43[破] 先達文庫 第73回感門之盟

03/14(土)15:10
img

第73回感門之盟で43[破]の師範代に「先達文庫」が授与された。破師範代は、校長が自ら選んだ本を二冊授与される。原田淳子学匠から労いの言葉とともに手渡された。

 

◆辻井貴之師範代(転界ホログラム教室)

 『カッコウはコンピュータに卵を産む』上下 

 (クリフォード・ストール/草思社文庫)

 

◆米田奈穂師範代(綾釣水鏡教室)

 『絶滅寸前 季語辞典』

 『絶滅危急 季語辞典』(夏井いつき/ちくま文庫)

 

◆内海太陽師範代(合氣プロセス教室)

 『天空の舟』上下(宮城谷昌光/文春文庫)

 

◆阿曽祐子師範代(どろんこ天鵞絨教室)

 『名短編、ここにあり』

 『名短編、さらにあり』(北村薫・宮部みゆき:編/ちくま文庫)

 

◆網口渓太師範代(初音イズタロー教室)

 『天体嗜好症』

 『少年愛の美学』(稲垣足穂/河出文庫)

 

◆小林奈緒師範代(ホーム・ミーム教室)

 『春になったら苺を摘みに』

 『不思議な羅針盤』(梨木香歩/新潮文庫)

 

◆嶋本昌子師範代(羅甸お侠教室)

 『ラテンアメリカ怪談集』

 『幻獣辞典』(J・L・ボルヘス/河出文庫)

 

◆阿久津健師範代(タクラミ草紙教室)

 『トラウマ文学館』

 『絶望図書館』(頭木弘樹:編/ちくま文庫)

 

◆福田容子師範代(比叡おろし教室)

 『創造的進化』

 『笑い』(アンリ・ベルクソン/ちくま学芸文庫)

 


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部六人組の顔ぶれ。

  • イシスDO-SAY 2020年9月

    イシス編集学校で予定されている活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。   6月に創立20周年を迎えたイシス編集学校は、9月20日・2 […]

  • 多読ほんほん2014 冊師◎宮野悦夫

    2014年は暑い夏だった。集団的自衛権の行使が容認され日本中が騒然とするなか、8月、広島市北部では豪雨による土砂災害が発生。山稜がパックリ割れて、家々を木っ端微塵になぎ倒した。9月には御嶽山が噴火。戦後最悪の火山災害は […]

  • ISIS 20周年師範代リレー[第8期 鈴木元一朗 編集の型でトップをとったレジェンド]

    2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月1日に20周年を迎えた。現在開講中の第45期の師範代まで、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。

  • 多読ほんほん2011 冊師◎景山卓也

    2011年といえば「3.11」。地震、津波、原発という問題・関心が一挙に日本中に広がりました。震災直後に更新されました1405夜 『新版 活動期に入った地震列島』には、3月11日の翌日に24[破]の伝習座が開催され、こ […]

  • 【イシス祭@鎌倉横浜】浜っ子は夢を担ぐよ、washoiは世界の言葉じゃん!

    1946年、大戦直後の鎌倉に自由大学「鎌倉アカデミア」が創設されました。わずか4年半で閉校してしまいましたが、教える者と教わる者とが高揚し発奮し、風流な過差をもって時代を切り拓き、演劇、映画、文学の分野で一世風靡する才能 […]