編集部selection:今月の推しキジ、発表! [2022年5月]

2022/05/16(月)18:00
img

毎月公開されるEdist記事は30本以上! Edist 編集部メンバーひとりひとりが厳選した、見逃せない今月の推しキジを発表です!

遊刊エディストをさらに楽しむ「エディスト・セレクション」20225月号、お楽しみください。

 

遊刊エディスト編集部 吉村堅樹 林頭, 金宗代 代将, 川野貴志 師範, 後藤由加里 師範, 上杉公志 師範代, 梅澤奈央 師範、松原朋子 師範代

 

 

    • 1  川野’s 推しキジ! 
    •      ─ 流麗な文章表現でPick!

 

⦿【参丞EEL便】広島の未来をつなぐ10の問いとは?

を推します。

今月から編集工学研究所の橋本参丞が、編工研の「今」を伝える連載を始めてくれました。
ISIS編集学校の後ろにある「編集工学研究所」って、編集学校で学んでいる人から見ると「なんか凄いことしてそうだけど、具体的に何をしているのかはよくわからない」という感じだったと思うんですよね。
今回始まった連載は、その編工研の動きの消息を具体的に伝えてくれる貴重なお便りなんですが、まさにこれって、[破]でやるプランニング編集術が駆使されている非常に具体的な事例の連打なんです。
この記事は、広島という具体的な都市と結びついたプロジェクトの紹介で、「よもがせわほり」の動向も感じられるものになっていると思います。どんな風に日本が編集され、編集が日本されているのか、ぜひ連載を追って肌で感じていただきたいです。── 川野 貴志

マツコ
マツコ
数年続けている遊刊エディストから、続々と新連載が生まれ続けているって、実はすごいことだなと思ってます。人の厚みもそう、プロジェクトの深みもそう。知の広がりもそう。この橋本参丞の連載から、編集工学研究所の活動がもっと知れるのもうれしいですね!毎週おねがいしまーす♥

 

マツコ’s plus One!🐶

橋本参丞(サンジョウ)が開発中という「Co-Edit Shelf」とはなんぞや?!

 

【参丞EEL便】想像力にはどれだけのスペースが必要だろうか?「Co-Edit Shelf」開発中

2  副編集長 金’s 推しキジ! 
      ─ DUST ∈Y∋でPick!

 

⦿【三”曲”筋プレス!?】「ヨットロック」プレイクエスト(大沼友紀)

多読ジム・三冊筋プレスの歴史を塗り替えた男がいる。三”曲”筋プレス!? なんじゃそりゃ!?
スタジオネーム「珍ぬ」こと大沼友紀は、多読ジムのエディストラウンジに登場するやいなや「ここはトキワ荘ですか!」と歓喜(?)の雄叫びをあげ、目を凝らし耳を澄ませ、しゅくしゅくと推敲を進めていった。そろそろ締切まであとわずかとなった頃、記事文末の「Info」の作成をお願いした。すると、本文と変わらぬ熱量のソレが飛び出してきた。
ソレは「もはや別記事でもいいくらい」という質と量で、そのことを伝えるとたちまち「三曲筋」と名づけて、三冊筋(【三冊筋プレス】ココロの隠し立ては青いふところ(大沼友紀))のスピンアウト記事を書き上げてしまった! 恐るべきバイタリティとエディターシップ! ニュー・ダスト・プリンス、登場!?

──金 宗代
マツコ
マツコ
ああー「珍ぬ」さん!SNS界隈でよく拝見していたお名前じゃありませんかぁぁぁぁ!!!! 三冊筋ならぬ三曲筋プレスの主でしたかぁ!!!! やっとつながった感、懐かしの人に出会えたようなキュンな爽快感がマツコにわきおこった金副編集長のPickでした。(ほんとに個人的なつぶやきでスミマセンが汗)これからもエディターシップを発揮いただいたDustをお待ちしておりますですm(__)m
  • マエストロ上杉’s 推しキジ! uesugi
          ─ 応援ファンファーレでPick!

