初雪のゴートクジ 2022年初詣 10shot

2022/01/10(月)08:30 img
img

 初雪にして都心では積雪10cmを超えた2022年1月6日。都内での降雪は2年ぶりだという。ゴートクジISIS館の年始会は「天から送られた手紙」とともにはじまった。

 カメラを抱えながら伴走した年始会。2022年の10shot、はじめます。

 

防寒対策をばっちりして、編集工学研究所・松岡正剛事務所の一行は松陰神社へ初詣参拝。

 

参拝のあと、境内の松下村塾をめぐる校長松岡正剛。新年はマントコートに帽子、手袋まで黒で揃えたコーディネート。雪は瞬く間に激しくなり、帽子に小さく積もる。

初詣を終えて、一行は松陰神社商店街で昼休憩をとりながら豪徳寺へ。

 

淡雪が降るISIS館。周辺の木々は雪帽子を被っている。1月6日は奇遇にも良寛の命日(1831年)でもあった。都心で積雪10cmといえば大雪だが、越後の淡雪はきっとこんなものではないだろう。

 

午後の部は「肖册会(shosatsue)」と題し、2022年に肖りたい1冊の本を通じて各々新年の抱負を語り合う。進行を務めるのは「新春オツ千スペシャル」にゲスト登場し、話題となった千夜千冊編集長・寺平賢司(右)と千冊小僧ことデザイナー穂積晴明(左)。息のあったコンビで場を取り仕切る。

 

デザイナー穂積の選んだ1冊は「文明や民族など大きなものをデザインしたい」と『夜ノ書 エットレ・ソットサス自伝』(エットレ・ソットサス/鹿島出版会)をあげた。

 

新春からオツ千スペシャルで「スナック談義」を繰り広げた遊刊エディスト編集長 吉村堅樹の1冊は『サド,フーリエ,ロヨラ』(ロラン・バルト/みすず書房)。「常識的な共通言語から新たな言語体系を設立した三人」をISIS編集学校と重ねながら読む。そう、ISIS編集学校も新たな言語体系を築いているのである。

 

総勢21名の選書はこちら。ジョージア・オキーフからレオ・レオーニ、デヴィッド・ボウイまで顔を揃える。

 

21冊分の抱負を受けて、最後に松岡校長から新しい一年に向けてアドバイスを贈る。「スキルアップは思い切った変換をしないと起こらない」そのためのヒントをいくつかに分けながらお年玉としてたっぷりスタッフに手渡していく。

 

年始会が終わった頃にはすっかり日も落ち、ISIS館の扉を開けて外に出ると豪徳寺の夜は銀世界となっていた。新雪をサクサクと踏みながら豪徳寺駅に向かう。駅前の郵便ポストの上には小さな雪だるまが並んでいた。

 

◇関連記事「NEWS 2022年あけまして、イシス館は恒例の年始会から蠢動


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • エディスト・クロニクル2021 #03 ウチとソトを飛び越えて

    緊急事態宣言が全国的に解除され、師範代が1年半ぶりに本楼伝習座に帰ってきた。師範からの叱咤激励も、同期同士との励まし合いも、リアルで味わうのが初めての師範代にとってはリアル伝習座は大事件となった。  師範代がホームに戻 […]

  • 書くとは全部を出す覚悟 多読SP「大澤真幸を読む」読了式 10shot

    申込開始後、即満席となった多読ジムスペシャルコース「大澤真幸を読む」。『〈世界史〉の哲学』(講談社)を通して”大澤真幸”と交際し、稽古をやり遂げた読衆たちが本楼に集い、12月19日読了式が開催さ […]

  • エディスト・クロニクル2021 #02 真夏の知祭り

    「千夜千冊エディション20冊突破記念フェア」がはじまった。全国津々浦々、編集学校の有志が奔走し本の祭典を繰り広げる。有志たちは店舗でのフェア実施のみならず自ら記者ともなり、フォトレポート執筆までを担う。遊刊エディスト誌 […]

  • エディスト・クロニクル2021 #01 ジョーレキ誕生!

    本日より2021年のエディスト・クロニクルを3回にわけて公開します。前半は「エディスト・クロニクル」、後半は「エディストたちに聞く2021ハイライト」です。ゆく年くる年を思いながらどうか良いお年をお迎えください。 &n […]

  • 想像力を使い切れ AIDA Season2 第1講 10shot

    DOMMUNEを2日間ジャックし、折り返し地点を迎えたHyper Editing Platform [AIDA] Season2。年明けからの後半戦を迎える前に、ここで改めて10月に開催された第1講をAIDAボードメン […]