45[守]リカちゃん・クッキング おやつ篇その2 宮川師範チームのポンカンで爽快

2020/06/03(水)15:00
img

イシスの講座は群で動いている。現在、45[守]講座には、21人の師範代と9人の師範がいる。師範1人と、2人ないし3人の師範代でチームを組み、チームラウンジでは日夜、相談、励まし、差し入れ、たまに息抜きの対話が交わされている。そこに時々、学匠や番匠も出入りする。

それぞれのチームには、世界にひとつだけの教室名や師範代のキャラクターに肖って、師範が名づけたネーミングがある。チーム名は指南の拠り所にもターゲットにも永遠のQにもなっていく。

45[守]の9チームはどんな名前なのか。師範のチーム名語りをよすがにクッキングで表した。レシピのポイントは、スーパーで買える材料ですぐにできること。

「おやつ篇」の2番手はチーム「水面くれセント」だ。


★チーム名「水面くれセント」
……………………………………………………………………………
  水面が光や風とともに「うつり」ゆく変化やゆらぎ、そこに
  映る「反転」した向こうのわたしにも出会いたい。そして、
  アーク(arc)の円弧のやわらかい包容力と優作の尖った武器
  が同時に表象されている「三日月型(クレセント)」。二つ
  の教室のもつ「らしさ」を合わせてみました。


     師範      宮川大輔
     反転アーク教室 三國紹恵師範代
     優作うつる教室 佐土原太志師範代

 

柑ぽんソーダ

  
佐土原師範代が住むは日向国。さわやか柑橘日向夏使用。ソーダの中でゆらいでいるのは、まろやかなはちみつ。ネーミングは宮川師範の得意技、ポンカン指南を反転させた。


●レシピ  

《柑ぽんソーダ》

[材料]
・はちみつ檸檬(はちみつでもOK) 大さじ1
・日向夏(ひゅうがなつ)     1/2玉
・炭酸水     250㏄

[ダンドリ]
1.日向夏は半分に切り、飾り付け分を残して果汁をしぼっておく。(果汁にタネが入ったら取り除く)
2.飾り付け分はくし形に切って、コップのふちを挟めるように皮の白いところに切り目を入れておく。
3.コップにはちみつ檸檬を入れる。
4.炭酸水を適量注ぐ。
5.飾り用の日向夏をコップのふちに飾る。

 

●師範の感想いただきました!

日向夏とはちみつの甘酸っぱさが疲れた頭と体をリフレッシュ!卒門へと向かう真夏の稽古。それを乗り切るチームと教室のエナジードリンクになりそうです。(宮川大輔師範)

 


  • 石井梨香

    編集的先達:須賀敦子。懐の深い包容力で、師範としては学匠を、九天玄氣組舵星連としては組長をサポートし続ける。子ども編集学校の師範代もつとめる律義なファンタジスト。趣味は三味線と街の探索。

  • 49[守] 感門表授与のアンソロジー【79感門】

    イシスの卒門式で一番の寿ぎを受けるのは師範代である。編集道を共にした師範から、ほぼ半年の歩みを凝縮した言葉と感門表が贈られる。感門表の向こうには49[守]に集った全学衆もいる。師範代が38題の番稽古を全うできたのは、学 […]

  • 稽古は楽しく、志は大きく-[守]エディットツアー開催レポート

    イシス編集学校は正解を求めない。いくとおりもの問いを立てながら、遊ぶように情報の動向を追いかける。情報の行き来を意識できれば時代の見え方も変わる。いまこそイシスの稽古を体験してほしい。「正解のない時代に効く」と題した[ […]

  • 泡立つ九天 其の三 ・ 発表!第1回Q・TENフォトコンテスト受賞作

    テキスト重視のイシス編集学校にさざ波を立てる企画が立ち上がった。九州支所・九天玄氣組(以下、九天)のアワード企画第ニ弾「Q・TENフォトコンテスト」だ。フォトコンテストと言っても撮影技術を競うことが目的ではない。お題を […]

  • 体験!正解のない時代に効く「編集力」ツアー開催

    イシス編集学校は、世界でひとつの方法の学校である。 「そこで何が手に入るのか?」と疑問に思ったなら、即エディットツアーに申し込むべし。 [守]選りすぐりの指導陣による、とっておきの編集体験が待っている。 ★49[守]受 […]

  • 層を重ねよ、目を開け―49[守]018番

    守の折り返し点、用法2最後のお題「層なんです」。2つの事象の「目盛り」を取り出し、重ね、混ぜ混ぜしながら新たな「目盛り」をつくるジャグリング風味のお題である。  2つのうち一つは「人の成長の目盛り」を使うというしばりが […]