おしゃべり病理医 編集ノート - 「多読ジム」で国語の成績は上がるか?

07/08(水)10:34
img

 多読ジムでは、様々なマーキング読書を試す稽古がある。マーキングについては、以前、国語教諭の川野貴志師範から国語問題におけるコツを伺ったことがあった。

 

 中学受験を控えて、兄よりも文章がしっかり読めそうな娘の国語の成績が伸び悩んでいた頃、川野師範に相談してみた。

 

かわ 「国語に限って苦手」は、まじめなタイプの子に意外と多いんですよね。労力を惜しまないから、どの情報が重要で、どの情報が枝葉でスルーしてよいのか、みたいな加減が性格的につけづらいのです。全ての情報にマジレスしてしまう。

 

おぐ ま、まじれす… たしかに彼女、すごくまじめにマーキングしながら文章を読んでいるのですが、よく観察していると線を引きすぎなんです(笑)

 

かわ 線引きまくりは、まさにオールマジレスの証拠です(笑)「ここも大事だったらどうしよう…」という不安が先立って、不要な情報が捨てられないんですね。

 

おぐ 兄の拓海は、おおざっぱすぎて必要な情報を読み飛ばす傾向が…

 

かわ うん、わかります(笑)拓海くんと美南ちゃん、足して二で割りたいですね。

 

おぐ はい(笑)


 その後、川野師範は、娘に国語試験用のマーキングポイントを箇条書きで教えてくださった。川野師範直伝、国語試験用マーキングポイントは以下のごとくである。

 

◆マーキングすべき箇所◆
 
●具体例が展開されているエリアの直前・直後。(逆に具体例は基本マジレス禁止。時間がないときは斜め読み)

●ということは、「たとえば」の直前。(「たとえば」は一般論と具体例の境界の印なので)

●「つまり」「要するに」など、言いかえ系接続詞の直後。

●巷の講義や参考書だと逆接の接続詞の後ろは重要とよく言いますが、逆接は普通に文章書いていれば頻繁に使われるので、全ての逆接にマジレスすると、すぐ線だらけになります。よって、「たしかに」「もちろん」など、譲歩とセットになっている逆接に、マジレス相手は絞るべきです。

 

以上、脱・オールマジレスの第一歩として、ご活用ください(by. 川野)。


 オールマジレスの娘は、川野先生のアドバイスは全部、マジレスする。以前、子ども編集学校のモニター受講をした際、作文のコツとして、書き出しには、読者に問いかける方法が有効ですよ、と教えてもらった。それ以降、彼女は作文を書くたびに「みなさんは、○○を知っていますか」「みなさんは、○○と思ったことはありますか」と、問いかけで始めるようになり、中2になった今は英作文でも、付加疑問文がお気に入りになった。don’t we?、will you?と、文末に疑問符をつけて、問いかけまくっている。彼女のマジレスぶりは今でも健在である。

 

 川野師範直伝マーキング法のおかげで、だいぶ読解に濃淡がついてきて楽に読めるようになっていった彼女であるが、次に彼女を待ち構えていたのは「選択肢問題」だった。特に物語文でその問題が顕在化した。そこでまた、川野師範に相談することになるのだが、それはまた別のエッセイでお話する。

 

 さて、現在、Season03の開講を待つ「多読ジム」では、いったいどんな多読マーキングを教えてくれるのだろうか。

 

 多読ジムのマーキング読書で、国語の試験の成績が上がるかは試したことはないが、多様な読書筋が鍛えられ、読み方が自在になるのはたしかである。ボディービル用語でいうところの「カットの美しい(意味:ひとつひとつの筋肉の筋(すじ)がすべて別々に鍛えられ切れ味抜群に見えること)」読書筋が出来上がる。本の種類、その時の心身のコンディションなどによってマーキングの方法を選択できる。そして、著者との対話が自在になるのである。

 

 多読ジムでは、お互いのマーキングの成果を見せ合う稽古も用意されている。同じダブルページでもこんなにマーキングは異なるのか!と、お仲間の読書の足跡を観察しては、毎回驚いている。気になってきた方(イシス編集学校の[破]のコース修了が条件です~)は、多読ジムへぜひ!お待ちしております。

 

 ほんの少しだけ、マーキング読書法を鍛えるコツを。ひとつは、本をノートだと思うこと。ふたつめはその本のキーワードと対にして、その時気になる言葉、お気に入りの言葉をホットワードとして決めること。その対を手すりに読んでいくと、著者と対話するように読むことができるのである。「読書は交際である」と校長。リモートに疲れたら、著者とランデブーはいかがでしょうか。

 

 おっとっと。これ以上おしゃべりすると大音美弥子冊匠に怒られてしまうのでこのあたりで。冊匠にも、いつかエディストに「読めば、美弥子」のタイトルでご登場いただきたいですね。

 

 川野師範のマーキングは、要約的、かつ論理抽出読み。文章の骨組みを理解し、そこから重要ポイントだけを抜きだすマーキング法のひとつである。国語の成績に悩むみなさん、お試しあれ!

 

多読マーキング読書


  • 小倉加奈子

    編集的先達:ナシーム・ニコラス・タレブ。病理医で、妻で、二児の母で、同居する親からみると娘、そして師範であり火元組。仕事も生活もイシスもすべて重ねて超加速する編集アスリート。『おしゃべりな図鑑』シリーズの執筆から経産省STEAMライブラリー教材「おしゃべり病理医のMEdit Labo」開発へ。おしゃべり病理医の編集的冒険に注目!

  • をぐら離 文巻第0週

    10月13日(火) ◆ 「身体が越境しなくてもここがそのまま、まるでここではないどこかになってしまう可能性が常に頭の中にある」 ──林愛『未知奥トポスめぐり 超え続ける水平線-八戸のシーザー』  病理診断82件、経産省プ […]

  • おしゃべり病理医 編集ノート - 松岡正剛の“思考遅延法”

    ■思考速度を落とす方法    「ページめくるの、ちょっと速すぎるんじゃない?」  杉浦康平さんが松岡校長の様子を見て呟く。それ以上、何も言わない。  この一言から、松岡正剛の編集エクササイズが始まる。本を読むス […]

  • おしゃべり病理医 編集ノート - 寄藤文平さんが語る「部分と全体、そして愛情」

    ■絶対に組織写真    「ホンモノの細胞も組織もそれはそれは美しいんです。かわいいんです。しかも『病理図鑑』なのですから、細胞や組織の顕微鏡写真をたくさん使いたいです」  編集者の山本さんは、困った顔をしながら […]

  • 【三冊筋プレス】理不尽な共生論(小倉加奈子)

    ゲノム解析の結果、ヒトの遺伝子配列の中に想像以上に膨大な内在性レトロウイルスが発見された。ヒト内在性レトロウイルス(HERV)は、約3000万~4000万年前に、霊長類の間で水平感染を起こしていたレトロウイルスだと考え […]

  • おしゃべり病理医 編集ノート - 千夜千冊エディションの秘密

    ■[離]の入院課題と『千夜千冊エディション』    [離]の入院課題に『千夜千冊エディション』を読むことが課されるようになったのは、前13季からである。その前の12季は『フラジャイル』と『18歳から考える国家と […]