は俳句、短歌、都都逸など日本の定型詩を詠んでいくことで温泉に浸かっているかのように何かが解きほぐれていく感覚からきているのかもしれない。

 

◇◇◇◇

 

 七月四日に行われた十八座夕星座のオンライン仄明書屋の風景を10ショットでお届けします。まずはしつらい篇です。

 

芭蕉も子規も詠んだ紫陽花(本楼植物図鑑い)

紫陽花は初夏の季語。「あじさいの庭まで泣きにいきました」と詠んだのは小6の少女(362夜

 

笹の葉に香を焚く(本楼植物図鑑ろ)

2007年冬に開講した風韻講座。第一座の座名は「小笹座」(正式名称:ささゆきは小笹の雪のほのあかり座)であった。座名は小池純代宗匠が名付ける。

 

夕暮れに伸びる影の葉(本楼植物図鑑は)

照度を落とすと本楼には夕暮れが訪れる。離れ難き懐かしさは夕方の下校時のよう。

 

 

梅園雅族苔桃の酒

入手困難な小池宗匠の著書。その一端を味わいたい方は昨年刊行された『北村薫のうた合わせ百人一首』(新潮文庫)を手に取ってみてください。

 

京都の老舗のちまきが並ぶ

500年の歴史をもつ京都の老舗川端道喜のちまき。連句を詠むためのEdit Cafeラウンジ「ちまき星」に肖って。

 

金平糖の天の川

「ちまき星」の星は金平糖が担当する。画面越しの連衆も「おやつは金平糖」。

 

全宇宙誌が羽根を広げて

昨年の風韻講座期間中には『ことば漬』と『万葉集の詩性 令和時代の心を読む』(角川新書)が刊行され稽古の追い風となった。夕星座には『宇宙と素粒子』が寄り添う。1979年に出版された『全宇宙誌』とともに。

 

淡い着物に遊を背にして

風韻の世界を醸成するのは指導陣の着物姿。夕星の如く光るライト。掛けられた〈遊〉の書。

 

仄明るくて閑かな書屋

本楼の空間が言葉の器となる。連衆の言葉が入って出ていき、また入ってくる。ただただ楽しかった、でもやっぱり会いたかったという画面越しの思いがほんのりと残る。

 

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • 館長 松岡正剛 角川武蔵野ミュージアムプレオープンの1日 10shot

    キャッチフレーズは「吹き出しがいっぱいあるミュージアム」。 8月1日(土)、松岡正剛が館長を務める角川武蔵野ミュージアム(埼玉県所沢市)がついに一部公開となった。プレオープンセレモニーの1日を10shotでお届けします。 […]

  • 遊刊エディスト プチリニューアルしました

    松岡正剛も毎日熱心に読んでいるという遊刊エディスト。開設から10カ月が経ち、日々公開してきた記事も600本を超えました。一見すると何も変わっていない遊刊エディストですが、この度ちょこっとだけリニューアルしました。 &n […]

  • 言葉には広大な宇宙がある 風韻講座10shot その2

    158年前の7月4日、ルイス・キャロルはイギリスの川辺で少女アリス・リデルに即興の物語を聞かせていた。3年後に出版されることになる『不思議の国のアリス』のこと。それから158年後の7月4日、金平糖の天の川が流れる本楼ス […]

  • 松岡校長が初インタビューに選んだお相手は? 45[守]伝習座10shot

    「鈴木康代劇場」と銘打って、45[守]の2回目伝習座が6月6日(土)に行われた。2回目といっても今季は初の「1.5回目」があったから実際は3回目だ。オンライン伝習座の回数を重ねてきたイシススタジオにも季節の香りが立ち込 […]

  • 破るためのイニシエーション 44[破]伝習座10shot

    ブレークとは破壊ではない、トランスフォームである。破るとは何か、そのためにはどのような状態に持っていかないといけないのか。  セイゴオ知文術を経て、44[破]は後半へと突き進んでいる。ブレークするためのイニシエーション […]