松岡正剛、初詣と3つのヒント 10shot

2021/01/10(日)14:05 img
img

 2021年の10shotは初詣からはじめます。

 「あけましておめでとうございます」1月5日 11:00AM 寒空の下、新年の挨拶を交わす。一行が向かうのは吉田松陰が眠る松陰神社。

 

豪徳寺から世田谷線に乗り、山下駅から4駅目の松陰神社前駅で下車。懐かしい風情のある商店街を抜けて徒歩5分。三が日も過ぎ、コロナの状況も合間って参拝客は落ち着いている。

 

参拝後は境内散策へ。境内にある松下村塾(模造)にはこのような言葉が掲げられている。

「万巻の書を読むに非ざるよりは、寧んぞ千秋の人たるを得ん。」(多くの書物を読まずに、どうして将来語り継がれるような人になり得るだろうか)

立ち止まる各々、しっとりと言葉を読み込む。

 

 

小一時間ほどで初詣を終え、街歩きをしながら豪徳寺へ。[破]では「5つのカメラ」という文体編集術の稽古があるが、松岡校長のカメラは常時オンである。

「かわいらしい街だね」好奇心は尽きることなく、《注意のカーソル》が捉えたものに接近することを躊躇うことがない。本も街もいっしょ。マーキングしながら読む。

 

 

1:00PM ゴートクジISIS館に戻りスタッフ一同、一冊の本を介して新年に向けての思いを語り合う。

 

『ロビンソン・クルーソー』ダニエル・デフォー(中公文庫)

吉村堅樹林頭

ロビンソン・クルーソーは、お父さんにちゃんと真面目に働きなさいと言われていたにもかかわらず、船乗りになって冒険に行ってしまう。好奇心の奴隷のようで自分自身とも重なるところがある。差し当たったところで編集をしていたロビンソン。今年の上半期はメディエーションを大きな地にしながら差し掛かったところで編集を加速させていきたい。

関連千夜:1173夜『モル・フランダース』ダニエル・デフォー

 

『存在の大いなる連鎖』アーサー・O.ラブジョイ(ちくま学芸文庫)

安藤昭子専務

千夜千冊の中に「漠然としたものは影響力を持たないと思われている。それは間違いである。漠然としたものこそが思考を加速させる」と書いてある。世の中全体にある”わかりやすさ病”にどう対峙するか。自分で何かを持たないとダメだなと思って読み始めた。観念やイメージこそがいろいろなものに先行しているとラブジョイは言っている。問題意識を持って読むと本当に面白い。

関連千夜:637夜『存在の大いなる連鎖』アーサー・O・ラブジョイ

 

『ディスタンクシオンI・II』ピエール・ブルデュー(藤原書店)

太田香保総匠

ハビトゥスとは階級によって規定されてしまった好み。フランスでは階級や構造によってえぐられているからこそ、そこから越境しないと自分のハビトゥスを掴めない。ブルデューは自らのハビトゥスをどう守るか提唱していると思う。しかし、日本ははっきりとした階級意識がなく、同質性がすぐ繋がってしまう中では自分の好みが何の規制によって、えぐられ、形作られ、自分はどこを越境すれば自分のハビトゥスを掴めるのかわかりづらいのではないか。

関連千夜:1115夜『資本主義のハビトゥス』ピエール・ブルデュー

 

 

 「セイゴオ知文術」さながら自分と著者と本を繋いで語り、それぞれの抱負や関心を分かち合う。全員の発表を受け、最後に「仕事やプロジェクトの作り方、発想、企画力、ポイエーシス全てに関わること」として松岡校長から3つのヒントが手渡された。

 

 

【1】組み合わせる

組み合わせるとは、

A)自分が知っている組み合わせを総動員すること

B)誰かが別の組み合わせをしているかもしれないと思うこと

C)誰もまだしていない組み合わせに挑むこと

組み合わせは連想でもある。組み合わせることで次の連想を産まないとダメ。自分が集めたものだけにこだわらない。

 

【2】毒にも薬にもする

毒と薬は同じもので作れる。ある言葉を毒にしたり、薬にできる別れ道に差し掛かってみる。言葉というのが毒や薬になるのはどういうものなのか、ずっと作ってきたことが編集の一助となった。毒づくのは簡単、本当に薬になるものを作る。

 

【3】ゲームにする

ゲームには始まりがあって、終わりがある。これを明確に自分の中にセットし、プロジェクトにする。始まりと終わりをもっと強くすれば中はうんと光る。

 

 スタッフ一同ペンを走らせ、言葉を書き留めながら、新しい一年に向けて気持ちを作っていく。持ち寄った本と3つのヒントとともに2021年というゲームがスタートした。

 

松陰神社にて(写真:小森康仁)


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • 松岡校長が学匠に託したいもの 47[守]46[破]伝習座 20shot

    ▼同時進行する守破パラレルワールド 時同じくして開始した47[守]、46[破]伝習座。[守]が集う1階本楼では生まれたばかりの教室名とともに大海に漕ぎ出そうとする師範代に向けて「これでもか!」と指導陣が背中を押す。インプ […]

  • 1000記事間近! 切り番ゲッターは誰だ?!

    あれから525日が経ちました。遊刊エディストがオープンしたのは2019年9月3日のこと。この1年5ヶ月、毎日記事を更新しています。公開記事も970を超えて、ついに1000間近となってきました。来るべき1000記事目はど […]

  • 『江戸問答』帯撮影の裏側 10shot

    『日本問答』から三年。松岡正剛校長と田中優子先生の『江戸問答』(岩波新書)がついに刊行された。本は31ページ増え、1ミリ厚くなった。帯は1.7センチ高くなり、帯文字は横書きから縦書きになった。松岡校長は腕組みの時に左腕 […]

  • 史上初 松岡火元校長オンライン講評会14[離] 10shot

    [離]史上初。第4週のあるお題に対して、松岡火元校長が離学衆一人一人にオンラインで直接講評するという。これは千離衆であれば「そんな贅沢なことを!」と指を咥えて羨ましがる大事件である。門外不出の[離]カリキュラムの一部の […]

  • 三日間の物語 10shot Clip 13[物語]蒐譚場・45[破]46[守]伝習座

    物語というのは、ある生理的な人間の生き方、暮らし方の中でどうしても最低必要な函、パッケージ、フレームだろうと僕は確信しています。認知科学的にも、文化史的にも、様々な表象の歴史にとっても物語ほど重要なフレームはない。   […]