あのネコ妖怪の「コマネチ」に略図的原型?

12/26(木)10:43
img

「子どもにこそ編集を!」
イシス編集学校の宿願をともにする編集かあさん(たまにとうさん)たちが、
「編集×子ども」「編集×子育て」を我が子を間近にした視点から語る。
子ども編集ワークの蔵出しから、子育てお悩みQ&Aまで。
子供たちの遊びを、海よりも広い心で受け止める方法の奮闘記。


 

小1の息子が「コマネチ!」と言い放った。聞けば、妖怪ウォッチのジバニャンがやっているという。息子はビートたけしの往年のギャグを知らない。オリジナルの「コマネチ」を知らないまま、ネコ妖怪をまねている。これは編集かあさんとして見過ごせない。子どもと編集の逢着を感じたからだ。

 

誕生した背景を語らずとも「コマネチ」が子ども心を掴んだのは、あの動作と台詞に「型」があるからにほかならない。
解体してみると、まず最初にたけしが器械体操のコマネチ選手を股のレオタードの線だけで表現した「略図的原型」がある。換言すれば、レオタードの境界線に「コマネチらしさ」を集約させるという「らしさ」の型となっている。セクシャルな関心が喚起されるところにその集約のポイントを持ってくる大胆な要約編集だ。「赤信号みんなで渡れば怖くない」というギャグもあった。みんながやっていたら、悪事もやってしまいそうという「日本人らしさ」の要約だ。ひた隠しにされている大衆心理を笑いに変える(=編集する)のはたけしの真骨頂だ。

 

そうした大胆な要約編集の上に、大げさな動作と「コマネチ!」の絶叫が重ねられ、編集の方向性は「精緻なものまね」から「強烈なデフォルメを施されたギャグ」へとシフトした。レオタード姿のコマネチ選手は「たけしがやってるアレ」になった。1980年代の子どもたちがまねしたのは、この「型」なのだ。

 

時代が下り、現在、ネコ妖怪が演じることで意味はさらに転じる。もはや「コマネチ」という言葉はほとんどオノマトペ(擬音語)に近い感覚で発声されている。
「なんだか面白そう」と感じるのに意味はいらない。意味の前に「型」を受けとるからだ。

 

「型」が子どもを動かすスピードはすごい。「わかる」とか「わからない」とか、いちいち言わせない力を持っている。それだけに、感情が後から追いつくこともあるようだ。息子が「面白いけど、恥ずかしいから教室ではやらない」と呟いたのは、ひとしきり「コマネチ!」を嗜んでからのことだった。

 


  • 吉野陽子

    編集的先達:今井むつみ。編集学校4期入門以来、ORIBE編集学校や奈良プロジェクトなど、18年イシスに携わりつづける。野嶋師範とならぶ編集的図解の女王。子ども俳句にいまは夢中。

  • 編集かあさん相談室◎姪っ子が漫画ばかり読みます

    「子どもにこそ編集を!」 イシス編集学校の宿願をともにする編集かあさん(たまにとうさん)たちが、 「編集×子ども」「編集×子育て」を我が子を間近にした視点から語る。 子ども編集ワークの蔵出しから、子育てお悩みQ&Aまで。 […]

  • 言葉の育ちを読み取る「しつもんづくり」

    「子どもにこそ編集を!」 イシス編集学校の宿願をともにする編集かあさん(たまにとうさん)たちが、 「編集×子ども」「編集×子育て」を我が子を間近にした視点から語る。 子ども編集ワークの蔵出しから、子育てお悩みQ&Aまで。 […]

  • 2004年オリベ、切らずにつなぐまでの3日間

    男性は生涯学習センターの受講生で日本文化に一家言持っていた。「私の回答に文句をつけるとは! 再回答は拒否する」と抗議し、師範代と教室を凍りつかせた。    オリベ編集学校であった事件のひとコマだ。2003年~ […]

  • 校長の書斎で見たもの

    女性が2~3歩机に近寄った瞬間、「あっ、ダメよ」と鋭い声が飛んだ。  三階の入口にある松岡校長の書斎を木村学匠(当時)が案内していた。師範代と学衆が身を乗りだして部屋を見回しはじめたので、「触らないように」と注意された […]

  • アリストテレス賞選評会 42[破]

    アリストテレス賞選評会は、師範のプレゼンの場でもある。師範は選評委員であるが、担当教室のエントリー作品を解説するロールも担う。42[破]知文術ではエントリー率93.9%、62作品が寄せられた。  2019年5月18日( […]