[髪棚の三冊vol.4-1]見知らぬものと出会う■想像できないことを想像する

2020/03/27(金)09:02
img
髪棚の三冊vol.4「見知らぬものと出会う」

デザインは「主・客・場」のインタースコア。エディストな美容師がヘアデザインの現場で雑読乱考する編集問答録。

 

髪棚の三冊vol.4 見知らぬものと出会う

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『見知らぬものと出会う』(木村大治、東京大学出版会)2018年
『機械カニバリズム』(久保明教、講談社選書メチエ)2018年
『〈弱いロボット〉の思考』(岡田美智男、講談社現代新書)2017年
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■想像できないことを想像する

 

 不気味なウイルスが世界を侵食している。しかもこれまでのところ、どうやら彼らの勢力拡大キャンペーンはまずまずの成果を上げているように見える。COVID-19は、厄介なことに人類に対して充分に高い適応力を持っているらしい。彼らはこのまま私たちの社会に定住してしまうのかも知れない。
 
 時系列は前後するが、人工知能研究企業のOpenAIは先頃、AIによる文章生成ツールのリリースの延期を発表した。開発責任者はその理由を「人類を愛することを教えられていない超高知能マシン」がもたらす潜在的脅威に備えるためだと語ったそうだ。マシンの生み出す価値が富の過剰な集中をもたらし、世界のあり様を変えてしまうことを危惧したのだという。

 

 ウイルスもAIも、その出自や知能の有無はさておき、人類に対する脅威の質は似通っている。
 まず第一に、彼らはわれわれを愛することを知らない。心の通じない相手が、必ずしも敵対的であるとは限らないが、互いにわかり合う関係を構築することは容易でない。
 第二に、彼らはわれわれの承知しない方法でわれわれの領土に地位を得ようとしている。しかも彼らは、われわれ自身が承知している以上にわれわれのことを知っているのだ。

 見知らぬもの、なんだかよくわからないもの、いまはまだ現れていないもの、まったくもって想定外のもの、われわれの認知や反応の速度や深度を超えた能力を潜在させるもの。
 もしも彼らが私たちの社会に定住しようとするなら、互いにコミュニケーションをとることは可能だろうか?

 

 

「未知との遭遇」の3パターン

未知との遭遇の3パターン (『見知らぬものと出会う』木村大治/東京大学出版会 より)

 

◆他者と相互に関係しあうときには、上図のような二軸を想定する必要がある。◆横軸は相手に対してポジティブかどうか、即ち敵と味方を区別するメトリックであり、縦軸は、そもそも相手と相互行為しようとする意思があるかないかのアクシスである。◆たとえば、戦争状態にある当事者同士は「互いに敵対している」という枠組み自体は共有している。いわば、敵も味方も同じ穴のムジナなのだ。◆しかし人類にとってウイルスやAIは、互いに意思を疎通し合う関係にあるかどうか甚だ疑わしい。「わからん系」はこの象限にあるだろう。◆わからん系とは相互関係が成立しないので、敵味方について判断することができない。

 

 敵対的攻撃を防御するにせよ、友好的接触を受容するにせよ、相手の出方を想像して先回りすることは不可欠である。想像できないことを想像するための作法について、私たちは大急ぎで準備する必要に迫られている。

 

 

 

[髪棚の三冊vol.4]見知らぬものと出会う
1) 想像できないことを想像する

  • 深谷もと佳

    編集的先達:最相葉月。自作物語で語り部ライブ、ブラonブラウスの魅せブラ・ブラ。レディー・モトカは破天荒な無頼派にみえて、人情に厚い。趣味は筋トレ。編集工学を体現する世界唯一の美容師。

  • 直木賞受賞作品「夜に星を放つ」書評

    【ISIS BOOK REVIEW】直木賞『夜に星を放つ』書評 〜美容師の場合

    評者: 深谷もと佳 美容師、イシス編集学校 師範代養成コース[花伝所] 花目付     『夜に星を放つ』には髪を切るシーンがある。「星」をモチーフにした短編集を、「髪」を手がかりに美容師が読み解く。 […]

  • 週刊花目付#37

    [週刊花目付#37] アサガオのセツジツ

    <<前号   ■2022.7.05(火)    37[花]のキャンプ場がオープンした。    全員が集うセンターラウンジは「槿境」、ワークを行うグループラウンジは「うた座」「かた […]

  • 週刊花目付#36

    [週刊花目付#36] 平凡な覚醒

    <<前号   ■2022.6.29(水)    20世紀の終わり頃、まだツインタワーが聳えるマンハッタンに、サロン研修で短期滞在したことがある。    私がお世話になったのは、そ […]

  • [週刊花目付#35] 花に至る道

    <<前号   ■2022.6.21(火)    世阿弥に『至花道』なる稽古習道のための伝書がある。老境に差し掛かる手前で著された。かいつまむと以下のようなことが書かれている。   […]

  • [週刊花目付#34]〈エディトリアリティ〉の4象限

    <<前号   ■2022.6.15(水)    編集学校は「不足」を歓迎するけれど、奨励しているワケではない。何であれケチをつける態度は容易いから、自他の不足を発見するだけなら編集力など必 […]