ムネモシュネの恩寵 OTASIS 

11/24(日)12:53
img

 『記憶術全史‐ムネモシュネの饗宴』(講談社選書メチエ)という本を数カ月ほど前からずっとデスクに置いてある。著者は西洋美術史やルネサンス思想史を専門とする若手研究者の桑木野幸司氏、昨年(2018年)末に出た比較的あたらしい本である。 

 

 本書を初めて書店で見かけたとき、瞬間的に「放ってはおけない」と感じた。誰もが膨大な記憶容量の電子機器手元に置けるようになったこの21世紀「記憶術」に対して切実な関心をいまどき寄せる人がいるとすれば、「世界記憶力選手権」に挑むような記憶のアスリート、もしくはイシス編集学校の「離」の受講生か指導陣くらいだろう。私こそが読者になるべ本だ! などという妄想に突き動かされてすばやく手に取り、買い物カゴに入れた。あっというまに読み終えたが、ちょうどそのころ第13季「離」が開講したこともあって、その後もずっと参考書として手元におき、機会があれば声文会などの場で千離衆に紹介してきた。 

 

 「記憶術」は、記録メディアとしてもっともプリミティブな紙の調達すらまだまだ困難な古代ギリシア時代、長広舌の弁論を完全暗記するための術として生まれた。建築物のように構造的 “loch(ロキ)”=「場」を設定し、そこに豊かなイメージを賦活しながら言葉や情報をひとつずつ配置し、長編のシナリオや論述を丸ごと暗記するというものである。 

 

 松岡正剛は、この「記憶術」をたいへん重視してきた。「記憶術」がたんなる暗記術ではなく想起術にもなっていること、そのために「場」を重視し、そこにイメージ連想に富んだ情報の結び目をつくっていくこと、それがレトリックの発生や編集の「型」の発生とも連動していたことなどは、「編集工学」や「編集術」の直接的なヒントにもなってきたようだ。 

 イシス編集学校で、入門の段階から「注意のカーソル」を動かすことを徹底指導するのも、記憶と想起のための脳内の「場」を明確に意識させるという意図があるためなのだろう。「離」ではもう少し踏み込んで、イメージ結合=アルス・コンビナトリアとともに「記憶術」を学んでもらうことになっている 

 

 「記憶術」の意義や歴史を学ぶための参考書といえば、何といってもフランセス・イエイツの『記憶術』やパオロ・ロッシの『普遍の鍵』、さらに千夜千冊で採り上げられたメアリー・カラザースの『記憶術と書物』などがあるが、いずれも古本でしか手に入らずしかも大部で高価、なかなか気軽に読めるものではなかった。そんななか、『記憶術全史』はソフトカバーで値段も手ごろ、しかも日本人著者の手によるものなのですんなり読みやすい。 

 

 著者の桑木野氏は本書の方針について、イエイツやロッシが重視したいわゆる神秘主義的・オカルト的記憶術にはあえて深入りせず、ルネッサンス時代に復活して大流行を見た「世俗的記憶術」に焦点をあてたとしている 

 ルネッサンス時代は、印刷術や製紙技術の発達によって、それまでに比べればうんと大量の知識情報に容易に接することができるようになった。それならもはや大量情報を脳内に詰め込む「記憶術」なんか顧みられなくなりそうなのだが、じつはそうではなかった。むしろ、情報洪水に呑み込まれることなく、思考力や発見力を養い自発的に知的生産をしていくため必須のポータブルスキルとして、「記憶術」が再び脚光を浴びたのだ。 

 桑木野氏は、この復興された「記憶術」をルネッサンス時代のビジネススキルに見立てることで、情報洪水に頭の上まで浸りきっているわれわれ現代人に、知的に愉快なヒントを与えようとしてくれているようだ。 

 

 本書のサブタイトルにあるムネモシュネは、ギリシア神話に登場する記憶の女神であり、学芸をつかさどるミューズたちの母とも呼ばれた。バーバラ・ウォーカー『神話・伝承辞典』には「まだ文字のなかった時代に暗記で学んだ聖なる物語を語るとき、誤りを犯さないように助けを求めて、ムネモシュネの名を呼んだ」とある。 

 記憶がなければ、物語も歴史も知識も継承されず、学問も芸術も生まれなかった。編集だって生まれなかった。しからば、ムネモシュネは、隠れた編集の母、世界読書の母でもあろう。なかなか意のままにならない編集を成就させるためにも、ときどきは、ムネモシュネのご加護と恩寵を祈ってみたほうがいいのかもしれない。 

 

 

追記:先だって、古巣の私立大学図書館の司書の皆さんに対して、「記憶と想起」をテーマにしたワークショップをやらせていただいた折り、「記憶術」のおもしろさについてもちょっぴり混ぜてみた。11月9日に開催された感門之盟 第13季「離」退院式では、松岡が「記憶と想起」をテーマにビジュアル資料を駆使した校長校話を披露した。記憶の鍵穴をつぎつぎとひらきながら連綿とアナロジーをつないでいく、「記憶術ライブ」のようだった。 

 


  • 太田香保

    編集的先達:レナード・バーンスタイン。慶応大学司書からいまや松岡正剛のビブリオテカールに。事務所にピアノを持ちこみ、楽譜を通してのインタースコア実践にいとまがない。離学衆全てが直立不動になる絶対的な総匠。

  • 門外漢のJAZZY談義 OTASIS-番外編

    ■前口上  神無月某日、山下洋輔によるオールベートーヴェンプログラムのコンサートが東京芸術劇場で開催された。あとさき顧みずにチケットを確保し、仕事を放り出してでも駆けつけようと画策していたが、直前になって茨城の実家から緊 […]

  • たかが点、されど点。 OTASIS-22

    ■えもいわれぬ点々   S:「千夜千冊12の秘密」では、Web千夜になくて「千夜千冊エディション」にあるものとして、「強調点=圏点」をずいぶんクローズアップしてたね。ぼくの「打点」の何がそんなに気になるの?  […]

  • 「運命」の音を聴く(下) OTASIS-20

    ■音楽の先生はヘレン好き?    『ハワーズ・エンド』が「運命」の聴き方によって絶妙に人物を類型化しているということを知らせてくれたのは、阪井恵さんという音楽教育の先生である。阪井先生とは、尺八演奏家の中村明一 […]

  • 「運命」の音を聴く(上) OTASIS-19

    ■『ハワーズ・エンド』への二つの道    コロナと残暑をやりすごしながら、フォースターの『ハワーズ・エンド』を耽読した。この本を選んだのは、私にとってつねに気がかりな編集道と音楽道(鍵盤道)の二つの道が、たまた […]

  • ピアノを弾くサル OTASIS

    ■退屈だから意義がある    この2年ほど、毎日のピアノの稽古のはじめに、必ずスケール(音階)の練習をやるようにしている。ピアノ生徒の誰もがその重要性を耳タコになるほど言われつづけながら、誰もがやりたがらない、 […]