あらわれる世相・あらわす決意 46守、世界の新発見へ

2021/01/07(木)10:30
img

「編集学校をみている方が世界がわかってくる」。松岡校長の言葉を実感するできごとが46[守]別院でも起こった。
2020年から2021年、年をまたいで別院では「年越し札納め」が行われた。初詣もままならない今年ならではの企画だ。
お題は、( )2020年・( )2021年、送る( )・迎える( )のふたつ。カッコの中を埋めて対句をつくるというもの。学衆、師範代、師範に学番輪匠から80枚の札が納められた。

そこには、COVID-19に煽られながらも蠢いた2020年と、矛盾を抱えたまま大きく踏み出す2021年が表れていた。  
2020年・2021年の札から象徴的なものを紹介する。
    
局所的な2020年・大局的な2021年
拓いた2020年・育む2021年
ひらく2020年・むすぶ2021年
耕起の2020年・播種の2021年
連綿キャンセル2020年・間断チャレンジ2021年
どうしよう 2020・こうしよう 2021
しどろ足の2020年・刻み足の2021年
逃げて追いかけた2020年・受けて立つ2021年
潜って2020年・抜けて2021年
忍苦の2020年・謳楽の2021年
眩ます2020年・彩なす2021年
新月の2020年・満月へ2021年
きづく2020年・すすむ2021年
沸々2020年・爛々2021年
番える2020年・放つ2021年
開放の2020年・解放の2021年
放流の2020年・貯水の2021年
座の2020年・機の2021年
澱みの2020年・流麗の2021年
グツグツの2020年・シュワシュワの2021年


46[守]別院は、学衆自らが立ち上げた喫茶店や本棚でにぎわっている。「学衆さん主導でこんなに別院が動いたことが、今まであっただろうか」。編集学校ロールを歴任した渡辺恒久師範がつぶやくほどだ。

1月6日には[守]最大の祭りである「番選ボードレール:即答!ミメロギア」が出題された。回答と指南を繰り返した果てに、どんな世界を見せてくれるのだろうか。ミメロギア番ボーの締め切りは1月11日(月)22時、爛々の46[守]に注目を。

 


  • 石井梨香

    編集的先達:須賀敦子。懐の深い包容力で、師範としては学匠を、九天玄氣組舵星連としては組長をサポートし続ける。子ども編集学校の師範代もつとめる律義なファンタジスト。趣味は三味線と街の探索。

  • 49[守] 感門表授与のアンソロジー【79感門】

    イシスの卒門式で一番の寿ぎを受けるのは師範代である。編集道を共にした師範から、ほぼ半年の歩みを凝縮した言葉と感門表が贈られる。感門表の向こうには49[守]に集った全学衆もいる。師範代が38題の番稽古を全うできたのは、学 […]

  • 稽古は楽しく、志は大きく-[守]エディットツアー開催レポート

    イシス編集学校は正解を求めない。いくとおりもの問いを立てながら、遊ぶように情報の動向を追いかける。情報の行き来を意識できれば時代の見え方も変わる。いまこそイシスの稽古を体験してほしい。「正解のない時代に効く」と題した[ […]

  • 泡立つ九天 其の三 ・ 発表!第1回Q・TENフォトコンテスト受賞作

    テキスト重視のイシス編集学校にさざ波を立てる企画が立ち上がった。九州支所・九天玄氣組(以下、九天)のアワード企画第ニ弾「Q・TENフォトコンテスト」だ。フォトコンテストと言っても撮影技術を競うことが目的ではない。お題を […]

  • 体験!正解のない時代に効く「編集力」ツアー開催

    イシス編集学校は、世界でひとつの方法の学校である。 「そこで何が手に入るのか?」と疑問に思ったなら、即エディットツアーに申し込むべし。 [守]選りすぐりの指導陣による、とっておきの編集体験が待っている。 ★49[守]受 […]

  • 層を重ねよ、目を開け―49[守]018番

    守の折り返し点、用法2最後のお題「層なんです」。2つの事象の「目盛り」を取り出し、重ね、混ぜ混ぜしながら新たな「目盛り」をつくるジャグリング風味のお題である。  2つのうち一つは「人の成長の目盛り」を使うというしばりが […]