 

⦿ごあいさつ【境踏シアター】

「イシスの奥の院」「過剰なカリキュラムに莫大なお題」「世界知と共同知と個別知がめくるめく交差する」「ラディカルな『学び』」など、いずれも並々ならない形容をされてきた[離]世界読書奥義伝。

4月の最終日にエディストでいきなりはじまったのが[離]の火元の一人、田母神顯二郎境踏方師による連載「境踏シアター」です。さらに翌5月からは倉田慎一閃恋五院方師によるプレイリストつきの連載「二千光年の憂鬱」が立て続けにスタートしています。

[離]に関するエディストの連載は、14季(2020年秋〜2021年春)の小倉加奈子析匠による「をぐら離」以来。エディストでもいよいよ本格的に世界読書奥義の一端があかされるのか!? 今後の[離]エディストにご注目ください!──上杉 公志

マツコ
マツコ
[離]を経験した者たちにとって「いきなりはじまります」というフレーズは身が引き締まる合図みたいなものなんですよ。この5月、そうほんとに、いきなりはじまりました よね。エディストは全体ラウンジの他に、[守]、[破]、[花伝]、[多読]、[物語]… というようにコースごとのエディスト・ラウンジがあって、それぞれそのラウンジ内で記事を推敲したりしています。今回、連載開始前に [離]のラウンジが新設されました。ラウンジでの推敲模様をみているだけで[離]の構えを思い出し、うー背筋が凍るゼと思いつつ次の展開が待ちきれないマツコです💦

後藤’s 推しキジ! 

  •      ─ この方法に肖りたい!でPick!

⦿連載企画「フェチ語り/連想三段跳び(仮)」スタートします

ベッヒャー夫妻の『タイポロジー』と「まるごと給水塔教室」のフライヤー。このアイキャッチ画像だけでOK!と思ったものです。この筆者こそ「給水塔」で編集学校に名を馳せた師範代 高橋陽一。

2015年のISISフェスタ 三中信宏「鎖と樹と網を編集する夜学」で団地の給水塔について熱弁を奮い、本楼を沸かしていた参加者のあの方こそ高橋さんでありました。7年の時を経て、エディストであの方の連載が始まろうとしています。

連載前夜となるこの予告編では、ベッヒャーの組写真を徹底的に模倣し、給水塔を撮影していること、またその写真を教室フライヤーにも、汁講のお題にもしてしまうという「給水塔の使い方」が明かされました。

フェチをマルチメディエーションする高橋師範代の《方法給水塔》には、閉塞感を打破するヒントがあるかもしれません。──後藤 由加里

マツコ
マツコ
いよいよ始まりました、高橋陽一師範代による給水塔の連載ですね。記事を書こうかなと思う方には、Edist Night(編集会議)にお越しいただき、プランニングをご一緒にするわけなんですが、高橋師範代は今年の年頭放談にいらっしゃったんですよね♪もうみんなで給水塔をネットで調べながら、へー、ほー、わー。の連続でした。給水塔と編集を掛け合わせた連載記事、まだまだ無尽蔵に書いていただけそうなフェチ具合でしたよね!これからも楽しみにお待ちしております!

 

マツコ’s plus One!🐶

高橋陽一師範代をお招きした新春放談。給水塔ってなによ?という方はまずこちらからどうぞ👇

2022新春放談 其の肆 – 四人四様、新コーナー企画会議 「エディスト、装いも新たに大ブレイクだ!」

 

みなさんのオシは、見つかりましたか?

以上、2022年4月の記事から、エディスト編集部の”推しキジ” を厳選してお届けしました。


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「職人肌のレモンガール」梅澤奈央、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部七人組の顔ぶれ。

  • 7月の季語である雷鳥

    イシスDO-SAY 2022年7月

    松岡正剛が校長をつとめるイシス編集学校で予定されている毎月の活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。   それでは2022年7月の「イ […]

  • 編集部selection:今月の推しキジ、発表! [2022年6月]

    毎月公開されるEdist記事は30本以上! Edist 編集部メンバーひとりひとりが厳選した、見逃せない ”今月の推しキジ” を発表です! 今月は3人のゲストメンバーが推しキジを選定してくださいました。遊刊エディストをさ […]

  • 6月の季語のコマドリ

    イシスDO-SAY 2022年6月

    イシス編集学校で予定されている活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。   5月には松岡正剛校長の千夜千冊が執筆総数1800夜を迎える […]

  • イシスDO-SAY 2022年5月

    イシス編集学校で予定されている活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。   編集学校の入門コース[守]が4月に開講となりました。が、ま […]

  • 編集部selection:今月の推しキジ、発表! [2022年4月]

    毎月公開されるEdist記事は30本以上! Edist 編集部メンバーひとりひとりが厳選した、見逃せない ”今月の推しキジ” を発表です!   今月はイシス編集学校 48[守]を卒門したばかりの山内貴暉さん(はいから官界 […]