編集かあさん家の千夜千冊『大アジア』

05/13(水)10:25
img

 4月30日、近鉄奈良駅前の啓林堂書店はまだ営業していた。
 千夜千冊エディションの最新刊『大アジア』を手早く買い、自転車に乗って帰る。

「今回は口絵写真どうなってるのかな?」と長男(12)。
 まず表紙をじっくり見てみようと言って差し出す。
「大アジア? よく考えると、聞いたことない言葉だ。どういう意味だろう。背景は古い地図?」

 いよいよ口絵を見る。
「全然予想と違う。なにこれ?」。
 私も初見だ。ページに顔を近づける。
「漫画だよね? キャラクターの目つきが怖い。どんな漫画なん? 本文に説明が出てくるのかな?」
 しばらく見つめて思い出す。安彦良和の漫画『虹色のトロツキー』だ。
 430夜、第三章にある。冒頭、「どうやってこの傑作の興奮を案内しようかとおもっている」とある。

口絵。ページ下半分は黒地で、 ”I AM STILL ALIVE”という文字がうねってる

 

 校長プロフィール欄、今回は普通の写真だねと言いながら一ページめくる。
「まさかの、俳句がぜんぶ漢字」
 どう読めばいいか分からない。代わりに俳句下の横書き、「手:町口覚の父君」に目が吸い寄せられた。手のクレジット?
 もう一度口絵に戻って、手に注目する。
「校長の手だと思い込んでた。この人、そんなに特別な人なのかな」
 町口さんの名前は憶えがある。奥付を開き、見せながら、町口覚さんは、この本の造本設計をしている人なんだよと伝える。
「自宅で撮ったのかな? 豪徳寺で撮らなかったんだ。なぜだろう」
 外出自粛だから? それとも、家でぱっと撮ったら、思いがけずいい写真になったのかな。少し疑問を残しつつも、なんだか全部おもしろいという表情に変わってきた。

「そうだ。今回の裏表紙の字は、何だろう?」
 亜。
「アジアの亜。これは、わかる」

 背表紙を見る。L-500-15と番号が振られている。
「15冊目になるんだ。一番気になってるのは、千夜千冊エディションが、何冊まで出るのかってこと」

 

L-500-15


 目次を見て数えると、今回のエディションには23夜が収められている。1740夜を23夜で割るとどうなる? 問いかけると計算機を出してきた。
「だいたい75.6。四捨五入したら76冊ぐらいだけど、まだまだ出るかもしれないよね。校長が生きていて、書き続ける限り、千夜千冊は増えていくから」

 

 

 
 長男が読むのはここまで。
 気になっていたところをチェックしたら、どこかへ遊びに行ってしまった。

 伽耶、大東亜、事大主義。私は赤ペンを手に、目次にマーキングして、前口上から読み始める。

 カナダの教育学者、キエラン・イーガンは、子どもの想像力を触発する15のアプローチの一つが「英雄」とのつながりを感じられるようにすることだと語っている。
 千夜千冊エディションを開くことは、長男にとって「どんなモノ、ヒトからも英雄性を感じ取る」という認知的道具を刺激する機会になっている。

 

千夜千冊エディション『大アジア』(角川ソフィア文庫)


  • 松井 路代

    編集的先達:中島敦。12歳の長男と独自のホームエデュケーション。6歳の娘、夫と奈良在住の主婦。離では典離、物語講座では冠綴賞というイシスの二冠王。野望は子ども編集学校と小説家デビュー。

  • 多読ジム 茶々々な夏の振り返り

    編集かあさんのもうひとつの顔が多読ジムの冊師である。担当するのは「スタジオ茶々々」。シーズン03≪夏≫は、輪読座や感門之盟と重なったこともあり、とりわけ熱かった。  多読ジムでは、ブックツリーをつくる「ブッククエスト」 […]

  • 編集かあさん 名月と満月

    「子どもにこそ編集を!」 イシス編集学校の宿願をともにする編集かあさん(たまにとうさん)たちが、 「編集×子ども」「編集×子育て」を我が子を間近にした視点から語る。 子ども編集ワークの蔵出しから、子育てお悩みQ&Aまで。 […]

  • 編集かあさん家の感門之盟

    これまでの感門之盟は編集かあさんにとって「休日」だった。奈良から東京・豪徳寺まで、特急と新幹線を乗り継いでいくところ。「かあさん」を離れた「わたし」になる長い一日であり、詳しい内容も家族に話したことはなかった。 &nb […]

  • 子どもイシスにあふれたモノ、こぼれたコト【20周年感門之盟】

    「みなさん、おはようございます! ここからは子どもイシスの時間です。大人のみなさんも、お題にどうぞ挑戦してください」  感門之盟2日目朝のプログラム「子どもイシス」のナビを務めたのは「編集かあさん」連載中の松井路代[多読 […]

  • 【三冊筋プレス】プルーストを読み通す方法(松井路代)

      アンスリウム  花屋に行くと探してしまう花がある。それはアンスリウム。一見花びらに見える、艶やかで真っ赤なハート形の葉――正式には仏炎苞という――の切り込みの部分から、一本、黄色い尻尾のようなものが突き出し […]