起承転結に絶句する OTASIS

09/22(日)23:40
img

 文章を組み立てるための基本の型といえば、イシス編集学校では「いじりみよ」。でも世の中では、文章の型といえばまだまだ「起承転結」が圧倒的に優勢だろう。日本人でこの四字熟語を知らない人はほとんどいないはずだと思う。学校で「起承転結」に沿って作文するように指導を受けたという人もかなり多いようだ(注:私の身辺調べ)。

 

 私自身は長らく「起承転結」が苦手だった。「起・承」を受けていよいよ「結」にいく手前で、なぜそれまでの流れやモードや気分を変えてまでして、わざわざ「転」しなければならないのか、いまひとつ納得できなかったのだ。納得できるほどの説明にも出会えていないし、無理に「転」をしようとして妙にあざとい文章をひねりだしてしまった経験も数多い。

 

 そもそも「起承転結」は漢詩の五言絶句とか七言絶句というような四行からなる絶句を効果的に構成するための型だった。それがいつしか、小説や戯曲などを構成する基本の「型」として援用されるようになり、一般的な文章や子どもの作文にも有効な「型」として推奨されていった。つまり「起承転結」は、はじめから文章用の「型」として生み出されたものではなく、たまたま使い勝手がよかったか何かの理由で、本来の用途からいささかはずれて文章にも使おうとする人が増えていったというものらしいのだ。

 

 本家本元の漢詩やそれに匹敵するような短詩はもちろんのこと、4コマ漫画とか星新一のショートショートのように、「起承転結」が有効にはたらくタイプの文章や編集や文芸があるということは、充分わかるしおおいに納得もできる。でも「起承転結」はどんな作文にも使える万能薬のようなものではないし、「起承転結」ばかりが文章構成のデファクトスタンダードというわけでもないだろう。

 

 では他にどんな文章の型があるのか。私が作文問題で悩んだときに必ず頼りにしてきた『高校生のための文章読本』(ちくま学芸文庫)には、文章の段落構成には「古来さまざまな形があるから、それらも参考にしよう」とあって、起承転結以外にも、論説で推奨される「序論・本論・結論」の3段階構成を挙げ、さらに日本の舞楽や能における「序破急」、西洋音楽でいう「A→A’→B→A’」のリード形式、「導入部→提示部→展開部→再現部→終結部」のソナタ形式までをあげている。さすがに“文章読本界の良心”との誉れ高い『高校生のための文章読本』、すばらしい目配りだ。

 

 でもその一方、本書にして文章構成のための「型」のヒントに、日本の芸能や西洋音楽の形式を挙げなければならなかったというゆゆしき事態にも驚かざるを得ない。それほどまでに、文章構成のために有効な「型」には、たいしたものがないということではないのか(それにくらべて西洋音楽の、とくにソナタ形式のなんと精妙なこと!)。これでは、世に伝わる文章構成のための「型」があまりにも乏しく貧相なせいで、四段階もの構造があってかつレトリカルな小技を効かせやすく、漢字文化圏としての沽券も守れそうな「起承転結」ばかりが、やたらに文章指導の世界でもてはやされてきてしまったのかもしれないと、邪推したくもなるではないか。

 

 いずれにしても、松岡正剛のもとで、文章を書くことはひたすらイメージと言葉を「連結」していくことだと叩き込まれ、いまなお「連結」に四苦八苦している私には、「転結」に趣向を凝らすような余裕はまだ持てそうにない。それに、この文章連結力をモノにしていくためにも、まずマスターするべきは松岡正剛考案の「いじりみよ」なのである。

 

 ……じつはこの「いじりみよ」こそは、文章構成の「型」のデファクトスダンダードになるべきだと、私は声を大にして言いたいのだが、当分は編集学校内でこっそり秘伝されていくことになるのだろう。


  • 太田香保

    編集的先達:レナード・バーンスタイン。慶応大学司書からいまや松岡正剛のビブリオテカールに。事務所にピアノを持ちこみ、楽譜を通してのインタースコア実践にいとまがない。離学衆全てが直立不動になる絶対的な総匠。

  • となりのヒトラー OTASIS

    2020年のアカデミー賞が発表された。べつにアカデミー賞のお祭り騒ぎに加担したいわけではないが、映画好きとしてはスルーわけにもいかない。とくに作品賞や監督賞の行方は毎年気にしてきたが、今年は『ジョーカー』一強という巷の […]

  • 脱力の共約不可能性 OTASIS

    ゴートクジイシス館では、毎週月曜日の夜、松岡事務所と学林局の有志たちが、今井秀実先生の指導を受けながら呉式太極拳の稽古に励んでいる(ごくまれに、松岡正剛もいっしょに稽古する)。今井先生はもともとは極真空手の先生だったの […]

  • ルートヴィヒに恋して OTASIS 

    「ルートヴィヒに恋して」なる映画が、西日本で局地的に公開され、感動を呼んでいるらしい。「ルートヴィヒ」はほかならぬ「ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン」のこと、数カ月にもわたる猛特訓を経て第九の演奏会に臨む市民合唱 […]

  • ムネモシュネの超克 OTASIS

    私が『記憶術全史』をずっと手元に置き続けてきたのは、じつはいうと「離」のためだけではない。記憶の女神ムネモシュネの薄情ときまぐれを何とか超克したいという、ある悩ましい事情のせいである。この数カ月、ピアノの発表会にむけて […]

  • ムネモシュネの恩寵 OTASIS 

    『記憶術全史‐ムネモシュネの饗宴』(講談社選書メチエ)という本を数カ月ほど前からずっとデスクに置いてある。著者は西洋美術史やルネサンス思想史を専門とする若手研究者の桑木野幸司氏、昨年(2018年)末に出た比較的あたらし […]