編集用語辞典 04 [アリスとテレス大賞]

2021/02/06(土)18:16
img

 落ち葉に覆われた雑木林を抜けると、冬の青空の下に巨大な磐座と、躙り口のような小さなエントランスが見える。隈研吾のデザインした角川武蔵野ミュージアムは、東所沢駅から歩いて10分程のところにある。館長である松岡正剛校長が「有角建築」と名づけたこの石の館の4階が、本の街エディットタウンだ。回廊の両側を埋め尽くす書籍は、違い棚を止まり木にして連想の翼を広げ、記憶と想起の時空をほどいて自在に行き交う。古代、世界最大の知の殿堂を誇った図書都市ムセイオンは、アリストテレスの創設したリュケイオン学園を倣ってつくられたという。編集工学の祖アリストテレスが生み出したカテゴリーという方法は、この図書街であらゆるジャンルの本を束ね直し、世界を再編集し、新しい文脈と意味を孕ませて、四方の壁にそそり立つ本棚劇場へと解き放つ。

 アリストテレスは、人間の思考がはたらく場面を3つに分類した。テオリア(観察する、認識する)、プラクシス(実践する・行動する)、ポイエーシス(制作する・創作する)である。この三位一体のスコープを、イシス編集学校ではとりわけ大切にしている。【守】【破】の稽古では、学衆の回答と師範代の指南との「問感応答返」のプロセスで、テオリアとプラクシスが繰り返され、深められ、ポイエーシスへと向かう。その集大成が、【破】のセイゴオ知文術と物語編集術のアワード、アリスとテレス大賞だ。セイゴオ知文術では、学衆は本の著者と混ざり合い、エディティングモデルを交換して新しい自分に出会い、創文を生みだす。物語編集術では、マザー(母型)を使って映画を翻案し、新たな物語を編む。イシスの国のアリスとなった学衆は、よく動く長い耳をそば立てた師範代に誘われ、本や映画と「わたし」のあいだに開いた世界の裂け目へ飛び込み、つもりがほんとうになる別様の可能性をノンリニアに彷徨う。

 方法の目利きの同朋衆(選評委員)は、文章のモードに優れた「アリス賞」、知の情報とコードを豊かに含んだ「テレス賞」、両方を兼ね備えた「アリスとテレス賞」の三部門で受賞作品を選ぶ。理解と察知のアルゴリズムがかわるがわるに訪れるヒューリスティックなアリスとテレスの冒険の果てには、目の眩むような世界読書という劇場が広がっている。

 

千夜千冊第291夜『形而上学』アリストテレス

https://1000ya.isis.ne.jp/0291.html

 

千夜千冊第1598夜『不思議の国のアリス 鏡の国のアリス』

https://1000ya.isis.ne.jp/1598.html


  • 丸洋子

    編集的先達:ゲオルク・ジンメル。鳥たちの水浴びの音で目覚める。午後にはお庭で英国紅茶と手焼きのクッキー。その品の良さから、誰もが丸さんの子どもになりたいという憧れの存在。主婦のかたわら、翻訳も手がける。

  • 編集用語辞典 03 [先達文庫]

    明け方、朝顔の蕾が開く。極薄の花弁の深い青は、日の光を浴びて夕暮れの空のうつろいのように徐々に紫がかった色へと変化していく。京橋で古美術を商う高校時代の友人から初夏に届いた朝顔のたねは、白洲正子から川瀬敏郎を経て、坂村 […]

  • 多読ほんほん2013 冊師◎丸洋子

    今夏開幕を予定していたオリンピックの東京開催決定に沸いたのが、2013年でした。客なる神を迎える「おもてなし」をキーワードに日本文化を語ったスピーチが話題となりましたが、この年、私は原田淳子師範代(当時)のカステラシア […]

  • 編集用語辞典 02 [同朋衆]

    6月。田んぼの水がてらてらと光る。棚田の一つひとつに映り込む月を表す「田毎の月」は、うつろいとおもかげを宿す言葉だ。松岡校長の近著『日本文化の核心』では、田の神と共にあった稲作のプロセスを巡る生活文化に、日本のおおもと […]

  • 編集用語辞典 01 [編集稽古]

    雨が降りしきるなか、京都の伝統行事、五山送り火のライブで松岡正剛校長と共演したのが、樹木希林だった。彼女の遺作となった『日日是好日』では、黒木華の演じる女子学生が、お茶の先生役の樹木希林のもとに通う。「音をたてて飲むの […]

  • 「殺傷ではありませんよ」 大音美弥子の新ロール

    「動機は婚活でもいいんですよ」 13離の感門之盟の壇上で、大音美弥子師範のハスキーボイスが、歌うように「多読ジム」を語る。いよいよ来春1月13日にスタートする「読筋」を鍛える多読ジム。一般的な読書の概念を大きく覆す独特の […]