[週刊花目付#002] 花と都の「問・感・応・答・返」

2020/11/03(火)09:56
img
週刊花目付

<<前号

 

2020.10.26(月)

 

 34[花]道場演習開始。

 日付があらたまるや、第1週目の課題が4道場へ配信された。花伝式目5Mは「Model」(型)を捉える演習から始まる。


 空が白む頃、わかくさ道場のホープKJが電光石火の回答を連打した。前ノメリな心意気や良し。速力は美徳だ。ただしそれは個性であって技術ではない。「機」と「間」を測る眼差しを得て、機敏さはとなるだろう。

 

 同日開講した46[守]の動向を番所(*)越しに窺う。花伝所から送り出したばかりの師範代たちの活躍を願う。

 

番所

当期[守][破][花]の学番匠と学林局メンバーが集う運営ラウンジ。講座を横断してリアルタイムに動向を共有し、編集契機を探る。

 

 

2020.10.27(火)

 

 京都で開催中のKYOTOスマートシティEXPO特別企画「知の巨人 国際会議」に松岡校長がパネラーとして登壇。YouTubeでライブ視聴。
 「ニューノーマルの時代」をテーマとする4名のディスカッションは、危機からのチャンスメイクへ向かう矜恃に溢れていた。

 

 冒頭、免疫学の小安重夫氏によるCOVID-19についての概説を受けて、松岡が「免疫システムの未来像」を問うた。
 これに小安が「免疫とは自己と外界とを繋げる仕組みである」と応じた回答が、パネラーたちに問・感・応・答」から大小の「」をスピンオフさせる(*)契機となった。

 

 さらに松岡は「免疫」を経由して、ウイルス禍に端を発する与件を「境界とは何か?」「分類とは何か?」とQをリフレームさせて行く。
 免疫は自己を自己たらしめるシステムなのだが、この「自己(self)」と呼ばれる界をウイルスは越境している。その越境者を「情報」と言い換えるなら、ウイルスからビッグデータまで、性の多様性から歴史の分類まで、全てを総じて議論すべき時代がやって来たとみることができる。
 情報は蓄積すれば越境する。情報の宇宙史、情報の生物史、情報の社会史を、界を跨いで編集可能な状態にして行かなくてならない。

 

 松岡の提言に呼応するように、企業家の孫泰蔵氏は「分業ではなく融業を」とヴィジョンを掲げ、歴史学の磯田道史氏は「21世紀のホモサピエンスはワケルとトケルの鬩ぎ合いのなかにいる」とパースペクティブを展開させる。我々は免疫学的にも、人類学的にも、社会学的にも、「自己」の隘路に迷い込んでいるのだ。

 

 自己を知るには、非自己との関わり合いが不可欠だ。さりとて、自他を分けながら融けることは出来ない。自他の境界をどこに捉え、ワケルとトケルの域値をどう測るのか、編集工学の果たす役割は大きい。

 京の都で交わされた「問感応答返」は、はたして隣接領域を越境し波及して行くだろうか。

 

問感応答返

「問・答」は1組の因果関係によってのみ結ばれるものではない。「問」「答」の間は、折々の「感・応」によって迂回し、そこから多様な「返」がコンティンジェントに湧出する。この一連の編集プロセスは、QからA(正解)へ向かう一本道ではなく、QからE(編集)を興す半開複複環構造と捉えるべきなのである。

 

 

2020.10.29(木)

 

 さて、「問」が編集を起動させるのだとしたら、私たちは何処でどんな風に「問」と出会うのだろうか?

 

 編集学校の稽古は「お題→回答→指南」と三間連結で進捗する。学衆は「問」を与えられ、回答を返す。回答には指南がつけられ、指南の後には幾度かの「再回答⇔指南」が交わされる場合もある。

 

 一方、花伝所の式目演習は「課題演習→式目解説→フィードバック」と進展する。はじめに課題が与えられる点では、これが「お題」と呼べないこともないが、回答に対して指南や指導は届かない。先ず課題をやってみる、そして様々な「わからなさ」に出会って行く、という自学自習の姿勢が求められる。
 つまり、師範代候補生にとって「」は与えられるものではなく、能動的に発見するものなのだ。

 

 昨夜は式目演習が始まって最初の課題提出の締切期限だった。入伝生18名全員が刻限までに回答を届け、花伝師範から各道場へ「式目解説」が配信された。
 さぁ、ここからが花伝所の「問感応答返」の始まりだ。式目解説に即応してフィードバックを返す者もあるが、多くは次の課題の締切に追われている。

 

 師範ボードでは、錬成師範が入伝生の香ばしい「感・応」をスコアリングし始めた。このエディストが公開される頃、入伝生たちへ第1週のスコアが届けられるだろう。

 花の問答は、師範と入伝生が互いに互いの編集可能性を深く遠くノックし合っている。

 

次号>>


  • 深谷もと佳

    編集的先達:最相葉月。自作物語で語り部ライブ、ブラonブラウスの魅せブラ・ブラ。レディー・モトカは破天荒な無頼派にみえて、人情に厚い。趣味は筋トレ。編集工学を体現する世界唯一の美容師。

  • 直木賞受賞作品「夜に星を放つ」書評

    【ISIS BOOK REVIEW】直木賞『夜に星を放つ』書評 〜美容師の場合

    評者: 深谷もと佳 美容師、イシス編集学校 師範代養成コース[花伝所] 花目付     『夜に星を放つ』には髪を切るシーンがある。「星」をモチーフにした短編集を、「髪」を手がかりに美容師が読み解く。 […]

  • 週刊花目付#37

    [週刊花目付#37] アサガオのセツジツ

    <<前号   ■2022.7.05(火)    37[花]のキャンプ場がオープンした。    全員が集うセンターラウンジは「槿境」、ワークを行うグループラウンジは「うた座」「かた […]

  • 週刊花目付#36

    [週刊花目付#36] 平凡な覚醒

    <<前号   ■2022.6.29(水)    20世紀の終わり頃、まだツインタワーが聳えるマンハッタンに、サロン研修で短期滞在したことがある。    私がお世話になったのは、そ […]

  • [週刊花目付#35] 花に至る道

    <<前号   ■2022.6.21(火)    世阿弥に『至花道』なる稽古習道のための伝書がある。老境に差し掛かる手前で著された。かいつまむと以下のようなことが書かれている。   […]

  • [週刊花目付#34]〈エディトリアリティ〉の4象限

    <<前号   ■2022.6.15(水)    編集学校は「不足」を歓迎するけれど、奨励しているワケではない。何であれケチをつける態度は容易いから、自他の不足を発見するだけなら編集力など必 […]