vol.12美しい肺がん(乳頭腺癌)

2019/12/29(日)16:12
img


  • 小倉加奈子

    編集的先達:ナシーム・ニコラス・タレブ。病理医で、妻で、二児の母で、同居する親からみると娘、そして師範であり火元組。仕事も生活もイシスもすべて重ねて超加速する編集アスリート。『おしゃべりな図鑑』シリーズの執筆から経産省STEAMライブラリー教材「おしゃべり病理医のMEdit Labo」開発へ。おしゃべり病理医の編集的冒険に注目!

  • おしゃべり病理医 編集ノート - 読書とプチSDGsのゴールデンウィーク

    ■“読み偏重”の日々    東京は、中途半端な緊急事態宣言下にあるが、私は、とっても軽やかで良い気分である。新緑の美しい季節で自転車通勤が爽快だから?それもあるかもしれないが、いくつか理由がある。   […]

  • をぐら離 文巻第12週 ─「伝統と革新のあいだ」

    ■知ることは生きること    4月12日正午、14離が閉院しました。そして昨日は離の卒業論文に当たる「離論」の締め切りでした。離学衆は、晴れて退院認定されると「千離衆」となります。ここまでの稽古ぶりと離論の内容 […]

  • をぐら離 文巻第10-11週 ─「日本と宇宙と素粒子と」

    守・破・花・遊そして多読ジムの感門之盟でイシスが華やぐ中、14季[離]は、第10週「見方のサイエンス」から第11週「日本という方法」へ。一見遠いこのふたつのテーマは、実はとても近しい。今回の実験は、千離衆の米山拓矢さん […]

  • おしゃべり病理医 編集ノート - これからはM1よりP1

    ■アワセ・カサネ・キソイ!    久しぶりのおしゃべり病理医である。なんとなく照れくさいのは私だけだろう。勝手に照れくさくなったり、うきうきしたりする一方、いきなりやさぐれたりすることは私に限らず、きっとみなさ […]

  • をぐら離 文巻第9週 ─「合わせ読み千夜千冊」

    世界読書奥義伝 第14季[離]は、いよいよ全面改訂された第9週へ。まるごと千夜千冊エディションです。  今回の「をぐら離」は、20冊のエディションからそれぞれ独断と偏見で、キーブックを選び、その中からセンテンスを抜き出 […]