編集かあさん家の千夜千冊『心とトラウマ』

03/03(火)10:42
img

 夫が本屋さんに出かけるというので、出たばかりの千夜千冊エディション『心とトラウマ』を買ってきてもらった。

 長男(12)がさっそく「今回の写真どうなってる?」
 口絵ページを一緒に開いてみる。
「今回は校長が鏡に映ってるのか。……え、あれ?」
 なにか違和感を感じたらしい。
「もしかしてそっくりさん?」
 お、見破ったね。物まねっていうよりアートなんだけどねと種明かしする。

『心とトラウマ』口絵


「これって、顔は同じでも他人だったらその人の心はわからないってことを意味してるのかな」
 ふむふむ。この人は森村泰昌さんっていって校長とは長い付き合いの人。
 似せるときには、見た目だけではなく仕草を写すことに相当のエネルギーを使ったらしいよ。ヒゲにも時間がかかったそうけど。
「すごく似てるけど、限界はあるとおもう。シワが少ないよ。校長より10歳以上若いんじゃないかな。だから10年前の校長を真似したらよかったと思う。または10年後に今の校長の真似をするか」
 なるほど。それだと背中合わせに立つことはむずかしくなるな。

「ところで、なんで表紙が椅子なの?」
 キーになる千夜に『椅子がこわい』っていう本があって、たぶんそれからの連想だと思う。
 目次に目を走らせた長男、「心についた傷!」とつぶやいて、私に返す。

 今度、4人で手分けして響読すること、第四章担当になったことを話す。
「千夜千冊を要約って、なんかおもしろい」と笑う。
「だって、そもそも千夜千冊が要約なんだよね。もとの本が砂糖だとしたら、千夜千冊は飴とかザラメ? それから綿菓子を作る感じなのかな」。
 そうそう、このままだとなかなか「食べない」から、4人で4本の綿菓子にするって感じかな。
 我が家の長男、自分なりに喩えることが理解するために必須なのである。

 別人も背中あはひの春ぬるむ(玄月)

 さあ、読むぞ。


 

千夜千冊エディション『心とトラウマ』(角川ソフィア文庫)


  • 松井 路代

    編集的先達:中島敦。12歳の長男と独自のホームエデュケーション。6歳の娘、夫と奈良在住の主婦。離では典離、物語講座では冠綴賞というイシスの二冠王。野望は子ども編集学校と小説家デビュー。

  • 【三冊筋プレス】プルーストを読み通す方法(松井路代)

      アンスリウム  花屋に行くと探してしまう花がある。それはアンスリウム。一見花びらに見える、艶やかで真っ赤なハート形の葉――正式には仏炎苞という――の切り込みの部分から、一本、黄色い尻尾のようなものが突き出し […]

  • 編集かあさん ゾウの名前

    「子どもにこそ編集を!」 イシス編集学校の宿願をともにする編集かあさん(たまにとうさん)たちが、 「編集×子ども」「編集×子育て」を我が子を間近にした視点から語る。 子ども編集ワークの蔵出しから、子育てお悩みQ&Aまで。 […]

  • 【イシス祭@親子向け】編集かあさん&編集とうさん「おやこ五感ワーク」

    「遠出がしにくい、友だちの家にも行きにくい今、どう過ごしたらいい?」という声が聞こえてくる。  編集かあさんも、当初少し戸惑った。けれど、誰かと方法を交換しながら編集の眼で遊べば、家の中だってどんどん広くなるのだという […]

  • 編集かあさん エディット・ツアー

    「子どもにこそ編集を!」 イシス編集学校の宿願をともにする編集かあさん(たまにとうさん)たちが、 「編集×子ども」「編集×子育て」を我が子を間近にした視点から語る。 子ども編集ワークの蔵出しから、子育てお悩みQ&Aまで。 […]

  • 編集かあさん家の千夜千冊『宇宙と素粒子』

    編集かあさん家では、千夜千冊エディションの新刊を大人と子どもで「読前」している。 「万物はスピンする」。  買ってきたばかりの千夜千冊エディション『宇宙と素粒子』を食卓に置くと、長男(12)が帯の文句をつぶやきながら口 […]