三日間の物語 10shot Clip 13[物語]蒐譚場・45[破]46[守]伝習座

2020/12/31(木)07:07
img

 物語というのは、ある生理的な人間の生き方、暮らし方の中でどうしても最低必要な函、パッケージ、フレームだろうと僕は確信しています。認知科学的にも、文化史的にも、様々な表象の歴史にとっても物語ほど重要なフレームはない。

 物語講座 第13綴 蒐譚場 校長講義

 

 

 「ねえねえ、おかあさん、わたしね、きょう、○○ちゃんとね」幼い子が母親に語りかける。その時に物語回路が脳に装着されたんだろうと思っている。以来その人は物語で経験や恐怖や喜びを語るようになる。物語講座蒐譚場にて『物語の函』を片手に松岡校長は講義をはじめた。

 

 この一年、本楼で行われた[守][破]伝習座に師範代の姿はなかった。[花]入伝式に花伝生もいなかったし、[物語]蒐譚場も叢衆はオンライン参加となった。原田淳子[破]学匠からの「師範代を撮って欲しい」というリクエストに応えられなかったのが心残りの一つである。

 千夜千冊エディション『物語の函』と『方法文学』を基層として、11月から12月にかけて実施された蒐譚場と[守][破]伝習座。裏谷恵子師範代(13[物語])は叢衆を登場人物に見立て文叢物語の語り部となり、福田容子師範(45[破])は師範代たちの発言を場ごと引き受け、”破の指南”を背中で示した。本楼を二つに分かつブビンガを挟み、中村麻人師範と武田英裕師範(46[守])は用法解説で師範代を高次へと導いた。

 

 講座というワールドモデルの中で語る相手を想定し、オンライン越しに指導陣は叢衆や師範代たちに物語回路をもって語りかける。

 

 

 3週連続で行われた3日間の物語を10shot Clipとしてプレイバックします。

 

    

 

物語講座 第13綴 蒐譚場 2020年11月21日

綴師:赤羽卓美

創師:小濱有紀子

師範:福澤美穂子、森井一徳、小路千広

師範代:裏谷恵子、猿子修司、阪本裕一

月匠:木村久美子

 

45[破] 伝習座2 2020年11月28日

学匠:原田淳子

番匠:相部礼子

評匠:関富夫、中村まさとし、植田フサ子

師範:野嶋真帆、福田容子、北原ひでお、大場健太郎、井田昌彦

 

46[守] 伝習座2 2020年12月5日

学匠:鈴木康代

番匠:景山和浩、石井梨香

輪匠:大武美和子

師範:渡辺恒久、井ノ上裕二、山根尚子、江野澤由美、若林牧子、中村麻人、武田英裕、三津田恵子

 

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • 初雪のゴートクジ 2022年初詣 10shot

    初雪にして都心では積雪10cmを超えた2022年1月6日。都内での降雪は2年ぶりだという。ゴートクジISIS館の年始会は「天から送られた手紙」とともにはじまった。  カメラを抱えながら伴走した年始会。2022年の10s […]

  • エディスト・クロニクル2021 #03 ウチとソトを飛び越えて

    緊急事態宣言が全国的に解除され、師範代が1年半ぶりに本楼伝習座に帰ってきた。師範からの叱咤激励も、同期同士との励まし合いも、リアルで味わうのが初めての師範代にとってはリアル伝習座は大事件となった。  師範代がホームに戻 […]

  • 書くとは全部を出す覚悟 多読SP「大澤真幸を読む」読了式 10shot

    申込開始後、即満席となった多読ジムスペシャルコース「大澤真幸を読む」。『〈世界史〉の哲学』(講談社)を通して”大澤真幸”と交際し、稽古をやり遂げた読衆たちが本楼に集い、12月19日読了式が開催さ […]

  • エディスト・クロニクル2021 #02 真夏の知祭り

    「千夜千冊エディション20冊突破記念フェア」がはじまった。全国津々浦々、編集学校の有志が奔走し本の祭典を繰り広げる。有志たちは店舗でのフェア実施のみならず自ら記者ともなり、フォトレポート執筆までを担う。遊刊エディスト誌 […]

  • エディスト・クロニクル2021 #01 ジョーレキ誕生!

    本日より2021年のエディスト・クロニクルを3回にわけて公開します。前半は「エディスト・クロニクル」、後半は「エディストたちに聞く2021ハイライト」です。ゆく年くる年を思いながらどうか良いお年をお迎えください。 &n […]