42[破] 先達文庫 第70回感門之盟

09/24(火)23:01
img

 破は二階、守は一階。これは感門之盟会場の階数。

 破は二冊、守は一冊。こちらは先達文庫の冊数だ。

 

 第70回感門之盟の42[破]突破式では、原田淳子学匠が松岡校長から託された先達文庫を紹介。各師範代に手渡された。例えば、上原師範代には「芥川と寺山から寸鉄を磨いていってください」。梅澤師範代には「冒険とユーモアの同居を学んでください」。校長と学匠からのメッセージが込められた先達文庫二冊組のラインナップは以下の通り。

 

◆上原悦子 師範代  よりみちパンセ教室

 『侏儒の言葉』芥川龍之介/文春文庫

 『ポケットに名言を』寺山修司/角川文庫

 

◆大場健太郎 師範代 クラフト・クエリ教室

 『スロー・ラーナー』トマス・ピンチョン/ちくま文庫

 『競売ナンバー49の叫び』トマス・ピンチョン/ちくま文庫

 

◆梅澤奈央 師範代  はじかみレモン教室 

 『ファンタジーと言葉』アーシュラ・K.ル=グウィン/岩波現代文庫

 『所有せざる人々』アーシュラ・K.ル=グウィン/ハヤカワ文庫

 

◆重廣竜之 師範代  破顔四笑教室

 『二つの母国に生きて』ドナルド・キーン/朝日文庫 

 『日本人の質問』ドナルド・キーン/朝日文庫

 

◆後藤由加里 師範代 MMプリテンダー教室

 『夢の遠近法』山尾悠子/ちくま文庫

 『歪み真珠』山尾悠子/ちくま文庫

 

◆猿子修司 師範代  パラレル墨守教室

 『人称代名詞』野坂昭如/文春文庫

 『戦争童話集』野坂昭如/中公文庫

 

◆清水優年 師範代  脳交ハニカム教室 

 『文明崩壊』上・下 ジャレド・ダイアモンド/草思社文庫

 

◆平野しのぶ 師範代 発酵エピクロス教室

 『緑の家』上・下 バルガス=リョサ/岩波文庫

 

◆稲田早苗 師範代  空色オイコス教室 

 『田辺聖子の古典まんだら』上・下 田辺聖子/新潮文庫

 

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • 言葉には広大な宇宙がある 風韻講座10shot その2

    158年前の7月4日、ルイス・キャロルはイギリスの川辺で少女アリス・リデルに即興の物語を聞かせていた。3年後に出版されることになる『不思議の国のアリス』のこと。それから158年後の7月4日、金平糖の天の川が流れる本楼ス […]

  • 夕星輝く仄明書屋 風韻講座10shot

    温泉と呼ばれる唯一の講座 風韻講座。しかし、稽古は決して楽ではない。見立ての由来は俳句、短歌、都都逸など日本の定型詩を詠んでいくことで温泉に浸かっているかのように何かが解きほぐれていく感覚からきているのかもしれない。 […]

  • 松岡校長が初インタビューに選んだお相手は? 45[守]伝習座10shot

    「鈴木康代劇場」と銘打って、45[守]の2回目伝習座が6月6日(土)に行われた。2回目といっても今季は初の「1.5回目」があったから実際は3回目だ。オンライン伝習座の回数を重ねてきたイシススタジオにも季節の香りが立ち込 […]

  • 破るためのイニシエーション 44[破]伝習座10shot

    ブレークとは破壊ではない、トランスフォームである。破るとは何か、そのためにはどのような状態に持っていかないといけないのか。  セイゴオ知文術を経て、44[破]は後半へと突き進んでいる。ブレークするためのイニシエーション […]

  • 世阿弥に肖り 33[花]入伝式 10shot

    稽古は強かれ、情識はなかれ。実験するイシススタジオにも情識はないようだ。オンライン化に伴い33[花]は従来の入伝式を2回に分け、ガイダンスと入伝式を2週続けて行う。濃度を上げた入伝式当日の表と裏を10ショットでお届けす […]