師範代が帰ってきた!47[破]伝習座 10shot

2021/11/25(木)08:09
img

 ついに師範代が本楼に帰ってきた。およそ二年ぶりのことである。昨年春以降、伝習座はオンライン開催が常となり、師範代はいつも画面の向こう側にいた。(いや、厳密にいうとジャイアン角山祥道師範代だけは一度だけやってきた)リアルが久しぶりすぎたせいか、はたまた師範と師範代がお見合いのように向かい合っていたせいか、少しばかり畏まって47[破]伝習座2回目がはじまった。

 11月20日(土)当日は師範講義、編集ワーク、チームミーティングなど7時間をゆうに超える相互編集の1日であった。今回は「本当によくやっている。いい期になる」と[破]学匠にも言わしめる10人の師範代にフォーカスして10shotします。

 

「編集ターゲットと学習のメトリックのあいだでプロフィールをもっと広げていきたい」

オブザ・ベーション教室 稲垣景子 師範代

 

「もっと複雑に。学衆がわからなくなってそこから見つけていくことを見せていきたい」

現象印象表象教室 佐藤健太郎 師範代

 

「破は型を束ねて新しい関係を創造する稽古」

レディ・ガラ教室 長島順子 師範代

 

「新しい師範代のカタチを作る、もっと冒険していきたい」

万事セッケン教室 堀田幸義 師範代

 

「一題ずつ問感応答返ができてきている気がする」

アイドルそのママ教室 新井和奈 師範代

 

「学衆さんがいて、教室が成り立っている」

時たま音だま教室 細田陽子 師範代

 

「破稽古はすごく自由。方法的なところをどう学衆に意識してもらうか」

未知トポ教室 小桝裕己 師範代 

 

「プロフィールのところでゆらゆらしている。そこに焦りや不安があってもいい」

八客想亭教室 清水幸江 師範代

 

「知に対しての貪欲さをもっと露わにしていきたい」

泉カミーノ教室 山口イズミ 師範代

 

「方法によってどう見方を変えていけるか。学衆をどう唸らせていくか」

脈診カーソル教室 華岡晃生 師範代

 

 「守で稽古した編集術がこんなに使えるとは」「守と破の指南は言語が切り替わるくらい違う」など気づきや発見が多い反面、さまざまな課題に直面しながらも歯を食いしばって教室に立ち続けるのが師範代でもある。ともに肩を並べて伴走する師範もまた、かつての師範代であった。自分たちの経験や今みている教室、47[破]の10教室を入れ子状態で鳥瞰して、精一杯の激励を師範から師範代に手渡していく。

 「ネガティブ・ケイパビリティで宙吊り状態に耐えられるのがイシスの師範代である」丁寧に言葉を紡ぎながら学匠 原田淳子も師範代の背中を押して、後半戦に送り出した。

 

 伝習座2回目が終われば、いよいよ「いいね!」では終わらない知文AT賞の講評発表がやってくる。

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • ついに公開!セイゴオ本が動画になる「册影帖」制作裏舞台 10shot

    「人間は悲しい。率直にいえば、それだけでつきる。」と長谷川時雨はいう。だとしたら、悲しさの断片から何かを発現させたっていいじゃないかという気持ちにもなろう。そんな気持ちに寄り添うかのように今期47[破]よりセイゴオ知文 […]

  • ISIS 20周年師範代リレー [第42期網口渓太 令和のイシス的バーチャルアイドル]

    2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。   ◇◇◇ 「平成最後の○○」と […]

  • 美容師モトカ、松岡正剛をカットする。本楼美容室 遅ればせの10shot

    なんだか騒がしい一週間だ。深谷もと佳が小倉加奈子に応じれば、松岡正剛が深谷もと佳に応える。田中晶子が速報を届ければ林朝恵が騒ぎ、梅澤奈央がニュースにする。遊刊エディストと千夜千冊をめぐる事件にざわざわが止まらない。吉村 […]

  • 私と世界がつながる方法 36[花]入伝式 10shot

    森村泰昌はM式として青木繁となった。そこには「まねび」という姿勢が貫かれている。花伝所においても同じである。「まねび」とは昔から日本にあった学習方法でもあり、花伝所が掲げる大旗でもある。 先週末、36[花]入伝式が行われ […]

  • ISISをダンゼン・ダントツにするiGenセブン

    『情報の歴史21』で追加された1996年。当時の若者の未知は海外にあり、『深夜特急』とパスポートを手にバックパックで個人旅行に出ることが自分の世界を広げる方法だった。現在パスポートはスマホに代わり […]